山内薬局のぼちぼちブログ

唐津です。実は漢方薬・皮膚病薬専門の相談薬局です。

いらっしゃいませ

すべて表示

平常営業中

イメージ 1
山内薬局のホームページはこちら

大島邸のサイトはこちらです。
特集 その後の大島邸
 
【番外】
 
平成22年11月21日からはじまりますこのシリーズ。
まだまだ続きます。最後までお付き合いください。
 
「大島小太郎とその時代」展は3月30日まででした。
 

 
 
 
 
 
 
人気ブログランキング、日本ブログ村に参加しています。
今後の励みに成ります。クリックの投票 ご協力をお願いします。
唐津くんち勝手にリンク集 
【唐津曳山に関する資料】
唐津のヤマについて(飯田一郎) 
曳山のはなし(古舘正右衛門) 
唐津曳山考(坂本智生)
神祭今昔譚 戸川省吾(先代宮司)
唐津神社社報バックナンバー(唐津神祭に関するものの抜萃ですが)
唐津神社の神祭と曳山に関する抄録  戸川鐵 編著
 

【郷土史誌】

唐津松浦潟(松代松太郎著)(昭和2年)
東松浦郡史(松代松太郎)(大正14年)
「松浦史」吉村茂三郎著(昭和31年刊行) 
「郷土唐津」唐津市教育会編(昭和12年)
「佐世姫物語」前田銑之助著(昭和28年)
唐津小学校「母校百年史」
「明治・大正の唐津」石井忠夫著(昭和52年)
郷土先覚者列伝 昭和55年10月20日
松浦拾風土記
松浦古事記
『末廬國』第172号より
庄屋文書にみる唐津城築造年代の一考察  山田洋
 

【ちょっと一息】

唐津遊覧写真集(昭和5年頃)

その他の最新記事

すべて表示

唐津藩江戸屋敷を巡る 結

2014/6/26(木) 午後 8:53

夜明け前に家を出て、空からは富士山を拝むことができ、郷土唐津の先覚者、辰野金吾が建てた東京駅の復活も見て、唐津藩に関わる場所を巡る旅もいよいよ幕を引く時が来た。 お上りさんの締めはやっはりスカイツリーでしょう。 ...すべて表示すべて表示

唐津藩邸下屋敷

2014/6/25(水) 午後 2:46

文政5年(1822)5月11日唐津城二の丸で生を受けた長行公は、 明治24(1891)年1月22日東京駒込動坂の庵で、70年の波乱の生涯を終えた。 (参考)唐津では文政2年刀町が赤獅子を造り、それまでの走りヤマに換わる新しい ...すべて表示すべて表示

唐津藩邸中屋敷、壱岐坂をあとに、次の目的地である動坂まで、バスかタクシーかと考えていたが、友人が東大赤門が近いと言うことで、まずは赤門まで歩いて行くことにする。 守衛さんにお願いしてトイレを借りる。 赤門を ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事