見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

前回の記事の全く逆の少数派が「喉声アッポジオ」です!

胸声のままパッサッジョを越えるというメソッドです。時々、このような動画も見かけますが・・・・

パッサッジョを喉声アッポジオで詰まって硬直して・・・・

音楽的には完全に「OUT」です。

アクートは方法論ではなく、最もアダット(音楽的に適切な)な表現方法が偶々アクートであった訳で・・・

その声(表現)を、ヴェルディ、プッチーニが意図して用いたのです。

「アクート」にこだわるか、「喉声アッポジオ」で妥協するか?! 

これは・・・、表現センスの問題です。

胸声の延長でパッサッジョを歌うと・・・男性の場合必ずノン・ビブラート(アペルト歌唱の場合は波長の長い歌謡調のビブラート)になってしまいます。

パッサッジョ域だろうが、パッサッジョ域を超えたハイノートであろうが・・・・硬直したノン・ビブラートではダメです。

バイオリン・コンチェルトのカデンツァの様に、エスプラッシーヴォ(ビブラート)の効いた鋭い(強い)表現を望んだら・・・

必然的にマインド(想い)がアクートと言う表現を選んでしまった・・・・と言うだけなのです!!

「音耳」で声色だけしか聞こえないうちは・・・・遠い(気付けない)かも知れません。





アクートは方法論ではなく・・・・
表現として、マインド(想い)がアクートを選択するのです!
胸声域から、更にパッサッジョを越えて・・・・
オートマチック(繋ぎ目無く)にアクートに変わっていきます





この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事