見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

「あくびの様に喉を広げて!」「軟口蓋を上げて!」・・・・

未だにこの指導がまかり通る・・・と言うより、こういう指導者が大多数なのが日本におけるベルカント唱法の混沌です。

パッサッジョ域に差し掛かると声帯が過緊張に陥って喉が絞まるから・・・・「喉を開けなさい!」

このアドバイス自体がウソなのです! 自転車で左折する時は、右側に重心を掛けろ・・・と言うのと同じくらいナンセンスなアドバイスです。

生徒にパッサッジョ域まで「喉声」で歌わせておいて、急に「喉を広げて」は無いはずです!

教える方が無責任と言う他ありません。

パッサッジョで過緊張に陥る以前にジラーレするのです! 

誰が歌っても・・・胸声の延長では過緊張に陥ってしまうのです。そこで・・・声帯の使い方を変えるのです。

胸声の延長では絶対に力技になってしまいます。しかし・・・ジラーレには力は必要ありません!

ひっくり返すだけなのです!!


この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事