エビ

このブログは放置中です。

全体表示

[ リスト ]

新しい環境を構築するので、忘れないように記録します。

AppleのDeveloper Network(有料)に登録できたら、次に行う作業がこれ。
手元のMacにインストールしたXcodeとWEBサービスのiOS DevCenterを関連付けします。

Provisioing Profilesの作成 

Development用とAdHoc用(distribution)が必要。
AdHoc用だけでも、XcodeやAppleConfiguratorから作成したプログラムを
iOS端末に転送できるが、実機デバッグが出来ない。
実機デバッグをするためにDevelopment用も作る。


iOS DevCenter画面右上にある [ iOS Developer Program ]のMENU項目より
[ Certificates,Identifiers&Profiles ]をクリックする。

[画像なし]

画面右上にある [ iOS Developer Program ]のMENU項目より
[ Certificates,Identifiers&Profiles ]をクリックする。

イメージ 1[ iOS Apps ]のMENU項目よりProvisioning Profiles ]をクリックする。

イメージ 1

[ Provisioning Profiles ] が開かれたら
画面中央上の iOS Provisioning Profiles と言う表示の右にある [ + ]  をクリックする。

イメージ 2
Development項目の
iOS App Development 項目にチェックを入れ [ Continue ] をクリックする。
※Development用を作成後にAdHoc用も作る。
 
イメージ 3

certificatesの選択画面が開かれるので、対象とするcertificatesを選択し、
[ Continue ] をクリックする。

イメージ 4
対象とするiOS端末を選択し、[ Continue ] をクリックする。

イメージ 5
Profile Nameを入力し[ Continue ] をクリックする。

イメージ 6
Provisioning Profileが作成されたので [ Download ] する。

イメージ 7

ダウンロードしたProvisioning Profile をデスクトップにでもおいておく。

※Development用が出来たら、同じ手順でAdHoc用(distribution)を作成する。

次はProvisioning ProfileをiOS端末に設定します。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事