見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

残念ながら・・・・

この事実が理解できないために・・・・国内での男性歌手に対する声楽指導は旧態依然とした状態が続いている様です。

その権化が・・・・「パッサッジョ」と言う概念です。そして・・・・それを如何に克服すべきか・・・が歌唱法と信じて疑いません。

換声点で声帯が過緊張に陥り閉塞するから「力を抜け!」「広げろ!」と言った指導です。しかし、この指導は・・・・(以前にもブログで触れた通り)、「自転車で左折するときは右に重心を掛け乍ら曲がれ!」と言う事と同じくらいナンセンスな事なのです。

悩みを抱える方も多いからでしょうか・・・・、私のHPのアクセス解析における検索ワードのトップも「パッサージョ、パッサッジョ」です。

しかし、違うのです・・・・

パッサッジョの概念は喉声歌唱の「しっぺ返し」です。パッサッジョは関係ありません!

アクートのj歌唱法とは、一旦ひっくり返してファルセットの状態にした声帯を如何に操作したらアクートになるか・・・なのです。

これは・・・・パッサッジョ域で「喉を開く」「軟口蓋を開ける」「リラックスする」とは全く別の操作です。



【K-メソッド】 



“Hybrid歌唱法”とは・・・・

ジラーレして・・・完璧に一度声をひっくり返し・・・・その状態の声帯を閉じ、呼気圧で鳴らすのです!

ひっくり返る・・・・つまり・・・・

喉から離れることで、声帯が解き放たれ・・・エスプレッシーヴォの効いた鋭いビブラートが可能になります。

声で歌っているからビブラートの波長が長くなってしまい(声帯への負荷の為)・・・

鋭く(アクートに)ならないのです!






この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事