ここから本文です
市川猿三郎 二輪草紙
歌舞伎役者 市川延夫改め二代目市川猿三郎。 公演などのご案内、過去現在にわたっての様々なことを思いつくまま書き綴ってまいります。

書庫全体表示

記事検索
検索

全793ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ほろ苦い経験

今月の歌舞伎座『三月大歌舞伎』
並びました演目に私 少しほろ苦い経験を持っております。


昼の部『傾城反魂香』に登場致します狩野雅楽之助。
夜の部『盛綱陣屋』に登場致します信楽太郎。

これらは注進と云われるもので、戦線の状況を伝えるお役。

一人で出てきて、暴れるだけ暴れて かっこよく引っ込んで参ります。
歌舞伎ならではの演出ですね。(笑)



名題試験の事については以前にも何回も書かせて頂きましたが
少しお付き合いくださいませ。
これら注進と云うのは 実は、名題試験の題材となる事が多いのです。


私が5回目の名題試験でようやく合格させて頂いたのは
このブログの読者なら、よくご存じですね。(笑)

歌舞伎の初舞台か、それに応じた舞台から最低10年、
歌舞伎の世界で修行して名題試験がやっと受けられる資格が得られます。


但しこれはあくまでも規定であって ほとんどの人はお弟子となって
10年以上の年月が必要であり 直接のお師匠さんからの
推薦がないと受けることができません



私も子役時代を別として、10年目で受けさせて頂きましたが見事不合格。

その後15年間で5回受験いたしました。

単純計算、20歳でこの世界に入って30歳の時に受けて不合格
さらに15年かかってやっと合格した時には45歳でした。

すべての人がこれには当てはまりませんが・・・。


この名題試験の題材となったのが雅樂之助が2回、
夜の部の白浪五人男の赤星十三郎が1回 
5回のうち3回落ちたのがこれらの演目です。(笑)

あと1回の不合格・・・、ま それは・・・。(笑)

そして、5回目で合格した時の演目が『盛綱陣屋』の注進、信楽太郎。


なんと今月、私の名題試験に影響した演目が、図らずも
ずら〜っと並んでおります。 ほろ苦い経験でした。(笑)
今月のチラシを見た時は 正直・・・なんやねんこれ・・・



名題試験に合格してからもう20数年が経ちました。 
こんなにかかりましたが その遠回りすら 今では私 
良かったと思っております。

現在やっと生活にもゆとりが持て、毎日楽しく舞台に
立たせて頂いております。


ただ、今の若い名題下さんたち、現在歌舞伎をやめて行く人が
後を絶ちません
最近は10年以上勤めて来たのに やめてしまう人も多いのです。


何年もかけて名題試験を受け それも合格するとは限らない。
いつまでも三階の大部屋俳優では居たくない。

若い人たちにとっては 覚えるものはたくさんある 
毎月の仕事の時間は不規則 原則休日はなし 拘束時間は長い


それなのにあいている時間は踊りや三味線 唄のお稽古。

それぞれの人にも生活があり、収入もなかなか上がらない
お稽古ごとの月謝はかかる

やめて行くしかないその気持ちもよくわかります。


ですが、舞台と云うもの 役者と云うものは 
それらをひっくるめて すべてが肥沃となります。

歌舞伎はマラソンと違ってゴールは見えません

私たちが弁天小僧を・・盛綱を・・歌舞伎座でひと月やりたいと思っても
所詮それは無理です。お客様が入りません(笑)


でも舞台では自分がどの立場に居ても 輝くことはできます。

歌舞伎の役者は昨日今日の人が一朝一夕にはできないのです。

せっかく苦しい時を我慢して目指したものを
できれば若い人たちも自分自身で 輝くゴールを見つけて欲しいです。


今月の演目の名題試験の題材を見ながら 苦笑いしながら 
そんな事を振り返っておりました。(笑)


私もまだまだ現役、ゴールは見えませんが、道中楽しみながら
毎日 毎月 舞台をつとめさせて頂いております。

この記事に

五人男の着物

『弁天娘女男白浪』の幕開きに、ひとりの無宿人が登場します。

無宿人というのは狼の悪次郎。彼が、手代と話をしております。

「この間誂えた五枚の小袖はまだ染が出来ねえかえ。」

「あいにく お天気具合が悪いので友禅入りの模様ゆえ 
急に染が上がりませんで 大きに遅なわりましてございますが、
どうぞ夕方まで お待ちなすって下さいまし。」

ここで浜松屋の中をジロジロと調べながら帰って行く男。
この悪次郎は実は五人男の仲間なのです。

(のちに金の為に裏切って役人に知せるのもこの男です。)


