ここから本文です
市川猿三郎 二輪草紙
歌舞伎役者 市川延夫改め二代目市川猿三郎。 公演などのご案内、過去現在にわたっての様々なことを思いつくまま書き綴ってまいります。

書庫全体表示

小金吾の立ち回り

第2部の『木の実・小金吾討死』での見せ場の一つに 
主馬小金吾と黒四天の立ち回りがございます。

私も、名題下の時にはこの立ち回り 何回も出させて頂きました。


通常、大勢の縄の立ち回りや 追廻し以外の、所謂
ひとり掛かり ふたり掛かり 四人掛かりと云った 少ない人数での
立ち回りは、主役VS自分の見せ場となります。

普段 役など付かない名題下でも この立ち回りだけは別です。
ですから、名題下でも自分を目立たせたいと思う人は 
この立ち回りにかけております。

もちろん立ち役として トンボも返れなければなりません



私の名題下の時には、通例 歌舞伎の立師は、ふたり居られました。

もちろん、ひと月ごとの公演だけの立師は役者さんが
兼ねることもありますが それは特殊な場合。


お一人は、菊五郎劇団に於いての立師の名人で 人間国宝の坂東八重之助さん

もうお一人はおもだか屋一門の個性的な立師 市川段猿さん


このおふたり 殺陣の性格も 絡む人たちの人選も正反対でした(笑)



当時の劇団は立ち回り軍団でしたので、立ち回りに絡む人は 希望者制。
「ひとり掛かり ふたり掛かり 希望者手を挙げろ!」的な、立候補制です。

ですから普段から、みんなの立ち回りの稽古には余念がありませんでした。

そのかわり、挙手したのに かかるのが下手でできない人は 
扇子でひっぱ叩かれ、怒鳴りまくられて 交替させられます。

今でしたら、とてもメイキング映像などは お見せできる訳もないような・・・
そんなものだったのです。それが当たり前の時代でした。

それだけの自信を持って 立候補して そして磨かれていく。
そんな時代でした。


当時の劇団出身の同輩と云いますと・・・
市村橘太郎さん 尾上辰緑さん・・・あとどなたがおられるでしょうか?

残念なことに やめられた方、お亡くなりになられた方。
もうほとんど残っておりません。

勿論、昔の国立養成所出身の方は 皆八重之助さん門下と云いましても
過言ではございません
多くの人間が 教えを受けました。



もう一方の 澤瀉屋の段猿さんの付け方は 全く違った形でございました。
段猿さんご自身で 「延夫 ここかかれ!」「猿十郎は ひとり掛かり!」
みたいな、半ば強制的 指名制の形でした(笑)

手を出されることはありませんでした。 

でも、両方ともそうやって、鍛えられて みんなうまくなってきたのですが・・・(笑)


今現在の立師をしている人たちも そうやって 教え鍛えられた人たちです。


今回 松也さんの小金吾の、大勢の蜘蛛の巣の縄の立ち回りや
縄抜けの立ち回り等は、八重之助さんが工夫立案した手順です。

今でもその手法が使われているのが凄いですね。

ひとり掛かり ふたり掛かり等も 少しの手直しはありますが 
おおむね昔からの手法 手順です。 

明日は、立ち回りの合い方など もう少し詳しく解説してみます。

この記事に

  • 顔アイコン

    立廻り大好きです\(^o^)/
    小金吾や蘭平、弁天小僧の大屋根の立廻りなどなど、
    観るとワクワクしてしまいますね☆
    今月の松也さんもステキでした。
    明日以降のお話も楽しみにお待ちしております(o^^o)

    [ にうにう将軍 ]

    2016/6/24(金) 午前 0:24

    返信する
  • 八重之助さんはもともと女形さんで、6代目菊五郎にとんぼの腕を認められて立役に変わった、と古い歌舞伎の本に出ていました。だからお名前が優しげなのですね。研修生への指導をテレビでみたことがありますが、怖いなかにも愛嬌のある怒り方をするかただと思ったものです。故猿十郎さんも立師でしたね。今は猿四郎さんがいて、頼もしい限りですね。

    [ kyo*k*fan ]

    2016/6/24(金) 午前 0:42

    返信する
  • 猿三郎丈、本日もお疲れ様でした。

    猿三郎丈の分かりやすい解説のお蔭で、当月の演目が日ごとに面白くなってまいりました!いつも名解説を有り難うございます!

