見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

イタリアの所謂「アクート」と「Hybrid歌唱法」とはどこが違うのでしょうか・・・と言うご質問を時々頂きます。

答えは・・・・「同じ」です。

ただし、「アクート」と言う歌唱に辿り着くルートが若干違うと・・・・自負しています。

イタリアのマエストロ達が口にする・・・・「マスケラに響かせる(当てる)」、「ジラーレ(回す)」や「声を放り投げる」などのアドバイスは・・・・、いわば彼等自身が天才であったために・・・それだけのアドバイスで「アクート」に達しえただけなのです。

何故このアドバイスでは、ほんの一握りの天才しかアクートを習得できないかと言うと・・・・

お分かりでしょうか?

天才と我々凡人との違いは・・・・勿論、感性の鋭さは言うまでもありませんが・・・

ファルセットの状態で閉じた声帯を更に鳴らすことが出来るや否か!・・・・なのです。

生来、人類には備わっていない感覚です。だから・・・・「マスケラに響かせて!」と言われても、何をどう・・・マスケラに響かせて良いのか分からないのです。

この感覚は、私自身、アクートの歌唱を習得して初めて二次的に感じ得た感覚です。

要するにファルセットで歌っているのににファルセットにはならずに強い響きを伴って「アクート」になってしまう感覚です。

先ず、天才以外の歌手は・・・・

ファルセットの状態で閉じた声帯の鳴らす為の神経組織(シナプス)の形成から始める必要があります。恐らく、声楽を学ぶ男性のほぼ全員がこのルートを通らずに「アクート」にたどり着くのは難しいはずです。何故なら、男性には普通に音階を上がって行けば普遍的に「換声点」が存在するからです。勿論、一握りの天才はその限りではありません。

これが【K-メソッド】です。イタリア式とは全く異なります! 

しかし、我々日本人にはイタリア式より格段に分かり易いはずです! (*^^)v

いずれにしても・・・、このシナプスの形成を待たずに・・・すっ飛ばして歌うからパッサッジョが生じてしまうのです。

そして、そこを何とか薄く開いて通過しようとするから・・・アペルトな歌唱、あるいは真逆の強烈な喉声アッポジオになってしまうのです。

更にペルティレやコレッリの歌唱法についての核心に迫ります・・・・

ブログにて・・・乞うご期待!




【K-メソッド】 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事