そして注文した五枚の小袖こそ、稲瀬川の勢揃いにて
五人男が着ております着物の事なのです。

逃げて行く男たちが覚悟を決めて 目立つそろいの着物でお縄にかかる 
まこと歌舞伎と云うものは 派手にできております。(笑)


ここで云う稲瀬川は、実は隅田川。

舞台は鎌倉時代の場所も鎌倉に設定されておりますが、
誰が見ても江戸市中で江戸の物語だと分かりますね。

浜松屋も日本橋あたりの三井越後屋(三越)くらいでしょうか?(笑)


江戸時代末期に書かれた『青砥稿花紅彩画』
江戸市中で五人男と云う大盗賊が幅を利かせていたのでは、と
なにかと遠慮があったのでしょうね。(笑)


弁天小僧 モデルとなったのは17歳の時の五代目尾上菊五郎。

作者の二代目河竹新七(後の黙阿弥)はこの人の為にこの作品を書きました。
後に大名跡の菊五郎となるであろうと、菊之助と云う名前を
弁天小僧につけました。


その弁天小僧菊之助が『稲瀬川勢揃い』の時に着ている着物の柄が
紫縮緬(むらさきちりめん=これは五人男共通の生地)に
琵琶蛇菊柄(びわへびきくがら)

名前のとおりの菊の花と、江の島にゆかりある弁財天を象徴する楽器の琵琶と、
弁天様のお使いの白蛇が描かれております。


次いでに申しますと日本駄右衛門は、同じ生地の磁石碇綱(じしゃくいかりたづな)
立浪柄(たつなみがら)
白浪(=盗賊)を表す荒波に、方向を示す親玉と云う事で方位磁石と碇という柄です。


南郷力丸は稲妻(いなずま)と雷獣柄(らいじゅうがら)

船盗人の南郷の柄で雷獣の別名は「木貂(きてん)」とも言い、
ツラネの「どうで終(しま)いは木の空と」と云う意味は磔(はりつけ)の刑と
かけています。 唯一、手拭いを首に巻いて登場しているのも、
元漁師であることを象徴しております。


忠信利平は雲龍柄(うんりゅうがら)で 江戸育ちにもかかわらず、
西国のあちこちを荒し回る、神出鬼没の悪党ぶりを雲龍にたとえたもの。


赤星十三郎は星鶏柄(ほしにとりがら)
武家の小姓から盗賊になった赤星の柄は、朝の時を告げる鶏(にわとり)と
暁の明星にちなんだ星(北斗七星)


それぞれが凝った染め物の柄になっているのですが、五人男が並んで
着物の後ろの柄が見えるのは、花道で駄右衛門が出て来るまでの
待っている四人と、本舞台へ入ってから 捕り手が出て来るまでの一瞬ですから、
難しいとは思いますが、目を凝らしてこの衣裳の柄を見て頂きたいと思います。(笑)

この記事に

弁天小僧の裏側

歌舞伎座『三月大歌舞伎』も中日を過ぎました。
夜の部では幸四郎さんと、猿之助さんによる『弁天娘女男白浪』が
ダブルキャストで上演されて評判を呼んでおりますね。

そこで今日と明日にわたり 弁天小僧のお話を少し書かせて頂きます。


先日も申し上げました通り、通し狂言で上演する場合は『青砥稿花紅彩絵』
読み方はもう分かりましたか?(笑)

今回のように『弁天娘女男白浪』ですと、通しの部分がかなり割愛されて
上演されており お話がこじんまりとしているのです。


弁天小僧が娘の姿で、南郷力丸と二人で浜松屋を訪れ 
山形屋で買った品をわざと盗んだように見せかけて 
店の手代や番頭に殴らせてお金を要求する 所謂、強請りたかりの仕業を 
浜松屋に来ていた日本駄右衛門が見破ります。


ここで「はてな?」と お思いの方はおられませんか?

日本駄右衛門と弁天小僧、南郷力丸は五人男の仲間ですよね。(笑)

なんで親玉があえて子分の強請りたかりを 見破ったのでしょうか?
つまりここに、割愛された部分の大事さがございます。


弁天小僧が額に傷をつけられ膏薬代として
「たかが二十両で、帰っちゃ弁天小僧の名折れだ!」
と云う意味の台詞で 居直りますが その時、
南郷力丸が日本駄右衛門の様子を見て キセルで帰れと云う仕草を
弁天に伝えます。

ここで駄右衛門は「ここはもういい 後は任せろ」と云った感じですね。


これで日本駄右衛門は、強請りを未然に防いだと云う事で
浜松屋の信用を得ます。


そして次に 実は「蔵前」と云う場面があるのですが、
駄右衛門が 奥に通された後 浜松屋幸兵衛に刀を突きつけ
「有り金全部出せ」と 要求します。


ここまで書きましたら もうおわかりですね。

弁天小僧の娘姿を見破り 強請を止めたのもこれが目的!(笑)


