見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

アクート・・・とまでは言わずとも、決め処の高音が怖いのは・・・・

まだまだ喉声で歌っている証拠です。

喉声で歌っているから・・・高跳びのバーの様に、高さとして高音域を感じてしまうのです。

アクートは違います!

アクートとは、「バーの高さ」として決め処の音高を感じるのではなく・・・

想いの深さとして感じるのです。真逆です!

すると・・・・音の高さは想いの深さであって、「バーの高さ」として感じなくなります。

決め処のB・H・Cが「バーの高さ」として見えているうちは・・・まだまだ喉声です。

アクートとは高さではなく・・・

想い(マインド)の深さです!

そして、最も大きなテクニック的な裏付けが・・・・ジラーレです。

アクートはジラーレの延長です。つまり回した(ファルセット)にした声帯の延長にアクートはあるのです。

一度、声帯をひっくり返して使うのですから・・・・どんなに高音でもアクートは二度とひっくり返らないのが道理です。

勿論、力技ではありません・・・・


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事