ここから本文です
市川猿三郎 二輪草紙
歌舞伎役者 市川延夫改め二代目市川猿三郎。 公演などのご案内、過去現在にわたっての様々なことを思いつくまま書き綴ってまいります。

書庫全体表示

本身の凄み

『ぢいさんばあさん』の鴨川料亭の場で、刀の目利きを致しております
私 柳原小兵衛。

刀は普段の歌舞伎で使用する竹光ではございません


やはり、ひかり具合や 持った実感の見た目を大事にされていまして、
ジュラルミンの刃の刀を使用しております。

もちろん 刃はございません 

(刃はないとは すなわち、研いでいない、斬れる部分のないもの
 と云う意味です。)

これは、一応、許可の要らない小道具の刀です。
どちらかと云うとひかり具合を重要視致しております。


ですが、歌舞伎と云えど演目によっては 銃刀法の許可のいる小道具を
使用する場合もございます。



歌舞伎の中で 刀の目利きの一番の演目と云いますと
『梶原平三誉石切(かじわらへいぞうほまれのいしきり)』
(お家によっては狂言名がかわりますが・・・。)

刀を題材とした演目ですので、これは本身を使用いたします。

本身と申しますのは、鉄身(てつみ)の事。

小道具ですのでこれにも 刃はございませんが、砥げばもちろん 
刃となる事が可能な 刀を使用いたしております。

ジュラルミンに比べて ひかり具合はどちらかと云うと鈍く 
重量は倍くらい違います。


これは銃刀法の許可が必要です。 

出処は藤浪小道具さん  そして 劇場から舞台で使う旨を申請して 
都道府県公安委員会より 許可を頂きます。


同じように許可の必要とする演目に『太功記十段目 尼崎閑居の場』での
武智光秀の 使用いたします、これは太刀の方ではなくて脇差しの方。


真柴久吉を竹槍で射抜こうとして 竹槍の枝をそぎ落とし 
思いがけなく母の皐月を 間違えて刺してしまいますが、
このそぎ落とす時に使用する脇差しに許可が必要となります。


また『時今也桔梗旗揚』の愛宕山連歌の場での明智光秀が使用いたします刀も
許可の要る本身が使用されます。


その他、役者さんによって異なりますが 『仮名手本忠臣蔵 五段目』の定九郎や
『籠釣瓶花街酔醒』で佐野次郎左衛門が使います名刀 籠釣瓶。

これらも本身を使用する場合があるそうです。


本身とは申しますが、実際に斬れる物は 使われておりません。


『石切』は別として こう並べてみますと面白い事に 
謀反や恨みを持った役を演ずる時に
使用する刀の小道具に 鈍いひかり具合や 本身の凄みと云う物を
醸し出している必要性があるのかと 思われます。


あくまでも小道具としての用い方ですから 表現に他意はございませんので、
そこのところの ご理解をお願い申し上げます。
  
刀が出てくる演目でも それぞれの「見た目」にこだわって 小道具も
違って参ります。

小道具に少しご注目頂ければと思います。


ちなみに 普段の演目で差している刀よりも 持った感じはずしっとしてます。

そして、少しでも130両に見える様に 幕が開く前に 最初に手にする私が
毎日磨いております(笑)  私が持ち主じゃないのですけどね(笑)
 

  • 顔アイコン

    なるほど。確かにえらくギラリとしているなと思っていました。猿三郎さんが毎日磨いておられたとは(笑)。刀の目利きをしている写真、かっこよかったです。あれって、「役者さんご本人が選ばれました〜」と写真売りのおじさんがおっしゃってましたが、おうかがいに来られるのですか?

    [ oy ]

    2013/12/16(月) 午後 11:15

    返信する
  • 顔アイコン

    許可がいる事も、あるんですね
    より、リアルに…凄みが増しますね。
    ジュラルミンなんですね。
    ジュラルミンケース?のジュラルミン??笑…違いますよねσ^_^;
    私の浅い連想でした。。

    柳原小兵衛さん、
    幕が開く前に、毎日磨かれていらっしゃるのですね!
    めちゃくちゃ、光ってました!
    心の中で、ハァッ・猿三郎さん!!と叫んでいました。 削除

    [ まろ ]

    2013/12/17(火) 午前 0:03

    返信する
  • 顔アイコン

    持ち主じゃないのに、最初に手にする猿三郎さんが毎日磨いてらっしゃることに、拍手です 刀などの小道具も、じっくり見ます!

    京都に観劇に行ける日が一週間後に迫ってきて、気が立ってきました。(病気にかかるまいなどの気概のせいか、毎回、ワクワクを通り越して殺気立ってしまうんです。)

    [ 青みどり ]

    2013/12/17(火) 午前 0:48

    返信する
  • 顔アイコン

    子供の頃、実家に本身の刀がございました。
    イタズラに手に取って、祖父に叱られましたが
    刀のずっしりとした重みと感触は今でも記憶に残っております。

    本日のお話を拝読していて、ふと思い出しました。

    千龝楽に観劇予定でおります。
    刀にも注目して拝見したいと思います。

    猿三郎様の小道具トリビア(笑)
    とても楽しみにさせて頂いております。
    これからもチョコチョコ小出しにして下さいませ。 削除

    [ きり ]

    2013/12/17(火) 午前 8:05

    返信する
  • 顔アイコン

    公安に届け出が必要な刀があるんですね。お芝居ひとつ作るのにも色々大変ですね。猿三郎さんが磨いてあっただけあって130両の刀はピカピカに見えましたよ^ - ^

    先日、観劇の日に猿之助さんの番頭さんに猿三郎さん宛にお渡しした物があります。大したものではないのですが、カードが猿三郎さん仕様(笑)のディズニーもので、お手元に届いたかな?と心配していますが、大丈夫でしょうか? 削除

