見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
合唱を長くやって来られた方はアクートの修得が非常に困難・・・・・と言う傾向を感じます。

つまり、喉から声が外れ無くなってしまている方が多いと言う事です。音の高さを声で追う、歌ってしまうのです・・・・・

この事はアクートの技術の修得にとっては致命的な事です。

アクートの修得においては非常に厄介な問題です。




この記事に

開く コメント(0)

凡人の声帯は捩れていない!

捩れていないとどうなるか・・・・? 音の高さに比例して声帯を閉じる力も増していくと言う事です。

逆に、捩れている声帯はどういうものかと言うと・・・・、胸声〜胸声域の上のポジション〜アクートにかけてオートマチックにシフトできる声帯です。つまり声帯の裏(凡人のファルセット域)を自在に操れる特性をもった声帯と言う事です。

所謂、「メビウスの輪」状の声帯です。これが巨星達の声帯であり先天的に声楽向きの声帯と言う事です。

案外、音楽の先生や声楽教師などに「君、良い声だね♪」と持ちかけられ、持ち声の良さを褒められて声楽を始める方も多いようですが・・・・

持ち声の良さと声楽向きの声帯は別なのです。

この記事に

開く コメント(0)

歌から声のベクトルが外れてアクートは可能になる!

この事を分かっているボイトレは国内のサイトで知る限り皆無です。

結局は地声を「如何に響いて聞かせるか」に終始しています。これでは歌と声のベクトルは表裏一体、完全に一致してしまうでしょ。

ここまで言っても・・・・・まだ、喉声信者には何のことだか分からないはずです。

ここに覚醒しなければディデゥールのアクートは三度生まれ変わって来ても遠いですよ。




この記事に

開く コメント(0)

止まった喉声はアクートでは無い!

喉で支えた喉声アッポジオでは鋭く(アクート)ならないのです。

アダモ・ディデゥールの歌い終わりのアクート・・・・・これこそがバスのアクートですよ。

エスプレッシーヴォが迸るでしょ!



パッサジョでフン詰まるのはアクートではありません。

喉で支えるから鋭く(アクート)ならないのです♪

この記事に

開く コメント(0)

ファルセットの状態の声帯を鳴らせるか?!

分かり易く言えばアクートとはファルセットの状態で閉じた声帯を呼気の通過で鳴らせるか否かです。

ルチアーノ・パヴァロッティは自身の高音はファルセットでは無い・・・・・言っています。

私もファルセットではなくアクートだと言い切れます。

ただ、喉声信者にはパヴァロッティがファルセットの状態の声帯を鳴らしていることを聴認出来ないはずです。

だからパヴァロッティが「私の高音域はファルセットでは無い!」と言うと、「ほら、やっぱり地声じゃないか!」・・・・・なんて喜んでしまうのです。

しかたありません、喉声信者には・・・・・「ファルセットでは無い」 = 「喉声(胸声)」しかないのです。

私はバリバリの喉声王子でしたから誰よりも良くわかります。

ファルセットなんか鍛えてもアクートにはならない・・・・と言う喉声信者の言い分も良く分かります。

ファルセットなんか鍛えても・・・・・(喉声王子の私には)結局、ミックスボイス、エッジボイス辺りが関の山でした。

自身の声を駆使してもミックスボイス、エッジボイスにしかならなかったのです。

呼気の通過で声帯というダブルリードを鳴らすのです。これがミックスボイス、エッジボイスとアクートの違いであり、アクートの難しさなのです♪







この記事に

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事