見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

高音域の克服法!

高音域でたじろぐのは・・・喉声(胸声)で挑むからです。

喉声で挑むと・・・・

走り高跳びの様に、音の高さが「バーの高さ」として現れます。

バーの高さとして感じるから・・・・ビビるのです。しかしながら、歌唱における高音域とは・・・・

「ビビる、ビビらない」・・・性格が弱い・・・等の精神論の話ではありません!

胸声で臨まなければ・・・何も怖く無いんです!



つまり・・・

音の高さを・・・・、高さとしてではなく「想いの到達点」として自己(歌唱)の内面に向かうのです!

高音を「ハードルの高さ」として感じるのではなく、「想い(マインド)の深さ」として捉えるのです。

往年のイタリアの巨星達は・・・皆、そこで捉えています。

アクートとは・・・声の高さを「ハードル」として感じている内は難しいはずです。アクートは、その到達点が「音の高さ」ではなく「内面」に向かって初めて可能になる歌唱技術です。

HPでも書いている通り・・・・

「アクートとは歌と声のベクトルが同じ方向を向いているうちは難しいはずです」・・・

歌と声のベクトルが同じ方を向いているうちは・・・・、音の高さが「ハードル」として見えてしまうのです!

高音が怖いうちは・・・まだまだ喉声です。



【K-メソッド】 




この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事