    「蜘蛛の巣」の縄の立ち回りや、「縄抜け」の立ち回りをまのあたりにするにつけ、「お見事!」と思うことしきり。それと同時に、『猿三郎丈の歌舞伎教室』での楽しいレクチャーが鮮やかに思いうかんできました。

    またもや、歌舞伎の奥の深さに魅せられていまいました。

    猿三郎丈はじめ一座の皆様方、千穐楽まで恙無くお過ごしくださいませ!

    [ まどんな ]

    2016/6/24(金) 午前 1:01

    返信する
  • 猿三郎様おはようございます😊
    小金吾気の毒でしたよね、疑いかけられてお金取られて最後は刺されて……
    立ち回りの時の松也さんの手が大変お綺麗で、正に指先に迄神経を行き届かせた気品と誇りある小金吾でした。
    自信をもって立候補して磨かれる……『切磋琢磨』素晴らしいことですね。
    立師の方が築き上げた手法と挑む精神は、いつの時代にも継承されますように✨

    [ bra**fiel* ]

    2016/6/24(金) 午前 5:27

    返信する
  • 猿三郎さま

    おはよぁございます

    名題下の役者さん達の見せ所、今も昔も変わらないのが「立ち回り」なんですね
    最初の頃はアクロバットの方々なのかな⁉と思うほど、綺麗にトンボを返されてて〜息の合った見せ場を楽しませて頂いておりますでも、それまでにはいっぱいお稽古しないとならないのですね師匠の支度のお手伝いに、ご自分の練習も〜お稽古中も皆さま大変そぉですね

    それにしても、おもだか一門の役者さんは立師の猿四郎さま始め、名題下の方々もたくさんいらっしゃって、毎回どなたが出演されているのか。。。探すのも楽しみになっています

    今月は千穐楽まで。。。ラスト3日!
    お怪我のないよぉに

    [ orcamomo ]

    2016/6/24(金) 午前 7:24

    返信する
  • 顔アイコン

    オリーブさん
    トンボを返しているのは主役の方で、私たちはトンボ返りと云っております。
    私の若い頃は女形もトンボ返りもしておりました(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午前 7:25

    返信する
  • 顔アイコン

    bigtreeさん
    そうそう!横須賀の歌舞伎講座でこの縄抜け みな様に実演して頂きましたね(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午前 7:26

    返信する
  • 顔アイコン

    まんまるさん
    もちろん私もやっておりました!
    若いっていいですね(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午前 7:28

    返信する
  • 顔アイコン

    桃さん
    歌舞伎の一つの見せ場が立ち回りですね(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午前 7:29

    返信する
  • 顔アイコン

    タブさん
    立ち回りにはゆったりとしたものと、とても速いものと、
    アクセントが大事ですね。(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午前 7:31

    返信する
  • 顔アイコン

    ハーミアさん
    立ち回りに出ていたころの私を 認識してくださった方は 少ないでしょうね(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午前 7:32

    返信する
  • 顔アイコン

    どしゃこさん
    随分と長い間 あの手法は変わっておりません(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午前 7:33

    返信する
  • 顔アイコン

    kaz*k*122*さん
    時々 戻りの切符が出ているので、そのチェックも大事ですね(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午前 7:34

    返信する
  • 顔アイコン

    にうにう将軍さん
    立ち回りは、お客様の期待感が感じられます(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午前 7:36

    返信する
  • 顔アイコン

    kyo*k*fanさん
    独道中五十三驛の化け猫のモデルになった 操られる田舎女の復活も八重之助さんからでした。

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午前 7:39

    返信する
  • 顔アイコン

    まどんなさん
    歌舞伎講座を思い出して下さり うれしく思います(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午前 7:40

    返信する
  • 顔アイコン

    bra**fiel*さん
    お稽古場での立ち回りは みんな緊張の糸が張り詰めておりました(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午前 7:41

    返信する
  • 顔アイコン

    orcamomoさん
    一門だけのお芝居でしたら、役者さんの顔も分かりやすいですが、合同公演だと 誰が誰だか?わかりませんよね(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午前 7:42

    返信する
  • こんにちは
    小金吾の立ち回り、見ごたえありました〜。楽しかった🎵

    私の斜め前方に、外国の学生と思われるBoy数人(歌舞伎鑑賞が課題だったのかしら?)。
    この時ばかりは起きて見いってました。
    歌舞伎に興味を持つきっかけになればいいですね。

    [ メロメロビーム甘風 ]

    2016/6/24(金) 午後 5:31

    返信する
  • 顔アイコン

    メロメロビーム甘風さん
    きっかけは何でもいいので、歌舞伎を長く見てほしいですね(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2016/6/24(金) 午後 9:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事