弁天小僧と南郷力丸が再び取って返して 浜松屋の蔵前で
駄右衛門と合流します。

ですが、ここで思わぬ事実が判明します。


浜松屋幸兵衛を殺そうとした日本駄右衛門 
それを止めに入った倅 宗之助。

実はこの宗之助が、子供の時に捨てた日本駄右衛門の息子とわかります。

さらに弁天小僧が、人込みで迷子となり生き別れた浜松屋幸兵衛の息子と判明。


決してここで「世間狭!!」と思ってはいけません(笑)
それが歌舞伎ってものなのです(笑)

話を戻します。

二つの事実が判明した時に役人の手が回り これが年貢の納め時と
三人が浜松屋を後にして それぞれが ちりじりに逃げて行くのです。

そしてあるところで落合い 衣裳もそろえ、稲瀬川へと向かって行くのです。


と云った流れが、本来の物語です。


さらに もう一つ 本筋とは直接関係ないのですが、
いつもの「浜松屋」の場面が終わって 弁天小僧と南郷力丸が
花道を入った後、通しの場合この後に物語がつづきます。

「浜松屋」と「蔵前」の間の話です


弁天小僧を算盤で殴った番頭が、失態をやらかしたが故 
浜松屋にはもう居られないと思い 帳場の金を盗んで逃げようと致します。

ここで丁稚二人がこれを見つけ 番頭さんと立ち回りになって
番頭さんを捕まえると云う場面がございます。

ですが、今ではほとんど上演されませんね。


こう云ったながれも知っておかれるとお話が
もっと楽しくなるかと思います。

  

この記事に

はまってました。

昨日の桜餅のお話、いろいろな出身地の「桜餅」のコメント
ありがとうございました。

コメントでも頂きましたが、調べております最中に一番気になったのが
「道明寺」と「長命寺」の分布でした。

ネットで調べますと、結構色々な分布図が出て来るのですが、
関東風の「長命寺」は、関東一帯となぜか島根、鳥取。
そして東北の一部に伝わっているようです。

それ以外の地域は概ね「道明寺」だとか。

この分布、映画の名作『砂の器』に出て来る東北弁と出雲弁が
非常に似ている という物語の キーになる事実と
非常に似ているのです。(笑)
面白いなあ〜と 興味深く感じました。


「長命寺」が 島根や東北に伝わった理由についての説も 
いくつか出て参りました

興味のある方は 検索してみてください。


普段普通に食べているものでも 場所によっては全く違う由来を
持っていたりして そう云ったものを調べてみるのも楽しいですね。


また、今では当たり前にあるものの 誕生秘話も面白い!!

と書いておりましたら、ピンと来られる方も おられます?
そうです、朝ドラ『まんぷく』

今回は『あまちゃん』以来の大ハマりをしておりまして、
毎日楽しく見ております。


最近は家人の出勤時間の関係で、7時半のBSを字幕なしで見まして、
8時からのは 1人で字幕を付けてと云った風に 毎朝2回見てます。

時には「今日のやつ もう一度ゆっくり見たい」と云われまして
夕食時に録画してありますものを もう一度見たりしまして、
15分のドラマを 1日3回も見てしまう事も(笑)


確かに、産みの苦しみ、見ていても 苦しい週や日もございますが、
主人公一家だけではなく、お姉さん一家のパートや 喫茶店パートと
それぞれが たった15分の中でもテンポよく切り替わって
飽きさせませんね。


ラーメンの開発中なんて、お湯を入れたところで「つづく」・・・

え〜ラーメン3分やん!私24時間近く(正確には23時間45分)
待たなあかんやん〜!!!成功したの?せんかったの?
と朝から絶叫(笑)

なんだかんだと 1話も欠かさずに見ました『まんぷく』も
後2週になってしまいましたのが寂しくてたまりません。
すっかりと 朝の6時半に自然起床のサイクルが 
体に染みついてしまいましたので しばらく困りそうです。


同じく、テレビ大好き人間の私が 今季必死に見てましたのが
『相棒』を除きましたらたった一つという 珍しいクールでした。

途中から見始めたり、途中で挫折したりは けっこうありましたが。


その唯一のドラマが・・・なんだと思います?
結構意外なモノかも知れません(笑)

なんと『ハケン占い師アタル』

なんとなく第一話を見ましたら なんだかとっても不思議なドラマ。
その空気感と共に 続きが気になりまして、結局先日の最終回まで
全て楽しみにしておりました。

一話一話が独立しているように見えて それぞれが繋がって
最後に向けて 一つにつながっていると云ったような。
不思議なキャラの人たちが 一つになって行く姿を
毎週楽しみにしておりました。
楽しめるドラマでした。

