見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト ]

「ポコッ」・・・・と言う感じ♪ 昨日のレッスンでの生徒さんの感想です。

約2時間のレッスンで100回程ジラーレの練習をして・・・・・そのうち2回、ツボにはまった時の感覚です。

まだまだ「50分の1」の確率ですが半年ほどかかりました。

ジラーレ・・・・つまり喉枷を切るプロセスです。

それでもって「50分の49」の失敗はどういうことなのかと言うと・・・・・ジラーレしたつもりでも、声で音を追ってしまった・・・・・と言う事です。

ジラーレ・・・・・回すという言葉が独り歩きし、回ったつもりなのは自分の頭の中でのイメージだけ・・・・・と言うのが大半です。

音大卒の美声のテナーさんです。音大卒のテナーさんにしてこれ程困難なのがジラーレです。パヴァロッティが3年間取り組んだという「アエイオウ」のポジションです。

「50分の50」になってやっと胸声域の上のポジションの入り口です。アクートは未ださらにその先です。

しかし、昨日の2回のツボは大きな前進でした。「ポコッ♪」は声帯が鳴った感覚です。自分で「ア゛〜」と声で歌ったのではなく・・・・・「あっ、今の自分の声では無い・・・・確かに鳴った!」・・・・と言う感覚なのです。半分すっぽ抜けながらも響きが頭蓋骨内で増幅した様な感覚です。

次回のレッスンでは「50分の3」を目指したいものです♪ 頑張りましょう!

( ^^) _旦~~

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事