見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

随分前にもご紹介しましたが、新しい曲を見つけたのでアップしました〜♪

ロシアのバス、レオニード・ハリトーノフです。

私見ですが、イタリアのチェザーレ・シエピに匹敵する名バス歌手です。

あまりにも凄すぎます・・・・

(;^ω^)

国内の発声法サイトでは「喉声の押し売り」の様な歌唱も目立つ中・・・・、ハリトーノフの歌唱からは歌しか聴こえません。ともすると声を持て余し気味のオタクな歌唱が多い日本歌曲を歌わせても・・・日本人以上の名唱のはずです。

声を歌わず、歌の世界の深淵から「微動だにしない名唱」 見せかけの声など微塵もない詠唱・・・・

最も歌唱力を問われるバスの歌唱の神髄です!

超一流の歌唱です♪

P,S

ピアニスト・・・イマイチで残念です・・・・

(^_^;)



レオニード・ハリトーノフ(バス)

 バス・バリトン。1933年9月18日、イルクーツク州の小村ゴルメットに生まれる。父親は大祖国戦争で戦死し、母親に育てられる。歌手になろうと試みるが辺境シベリアに住んでいるため、非常に苦労した。イルクーツク・フィルハーモニー協会のソリストとなった後、1952年から1955年にかけてモスクワ音楽院に学ぶ。その間の1953年11月9日からアレクサンドロフ・アンサンブルに合唱団員として所属。同時に1956年から1959年の間、グネーシン音楽大学にも学んだ。
 1965年にソリストに昇格し、3月18日のクレムリン大会宮殿での演奏会でソリストデビューを果たす。1967年にロシア連邦共和国(РСФСР)功労芸術家の称号を授与される。アンサンブルのソリストとしては、1972年まで在籍し、退団後は1998年までモスクワ・フィルハーモニック協会のソリストとして活躍した。
 1986年に人民芸術家の称号を授与。1998年から2006年までは故郷シベリアなどでも演奏会を開いている。
 1970-80年代にはソロ・アルバム(ロシア民謡・ロマンス集)をメロディアから出している。また、古巣のアレクサンドロフ・アンサンブルとの録音・競演も行っている。アンサンブルでの主な持ち歌は「ヴォルガの舟唄」、「ウチョース(巖)」、「黒い瞳のコサック娘」など。

【以下のサイトより引用】


【関連サイト】 バス・バリトンのアクートの魅力!


【関連サイト】 ロシアのバスの魅力


【K-メソッド】















かなり若い頃のハリトーノフ・・・しかし上手い!


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事