見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

歌は武者修行♪

歌は武者修行・・・・

何故、武者修行なのか?

貴方の感覚と全く同じ感覚の先生はいないからです! 自身のメソッドは自分であみ出すのです!

必要と感じれば私に学べば良いし、会得したと感じれば去って先に進めばよい・・・・・

そんな師弟関係が理想的ですね♪

師弟ではなく、「歌好き」でつながっていれば良いのです。

この記事に

開く コメント(0)

落語や古典芸能、あるいは最近騒々しい大相撲等の世界とは異なり、リリカの取得においては屋号や一門は必要ないですよ。

音大を卒業しても長く生徒を引き繋いでおく音大の先生方もいますが、私的には卒業を機に更に羽ばたかせた方が良いと感じます。

リリカに関しては一門内での襲名などは無いのですから・・・・・

○○門下などと言いたくなるのは教えるほうのエゴですね。

私は生徒さんにはとっとと会得して自身の歌で羽ばたいて巣立っていって欲しいと願っています。

それでやっと次を教える時間が生まれるのですから・・・・

レッスンは単発なほど歓迎しています♪

実際に、忘れたころにひょろっと来た生徒さんの歌が良くなっているのを聴くと・・・・武者修行の成果が感じられメチャクチャ嬉しいですよ。

この記事に

開く コメント(0)

アクートの修得には甚だしい個人差を感じます。

始めてのレッスンでその何たるかを体得できる方もいれば、おそらく10年単位の年月・・・・・いやもっと長い時間が掛かるやも・・・・・と感じる方もいます。

アクートの修得は非常に残酷です。

響き追求型の日本式発声や合唱を長くやってこられた方ほどアクートは困難です。

後は第二期黄金期のカルーゾ等のドリンキングボイスや往時のバリトン・バスの「ウヲーッ」という声を良しとする発声を長きにわたって踏襲されてきた方も非常に困難です。

声と喉が癒着して取り返しがつかなくなってしまわない内に学ぶべきです。

この記事に

開く コメント(0)

バスが目指すべき第二期黄金期の声はこのアクート!

ここで歌わないから「合唱発声」からチャチャ入れられるんだって。





この記事に

開く コメント(0)

もはや声楽でも歌でもない!

この期に及んでも何故日本人男性歌手の多くは歌ってしまうのか・・・・?!

この期に至っても歌ってしまうから日本人の男性歌手はアクートから遠いのです!












この記事に

開く コメント(0)


.


みんなの更新記事