私の大好きな女優の 若村麻由美さんも普段見ている解剖医と
全く違ったキャラでした。
・・・今回はあなたの目力が・・・圧が・・・すごいって。
(わかるひとにしかわからないネタですみません)


来期は、結構続いてみているドラマの 新しいシリーズも
沢山始まるみたいですので、これまた楽しみです。

若村さんも安定の 早月先生でまた会えると思いますと
嬉しいですね。

深夜ドラマはあまり見ない家人も 何やら一つ目をつけて
いるドラマがあるようですし。

ますますのテレビっ子猿三郎になりそうな4月期です。

この記事に

桜・・・の季節

早くも今年も桜の季節がやって来ましたね。

それとは別に 花粉の季節も真っ只中?
私は幸いなことに、花粉症ではないようですので、
毎年他人事としてニュースを聞いております。


が、桜の開花予想は、他人事ではございません。

一昨年こそ歌舞伎座でしたが、去年は松竹座、2016年は博多座、
遡って、松竹座、松竹座、こんぴら歌舞伎、
と実は近年4月は、東京以外の公演がとても多かったのです。


4月が地方公演ですと 3月末に移動致しますので、
それまでに近所の石神井川の桜が 咲いてくれるかしら・・・と云うのが、
毎年 3月末の気になる処。

今年は、少し早めの開花予想が出ておりますね。
さて、私はどこで桜を見る事になりますやら・・・(笑)


そんな中、先日滅多に「お土産」なるものを買ってこない家人が
仕事の帰りに珍しく 買ってまいりましたのが 桜餅。

今の通勤経路、帰りに前を通って気になっていたとのこと。


実は私も、以前ブログのネタにいたしまして、一度現物を
出して改めて書きたいと思っていたのですが、そのままに。

一体いつだったかなと、調べてみましたら、2011年。
なんと8年も前の事でした(笑)


もう覚えておられる方も、多くないでしょうから改めて。



大阪生まれの大阪育ちの私、東京に来て、食べ物関連で驚いた事は
たくさんございますが、その一つがこの「桜餅」でした。

東京で見た「桜餅」

これ一体何??はてなが大量に飛んだことを 覚えております。


写真をご覧下さい。

イメージ 1


左側が私が生まれ育った関西の「桜餅」
右側が東京など関東で売っている「桜餅」

どちらも桜餅なんですね。ですが、桜の葉と色がピンクな事を
除きましたら、全く形状が違います。


関西の方は「道明寺(桜餅)」
関東の方は「長命寺(桜餅)」と呼ばれております。


関西の物は、もち米を蒸して干して砕いて作った「道明寺粉」を
使い、その中に餡を入れる形をしております。
米の粒のようなものが残っておりますので、半搗きのもち米かと
勝手に思っておりましたら、違いましたね。


関東の物は、小麦粉を溶いたものを焼いて皮を作り、
餡を包み込む(巻いているものもあり)形になっております。
元々、長命寺の門番をしていた方が 門前に店を開いて、
そこで売り出したものが もとになっている事が「長命寺」と
呼ばれる由縁だそうです。


昔は、東京では 関西風のいわゆる「道明寺」は 
あまり見かけなかった 気がいたしますが、最近結構スーパーなどでも 
普通に見かけるように なって来たように思います。


逆に、関西では本当に 長命寺の方は 見た事がございませんでしたが、
今現在では どうなんでしょうね?出回っているのかな?


ちなみに、買ってきたお店では どういう風に売っていたのかと
聞きましたところ・・・

関東の「長命寺」の方は そのまま「桜餅」と
関西の「道明寺」の方は その名も「道明寺」として
ケースに入っていたらしいです。

つい、癖で「桜餅 両方一つずつ下さい」と云ったそうなのですが、
お店の人に「はぁ?」と怪訝そうな顔をされたとか(笑)

こちらでは 「道明寺」はどこまで行っても「道明寺」であって
桜餅ではありえないのですね(笑)


そんな地域の違いを感じながら、そろそろ桜の季節だなあと
今朝の食事後のデザートして美味しく頂いた 二種類の桜餅でした。


ところで、ブログを書くにあたりまして 少し調べましたら、
単に関西と関東の違いだと思っておりました この「桜餅」
分布図が江戸時代の交易ルートなどと関係して
案外複雑に 入り混じっているようです。

ちなみに歌舞伎では西の『菅原伝授寺習鑑 道明寺の場』

東の『都鳥廓白浪(忍ぶの惣太)長命寺堤の場』と云うのがございます。


皆様の地域では どちらの物を何と呼んで売られているのでしょう?
ちょっと気になってしまいました。

この記事に

全793ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事