    [ zunkonene ]

    2013/12/17(火) 午前 8:40

    返信する
  • 顔アイコン

    oyさん
    ロビーで販売している写真の、数倍の枚数の写真を係りの方が、持って来られて、
    それを役者個人が選び OK分を提出しております。
    猿三郎

    [ 猿三郎 ]

    2013/12/17(火) 午前 9:16

    返信する
  • 顔アイコン

    まろさん
    云え云え ジュラルミンの素材は同じものです。
    猿三郎

    [ 猿三郎 ]

    2013/12/17(火) 午前 9:18

    返信する
  • 顔アイコン

    青みどりさん
    ある意味 御芝居を見るまでの楽しいひと時ですね。(笑)
    猿三郎

    [ 猿三郎 ]

    2013/12/17(火) 午前 9:19

    返信する
  • 顔アイコン

    きりさん
    お祖父さまに𠮟られた刀の思い出も 振り返ると懐かしい事でしょう。
    猿三郎

    [ 猿三郎 ]

    2013/12/17(火) 午前 9:21

    返信する
  • 顔アイコン

    zunkonene さん
    確かに頂戴致しました。ありがとうございました。
    連絡先を存知あげず コメントを頂いた折にお礼をと
    思っておりました。
    ミッキーの形のクッキーとチョコ 食べるのが勿体ないくらいでした。(笑)
    猿三郎

    [ 猿三郎 ]

    2013/12/17(火) 午前 9:24

    返信する
  • 顔アイコン

    猿三郎さま

    お昼の部拝見いたしました。『ぢいさん ばあさん』
    (20年近く前、当時三代目猿之助丈と玉三郎丈が共演
    されたのでは?見逃したのが今も悔やまれます)
    猿三郎さまは、端正な佇まい。また、やや年かさの先輩武士
    として、その後の悲劇への向かうあの場の流れを作って
    おられると感じました。

    刀は光っていました☆手ずから磨きをかけておられたとは(笑)
    小道具では、印籠の意匠を見逃してしまいましたので、
    またご教授くださいませ。真ん中ではなく、左上寄りにあしらって
    ありました。

    ↑皆様、似たようなことを思いつかれるのですね(笑)
    クリスマス・シーズンにおいでになれない某所(笑)、
    もったいなくはございません、お楽しみくださいませ。

    まねきもしっかり見上げてまいりました。おひとりおひとりの
    お名前に「顔見世」を実感しながら、劇場に入りました。
    千穐楽まで、皆様恙なくお勤めくださいませ。
    今年の歌舞伎納め、素晴らしい舞台をありがとうございました。 削除

    [ ハ^ミア ]

    2013/12/17(火) 午前 10:09

    返信する
  • 顔アイコン

    お手元に届いていてよかったです。ミッキーのクリスマスカードを見つけた時に、あ!猿三郎さん!ととっさに思って買ってしまいまして、ちょうどクリスマスギフトのクッキーなどが売られていたので南座まで持って行ってしまいました。

    お渡しする術がわからず、猿之助さんの番頭さんとお話しした際に預けてしまったのですが、猿三郎さん仕様の(笑)ミッキーのカードが猿之助さんに行っていたらどうしようなんて心配してしまいました。
    いつもお世話になっているのに・・・、番頭さんすみません。

    南座も残すところあと少しですね、体調に気を付けて頑張ってください(^^)/ 削除

    [ zunkonene ]

    2013/12/17(火) 午前 11:57

    返信する
  • 顔アイコン

    伊織、甚右衛門、その周囲の人々の運命を大きく変えることになった、刀。
    先日、お芝居を観ながら、ふと「もし、この刀を伊織が買わなかったら、どうなっていたんだろう」って思いました。
    重要な小道具のお話を聞くと、お芝居を再び観たような気になります(*^^*)
    そういえば、猿三郎さんは、持ちごたえのあるような刀の持ち方をしてらっしゃいました。猿三郎さんが、刀の目利きをされる場面、私も大好きです。あれで、ぐっと刀に気持ちが引き寄せられ、大きく動いていく物語の中に自分も入っていくようです。
    舞台写真があるんですね。欲しかった〜f^_^;)! 削除

    [ 流星 ]

    2013/12/17(火) 午後 9:22

    返信する
  • 顔アイコン

    わたくし自分の名前を間違えてしまいました(笑)(笑)
    間違い探しどころではございません(笑) 削除

    [ ハーミア ]

    2013/12/17(火) 午後 10:13

    返信する
  • 顔アイコン

    ハーミアさん
    ご観劇ありがとうございました。
    そしてサンタさんの箱にクリスマスのお菓子が・・・。(笑)
    御礼申し上げます。まねきにまで思いを馳せて下さったとは
    嬉しい事です。お名前のミスは気にしない気にしない!(笑)
    猿三郎

    [ 猿三郎 ]

    2013/12/18(水) 午前 8:51

    返信する
  • 顔アイコン

    zunkonene さん
    恐れ入ります。今後はどうぞお気づかいのない様に・・。
    猿三郎

    [ 猿三郎 ]

    2013/12/18(水) 午前 8:53

    返信する
  • 顔アイコン

    流星さん
    舞台写真は中日過ぎからの販売なので 前半ご覧の方は
    御目にとまりませんね。残念です。
    猿三郎

    [ 猿三郎 ]

    2013/12/18(水) 午前 8:55

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事