ここから本文です
市川猿三郎 二輪草紙
歌舞伎役者 市川延夫改め二代目市川猿三郎。 公演などのご案内、過去現在にわたっての様々なことを思いつくまま書き綴ってまいります。

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

怒涛のひと月

皆さま、今日のブログをお読みの頃は、テレビ朝日の『Qさま!』を
御覧の後で すべての結果を御存じの事だとおもいます。


まだご覧になられていない方は この後に結果がありますので、
ご覧になられてから お読みいただけましたらと思います。





市川猿三郎、なんとも不甲斐ない成績で 申し訳ありませんでした。
お詫びを申し上げます。(笑)

数少ない、猿三郎ファン・・・
恐らく義父母とか、義妹とか、親戚とか・・・くらいでしょうが、
応援してくださいました方 申し訳ございませんでした。


でも、テレビのクイズ的には 猿之助さんの独り舞台ともいえる
あり様で、楽しまれた事と存じます。(笑)

さすが、最後は猿之助さんが 持って行きますね〜。

私も早い時間にリタイヤ 致しましたので、お客さまと一緒に
番組を楽しむことができました。(笑)


ただ、言い訳にはなりますが 先日の『ぶっちゃけ寺』同様、私一人が
ギリギリまで舞台に立っております。

明治座の出番終了後 猿之助さん以下 役者さん方 さまぁ〜ずのお二人 
優香さん 見届け人の方 テレビ局のスタッフ すべてが私待ちでございました。


タクシーで駆けつけましたが 一番遅くテレビ局に
到着致し、着替えてすぐの収録となり 気持ちを整える間もなく
着替えながら、説明を受け、息をつく間もなく 本番となりました。 

この時点で思考能力 0 (涙)


ですから、一番最初の階段順位を決める問題で まず躓き 
結局 最後までそれが後に尾を引いてしまい 挽回もできませんでした。

私、早押しクイズは うちでやっておりましても大の苦手で 
この形式のクイズは 本領が発揮できませんでした。(残念!)

すべて云い訳です(笑)


でも2度目の『Qさま!』出演。 

楽しませて頂いた事に変わりはございません(笑)


もう一度、もし、出ることが叶いましたら・・・・嬉しいことこの上もございません

こんなに、ふがいない成績では ダメでしょうかねえ・・・
でも、もし今度 万が一もう一度の機会がございましたら 次は歌舞伎の対抗戦ではなく、
歌舞伎役者のチームとしての戦いも またしてみたい気がいたします。

宝塚との対抗戦とか。

チームワークばっちりですよ(笑)たぶん(笑)

今日は、チームワークばっちりの澤瀉屋一門の 写真です。

イメージ 1


(SNS等への写真の転載は ご遠慮くださいますよう お願いいたします)



思えば、収録は今日が月曜日ですので 先々週になりますが、
今月初めの明け方4時の舞台稽古に始まり 1週間後の
『ぶっちゃけ寺』の収録 そのまた1週間後の『Qさま!』の収録。 
それで終わりかと思いきや 思いがけない『男の花道』の代役と・・・。
 
この五月明治座花形歌舞伎、私にとって怒涛のひと月でございました。(笑) 



その、公演も明日1日となり、『ぶっちゃけ寺』『Qさま!』とともに
遠い昔の出来事のように感じます。(笑)


今日の舞台を・・・つつがなく。。。と思っておりましたが、案に相違のあの地震。


折しも、『男の花道』のクライマックス、

猿之助さん演じます「加賀屋歌右衛門」の 駆けつけの口上の真っ最中。

舞台は幕が閉まっておりまして、幕前に 猿之助さん、壱太郎さん、私の3人で、
「お願いでございます お願いでございます・・・・」の場面でした。

ごぉ〜という横揺れに 一瞬「あ・・・」と思いましたが、舞台中央の猿之助さんは
そのまま芝居を続けておられます。

私もそのままお芝居を続けまして、無事に滞りなく 舞台は幕になりました。



まさに・・・色々あります、今月の舞台。


波乱に満ちたひと月でしたが、今夜の『Qさま!』の猿之助さん同様、
「終わりよければ、すべて良し」と 行きたいと存じます。

明日千穐楽 

明日1日 よろしくお願い申し上げます。
  

この記事に

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事