楽しい毎日のために:語学がんばろう!

語学、アニメ・特撮、読書...楽しく過ごすためには?

全体表示

[ リスト ]

フランス語と私

フランス語とのかかわりは、大学の第2外国語で選択したことから始まる。
なぜ、フランス語を選択したのか?
大学では、第2外国語は必修で、確か、フランス語、ドイツ語、中国語、ロシア語、スペイン語の
中から選択できたと思うが、フランス語を選んだ理由は全く覚えていない。
当時、父親に、「法学部なのに、なんでフランス語なんだ?」と聞かれたことは覚えているのだが、
何と返事したかは覚えていない。
なんとなく、フランスに明るい雰囲気を感じていたからかもしれない。

第2外国語でフランス語を選択したとはいえ、最初から真面目に勉強していたわけではない。
それでも、授業はいちおうちゃんと出ていて、なぜかわからないが、一番前の席で受けてはいた。
フランス語の最初の授業のとき、un, deux, troisがフランス語だというのを知って驚いた。
大学に入って真面目に勉強していた語学は、やっぱり、英語で、英会話学校に通ってみたり、
英字新聞を取ってみたりしていた。
英語を一所懸命勉強していたので、2年の夏休みに語学の短期留学というやつで、
1ヶ月、ニューオリンズで大学の英語コースに通った。
このとき、同じクラスに高校生のフランス人のお兄ちゃんがいて、そのいとこだというフランス人の
女の子が動物園の遠足にいっしょにやってきていて、彼女と知り合いになったことが、
フランス語を真面目にやる気になったきっかけだった。

大学の同じクラスに、1年の夏に、イギリスで1ヶ月間語学学校にかよっていたKというやつがいて、
彼は、そこでフランス人の女の子と知りあいになり、それからフランス語を真面目に勉強していた。
私は、それまで、Kのことを笑っていたのだが、今度は笑っているどころではなく、一緒にフランス語を
勉強するようになった。英語もKと競って勉強していたが。

そんなこんなで、大学在学中は英語とフランス語を並行して勉強するという感じだった。
当時の実力としては、フランス語は仏検3級は受かったが、2級はまだ、英語は英検1級を受けたけど、不合格だった。ちなみに、Kは英検1級は合格した。
実力的には英語>フランス語だったが、気持ちの入れ具合としては、フランス語>英語だった。

そんなわけで、就職してからは、フランス留学に向けて、日仏学院に通ったり、日仏学院の通信講座を受けたりと、フランス語の勉強に熱を入れていた。
うちの職場では、たいていの人は英語で留学の試験を受け、合格した人はアメリカ、イギリスとかに留学するのだが、中にはフランス語で受けてフランスに行く人もいる。私は当然、後者に属しており、留学試験に合格し、2年間フランスに留学した。
ちょうどその頃結婚したので、妻も同伴で行ったが、妻と一緒に行ってしまうというところが私のいい加減なところだ。妻と行くと家では日本語を使うことになってしまうので、留学の成果としては、かなり減じてしまうといわれたが、まあ、いいやと、家では完全に日本語の生活を送ってしまった。
フランスでは、国内にいくつかあるl'institut d'etudes politiques (パリのシアンスポは有名だが)の1つに通い、政治学のDEAを取得してきた。まあ、これが仕事に直接役立っているわけではないのだが。

日本に帰ってきてからは、仕事でフランス語を使う機会はほとんど無く、フランス勤務も運悪く全く当たらなかった。ちなみに、上記のKは、就職後2年間留学し、3年間のフランス勤務、そして昨年の秋から2度目のフランス勤務についている。彼とのフランス語の実力差は開く一方かもしれない。
仕事でまともにフランス語を使ったのは、フランスに一度現地調査に行って、そのときにフランス語で調査をしてきたこと、たまたま通訳が手配できなかったお偉いさんのディナーの通訳をやらされたこと、この2回くらいで、あとは仕事がらみのパーティーで最近2度ほどフランス人と話をした程度。
プライベートでもクリスマスカードを年に1度何枚か書くくらいでほとんど使う機会も無いが、例のニューオリンズで知り合った(20年以上前!)女の子が、3月に家族で日本に来るかも知れないと言っているので、会うことができたら、そのときはフランス語を使うことになるはずだ。

20年以上フランス語と付き合っているが、その影響でワイン好きになり(アルコールはものすごく弱いのだが)、アメリカ一極集中に批判的な態度を身につけた(むしろ反米かも(笑))。最近、ドイツ語だの韓国語だの、ラテン語だのいろいろ浮気はしていて、フランス語の勉強時間は減っているものの、やっぱりフランス語が中心と思っているし、フランスが中心となる行動をとっているようだ。プルーストの「失われたときを求めて」も2年ほど前に日本語訳だが読み終わった。

これからも、フランス語とフランス、これを1つの指標とした生きていくことになるのだろう。

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

読み応え満点の回想録ですね!楽しませていただきました。Kさんの存在は常に良い刺激になっているようですね。(同じ会社に就職されたんですか?)
3月の日本訪問、実現すると良いですね♪ 削除

2008/2/16(土) 午後 5:01 [ maria ] 返信する

mariaさん:mariaさんからのいくつかの質問に刺激されてちょっと書いてみました。
彼は、同じ会社ではないのですが、同業他社というか、結構近い関係の仕事をしています。
3月、私も仕事とかもなく、ちゃんと会えるといいのですが。

2008/2/16(土) 午後 5:12 ウィル 返信する

顔アイコン

ウィルさんのフランス語習得心から期待してますよ。フランス語をがんばってる人を見ると応援したくなりますよ。

2008/2/16(土) 午後 5:33 [ tro*s_e*oil**75015 ] 返信する

顔アイコン

今晩は、北海道の札幌市に住んでおります。宜しく。
5〜11日まで、札幌雪祭りが開催されて、相当の賑わいであったが、世界中から218万人の観光客
が来場しました。
私は、放送大学に在学し、12〜14日の面接授業ではフランス語を受講しましたが、初めてのフランス語だったので、戸惑う事ばかりでした。
更に、これを機会にフランス語の学習へ進もうと、NHKラジオ講座のテキストを買い求めました。
果たして、修得できるのか。
私自身の努力次第かと思います。 削除

2008/2/16(土) 午後 7:48 [ ジョニィー ] 返信する

ブルジョワさん:ご声援ありがとうございます。フランスで生活できるくらいのフランス語はできるのですが(実際、2年間生活したし、大学院にもいったので)、テレビや映画を見て問題なくたのしめるとか、そういうレベルにはなかなか達しません。

2008/2/17(日) 午前 9:08 ウィル 返信する

ジョニィーさん:よろしくお願いします。
札幌には何年かに1回くらいは、仕事で行きます。
フランス語、一緒に頑張りましょうね!

2008/2/17(日) 午前 9:09 ウィル 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事