見て聴いて・・・笑えて歌が好きになる不思議なブログ

【K-メソッド】 胸声とアクートによる“Hybrid 歌唱法” http://www.voglio.org/acuto.htm

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

【質問】

現在、師事している先生に「喉を広げて!」と言われますが上手く行きません!?


【K-メソッド】

声楽教師はあくびの様に喉を広げて・・・・と言いますが、

喉をあくびの時の様に広げても喉声(胸声)で歌っているうちは絶対に喉は開きません。

広げているつもりでも・・・あくびの状態になっているだけで声帯は閉じています。

喉を開くと言う事は・・・ファルセットの状態の事です。完璧に開いています。

しかし、ファルセットでは使い物になりません。

そこで・・・、アクート唱法が生まれたのです。喉を開けたファルセットの弱々しい裏声を「力強い響き」に変える歌唱法です。

喉声(胸声)で歌っている内は、いくらあくびの様に喉の奥を広げても喉は決して開かないのです。

絶対にパッサッジョ域を超えてアクートには結びつきません。

意地悪かも知れませんが・・・・・

ファルセットまで喉を開けてみては如何でしょうか。

使い物にならないファルセットまで喉を開けて「逆切れ」されたなら・・・・、あなたの先生は本質を知らないということです♪


【関連記事】


【K-メソッド】 
【質問】

何故j、喉声だとアクートが出来なのでしょうか?


【K-メソッド】

喉声、広い意味で胸声とは・・・・つまり人が生まれて言葉を習得し、意思を伝え合う会話等の日常的な声帯の使い方、「地声」の事です。

アクートの発声法は、根本的に「地声」の発声メカニズムとは全く異なるものです!・・・・にもかかわらず換声点より上までも「地声」と同じ発声メカニズムで歌おうとするから「喉声」になってしまうのです。

要するに「喉声」・・・の延長線上にはアクートな無いと言う事です。

しかし、いざとなると、生まれてこの方「慣れ親しんだ地声のメカニズム」の軸から外れられないのです。

頭の良い人ほど・・・・「業」と言えるのかもしれません。


【K-メソッド】 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事