ここから本文です
市川猿三郎 二輪草紙
歌舞伎役者 市川延夫改め二代目市川猿三郎。 公演などのご案内、過去現在にわたっての様々なことを思いつくまま書き綴ってまいります。

書庫全体表示

とはまほし

『令和』の元号発表以来、万葉集が飛ぶように
売れているそうですね。(笑)

朝の情報番組でもこの万葉集に触れておりました。
私は勉強不足で、どうも万葉集の事はよくわかりませんが・・・。


歌そのものは難しいのですが、訳して下さると
なるほど 面白いものが多かったです。(笑)

それこそ、恋文であったり 不倫関係の歌だったり(笑)

お料理のレシピのような歌まであるそうです。

食べる事はともかく、ビックリしたのは、食べた後
トイレの臭いの話も歌になっているとか・・・。


もっとも奈良時代と云えど、今の人間の行動と
なんら変わりはありません(笑)

万葉集は生活感あふれた歌だと云う事がよくわかりました。

歌を詠むだけではなく この万葉集の歌を数種送って、謎解きのように
恋人に自分の気持ちを伝えた、と云う使われ方もしていたそうです。。




そこで思い出しましたたのが 先日お亡くなりになられた
スーパー歌舞伎の生みの親でもある梅原猛先生。

その作品のひとつに『オグリ』がございます。

中世のお話で、歌舞伎の『當世流小栗判官』を書き換えたものです。


そのお話しの中で、小栗判官藤原正清がまだ見ぬ恋人
照手姫に当てて百人一首の歌を贈ります。

「久方の光のどけき春の日に しず心なく 花の散るらむ」
「有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂き物はなし」 
「花の色は移りにけりな徒に 我が身世にふる眺めせし間に」
「大江山幾野の道の遠ければ まだふみも見ず天の橋」
「住之江の岸に寄る波寄るさえや 夢の通い路人目よくらむ」

(これらはすべてが万葉集からの出典というわけではありません)


この謎かけは、歌を詠んだ人にございます。

それぞれ上から、紀友則 壬生忠岑 小野小町 小式部内侍 藤原敏行
この頭文字をとって 「き み お こ ふ」=「君を恋ふ」


この謎かけを見事に解き明かした照手姫。

照手姫は、これに対して源氏物語で返します。

「なでしこの常なつかしき帚木の 心を知らで松風ぞふく」
「声はせで身をのみ焦がす蛍こそ 蔭と頼みし椎が下かな」

この二つの歌は、源氏物語五十四の巻の内 
「常夏」「帚木」「松風」「蛍」「椎が下」
五つの巻の名をそれぞれ 組み合わせて作ってあります。


それぞれの巻の名の頭文字を取ると「と は ま ほ し」
となります。


古語辞典で調べましたが、「とは」 とふ=ハ四「とふ」未 とありました。


まほし=願望助動詞「まほし」止 とありました。

「まほし」は、自己の願望も、あつらえ望む意味も、両方あるから、
「〜たい」「〜てほしい」のいずれでも訳し得ます。

と ありました。

このあたり、うまく説明する
知識が少し私にはかけております。

とおて(問うて=訪問して)きてほしい
という感じでしょうか。

私の知識不足は、物語の中の小栗判官に託します。


この謎かけをまたまた見事に解いた小栗判官藤原正清


お芝居の中では「訪ねて来い」と訳しており これによって
小栗判官が照手姫のもとへ走り 恋仲となるのです。



恋をする時でも この時代の人はかなりの知識が必要でしたね。

この時代に生まれなくて良かった(笑)

ですがこの後にこの二人には とてつもない試練が待っておりました。(笑)


この「オグリ」も再演が望まれるスーパー歌舞伎の一つです。(笑)

万葉集から思いがけない所へ 飛んでしまいました。

「花の色は移りにけりな徒に 我が身世にふる眺めせし間に」

桜の花は眺めていても いつかは散ってしまうように 
美女と云われた私(小野小町)も やがては老いてこの世を去って行く。

単に美しいだけでは 誰の心にも残りませんものね。

と、云うような意味だそうです。



東京の桜も今日の雨で、だいぶ散ってしまったようです。
散るから惜しまれる桜、でも今年はずいぶん 楽しませて貰いました。

歌舞伎にもご縁の深い和歌 万葉集から百人一首 源氏物語と
日本には優れた文化がございますね。

  • 顔アイコン

    猿三郎さん、今日はひときわロマンチックなお話ですね。「令和」がきっかけで、万葉集が飛ぶように売れるというのは、微笑ましくもあり、うれしくもある話題です。
    さて、「とはまほし」は、「問はまほし」(訪はまほし)ですね。
    古語の「問ふ」は「訪ふ」に通じますので、「(私の所に)訪ねて来て欲しい」・・・・いやはや、照手姫は積極的です!

