ここから本文です
市川猿三郎 二輪草紙
歌舞伎役者 市川延夫改め二代目市川猿三郎。 公演などのご案内、過去現在にわたっての様々なことを思いつくまま書き綴ってまいります。

書庫全体表示

一巡目のお稽古

今日も暖かい日となりましたね。

連日の「女殺油地獄」のお稽古,段々と熱をおびて参りました。

今は1場面ずつを固めて行っておりますので なかなか進みません
私は一昨日と昨日は、出番がありませんでした。

もっとも私以外にもこれまでの1日 出番のない人も多く居りましたが、
普段の歌舞伎と違って 今回は出番がなくてもお稽古に参加して 
ひとつの物を作り上げて行く、と云う気持ちに変わりはありません


どなたかがコメント欄で「このお芝居、四方が客席と云う事は
ボクシングか、プロレスの試合みたいな作りでしょうか?」と

まさにその通りですね。(笑)

舞台と云うよりなんか、リングか?
相撲の土俵に、上がるような感じのお芝居です。

真ん中四方は 少し高い舞台のようですが、とりあえずの正面として、
後ろ奥に花道のような出入りの道があり その他、
正面両側の対角線上に通路花道がある設定になっております。

出演者はいろんな所から登場して 色んなところへ退場します。

お芝居も舞台だけではなく所謂 リングサイドの場外での
お芝居もありますので・・・。


と、私たちは云われておりますが、このブログをお読みの
読者の皆様方とご同様、ただ なんとなくわかっているだけで 
どうもまだ実感がわきません(笑)

ひとつ云える事はもちろん 大きな道具は使えないと云う事です。

幕や回り舞台もありませんから場面の転換も、
照明が重要となって参りますね。

お客様の想像にほとんどを委ねる訳ですから 
逆に、わかりやすいお芝居にしないと お客様の苦痛となります。

そこのところ一番、懸念される処ではあります。

お客様が苦痛を感じる間もなく のめり込んで頂ける舞台を目指して
試行錯誤のお稽古がつづいております。

ですが、今日でひと通り 最後までのたたき台のお稽古が終わりました。

そして明日は1日 オフとなりました。

と云うのは私たちだけで、獅童さんはこのお稽古と並行して
超歌舞伎のお稽古もされているのだそうで、明日はそちらのお稽古に
向かわれるそうです。

今月末 4月27日(土)28日(日)両日とも13時と16時

幕張メッセのイベントホールにおきましての「ニコニコ超会議2019」
そこで上演されるアニメ映像との合体での超歌舞伎 

『今昔饗宴千本桜 (はなくらべ せんぼんさくら)』

「女殺油地獄」よりも先にこの本番があるそうです。

中村獅童さん 一座の長ともなると やはり大変ですね。

  • ワァ、もう舞台の構造だけで、超面白いです😀猿三郎さんにとって、新しいご経験なのでしょうに、それを楽しんでいらっしゃるのがやはりプロだなぁ〜と感心しています🤗あっ、でも猿三郎さんはディズニーランドが好きだから、大丈夫❕❕(私も大好き。後輩から、ミッキーの顔が変わったって聞いてショック🥺)舞台もショーと同じでどんどん進化していくものですよね🥰中村獅童さんも、色々な新しい試みをされてますね❕そして、同じ空間で猿之助さんが古典❔(こちらもどんどん進化しているとTwitterにあがってました〜。凄いなぁ❣️)を踊ってる〜🥳とても不思議な感じがします🥰

    [ mon***** ]

    2019/4/18(木) 午後 9:29

    返信する
  • 獅童さん 個性を全面に出して表現されていると思います。かわいい息子さんの成長 インスタグラムで癒されます。獅童さん 幸四郎さんと同年の私。そして私の母と猿三郎さんと同年です。
    ですので各々応援しています。

    [ なみ ]

    2019/4/18(木) 午後 10:28

    返信する
  • 顔アイコン

    明日お休みで、明後日お稽古に行ったら、台詞も演出も何もかも変わっていたら、、、面白いですね(笑)。

    [ まんまる ]

    2019/4/18(木) 午後 10:37

    返信する
  • 猿三郎様こんばんは😃
    四方からかぁ〜見られる側はビクビクものですが(苦笑)観る側には魅力有る舞台ですね。異なる角度から観るだけで捉え方も異なりそうですもの。更に空席の中のお稽古から満席の本舞台に変わると又新たな発見が生まれそうですね。客席も舞台の一部…かな?以前観た舞台が正に客席一体型でしたね。主演の方が通路席に居た私の真横で演技!緊張しすぎて手元しか見れず…(汗)今回も同じ経験をする方が沢山いらっしゃるでしょうね。

    [ bra**fiel* ]

    2019/4/18(木) 午後 11:31

    返信する
  • 初めて初音ミクとの共演を聞いた時には、ずいぶんと驚きました(笑)。新しいもの好きとチャレンジ精神は、歌舞伎の進化の栄養素と云ったところでしょうか。今回の「女殺油地獄」も新しき挑戦ですものね。

    実は四方が客席のお芝居を観に行ったことがあるのですが、装置が無いことへの違和感はありませんでした。
    でも、観客は油断が出来ないのです!舞台から花道へはける人を目で追っている間に、別の花道から誰かが登場していて、舞台上にいつのまにやら人が増えてる…みたいな感じでした(笑)

    [ こなつ ]

    2019/4/19(金) 午前 0:49

    返信する
  • 顔アイコン

    mon*****さん
    斬新的なものを知って、古典の深みが分かり 古典を踏まえて 斬新的なもの挑戦する。これ猿翁旦那の教えですね。(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2019/4/19(金) 午前 9:12

    返信する
  • 顔アイコン

    なみさん
    なんか、微妙な関係(笑)
    でも 素直にありがとうございます。

    [ 猿三郎 ]

    2019/4/19(金) 午前 9:13

    返信する
  • 顔アイコン

    まんまるさん
    昨日までは一応 叩き台でしたから、1日で考え方が変わり そんな事もあるかも知れません(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2019/4/19(金) 午前 9:14

    返信する
  • 顔アイコン

    bra**fiel*さん
    お客様を巻き込んじゃうかも知れませんね。(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2019/4/19(金) 午前 9:15

    返信する
  • 顔アイコン

    こなつさん
    あははは!そんな事があるかも?の演出です。(笑)

    [ 猿三郎 ]

    2019/4/19(金) 午前 9:17

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事