    そうそう、「演劇界」今月号のインタビューで、猿之助さんが、「オグリ」をスーパー歌舞伎セカンドとして再演したい、とお話しされていました。
    ビデオで一部分しか見たことのない「オグリ」。小栗判官と照手姫に、舞台の上で会いたいものです。

    [ ぷ〜星人 ]

    2019/4/8(月) 午後 9:32

    返信する
  • 顔アイコン

    万葉集、売れても何人の人が最後まで読めるでしょうか(笑)?日本人は直ぐ飛びつくから・・・。
    いつも思うのですが昔の人って凄いですよね〜。そして、現代に至るまでの言葉の変化も知りたいですね。昔の人が私達の会話を聞いたら分からなったりするのでしょうね。「なんで例えないんだよ」とか思ちゃったりして…(笑)。
    今日は無事に母と黒塚を観て来られました。私はどど〜っと疲れが・・・。でも、母も満足したみたいなので良かったです♪あ、そうそう!黒塚の時に私の後ろの席のご夫婦がイビキを掻きながら寝ているんですよ!マッタク・・・私も鬼女になりそうでした(笑)!

    [ まんまる ]

    2019/4/8(月) 午後 10:39

    返信する
  • 今晩は。
    万葉集ブームですね(笑)。
    日本の古典か注目されるのは良い事です。有名な和歌ばかりですね。全て百人一首に選ばれています❗️
    歌舞伎にも関係があるのですね。きっかけはどうであれ、和歌で世界が広がる、素敵です。
    小栗判官の話、ちゃんと知りたいですね。観ていませんので。壮大なラブロマンスを想像します。

    [ たね ]

    2019/4/8(月) 午後 10:46

    返信する
  • 万葉集は、額田王の歌が有名ですよね🤗天智天皇と天武天皇との三角関係😎😎
    恋の歌や、小栗判官のお話素敵ですね❕❕スーパー歌舞伎の「オグリ」って、このお話なんですか❔ワァ、是非観たいです🥰🥰猿之助さん、やってくれないかなぁ〜。

    [ mon***** ]

    2019/4/8(月) 午後 11:18

    返信する
  • 顔アイコン

    猿三郎さまを囲む、古の雅なサロンのような(笑)
    勿論女人ばかり!女形で主催をお願いいたします(笑)

    「千早振る」の在原業平が、「かきつばた」が隠れ
    た歌を詠んだと習いましたが、昔の貴族は、水茎の
    跡も麗しくないといけないでしょうし、紙も選び、
    焚きしめる香にもセンスが必要で、文の中身は更に
    高度、となりますと。

    墨・硯にもお詳しいと漏れ聞く、某四代目ならクリ
    アされるのではないでしょうか(笑)『オグリ』お
    待ちいたしております。 削除

    [ ハーミア ]

    2019/4/8(月) 午後 11:38

    返信する
  • 日本文学というと難しく感じます。照手姫と小栗判官の謎かけのお話は素敵でした。
    万葉集もよくわかりませんが百人一首の歌はリズムと綺麗な言葉が読まれていてよくわかりませんが読みたくなるような美しさだなあ思います。文学も芸術の中の一つなのは確かな事ですね。

    [ なみ ]

    2019/4/9(火) 午前 4:12

    返信する
  • 日本の優れた文化である歌舞伎、本日御園座で観てまいりました。
    花道脇のお席で、芝翫さんの迫力満点の引っ込みを間近で拝見して大満足してきました。
    若手の皆さんも、すばらしかったです。

    [ こなつ ]

    2019/4/9(火) 午前 5:34

    返信する
  • 猿三郎丈、おはようございます!
    「とはまほし」のお話を大変興味深く拝読いたしました。分かりやすく、次に繋がる話題で、嬉しく思います。

    『オグリ』➡『万葉集』➡『百人一首』➡『源氏物語』。どんどん繋がって行きますね。この先には、『スーパー歌舞伎II』での再演が待っていることを強く強く願っております!

    猿三郎丈のブログ、桜吹雪、青空、富士山。今日も、朝から爽やかなスタートがきれました。感謝!

    今日も、素敵な一日を!!

    [ まどんな ]

    2019/4/9(火) 午前 7:44

    返信する
  • 顔アイコン

    ぷ〜星人さん
    古典はロマンがあります。
    そうそう、『オグリ』の中で小栗判官藤原正清のかかる病がロマンの病と命名されます。(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2019/4/9(火) 午前 7:51

    返信する
  • 顔アイコン

    まんまるさん
    通の方は別として、今のお客様 まずはしっかり見てみよう!
    と云う心構えが少ないような・・・。(笑)
    そんなに難しいお芝居ではないのですがね。(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2019/4/9(火) 午前 7:55

    返信する
  • 顔アイコン

    たねさん
    『オグリ』歌舞伎鑑賞教室での初めて見た当時の高校生が熱狂しました。(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2019/4/9(火) 午前 7:56

    返信する
  • 顔アイコン

    mon*****さん
    再演があればいいですね。(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2019/4/9(火) 午前 7:57

    返信する
  • 顔アイコン

    ハーミアさん
    千年以上前の歌が現代でも通用すると云うのは、凄いですね。(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2019/4/9(火) 午前 8:00

    返信する
  • 顔アイコン

    なみさん
    文字の発明、歌の風流さ、どれもが人としての自然な生き方を活かしているものですね。(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2019/4/9(火) 午前 8:02

    返信する
  • 顔アイコン

    こなつさん
    舞台の迫力が手に取るようなご感想でした。(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2019/4/9(火) 午前 8:03

    返信する
  • 顔アイコン

    まどんなさん
    発想を飛ばす、歌舞伎はそこから始まっているのでしょうか?(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2019/4/9(火) 午前 8:04

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事