左上腕骨内側

未だに、長い休憩中。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]

さかさまの白い薔薇

イメージ 1
夕方、雨の合間を利用して犬の散歩に出かけました。

いつもの公園の薔薇園は、ちょいと選定した後でしたので、少しばかり色味に欠けます。
薔薇の葉から落ちそうな水滴に、薔薇園全体を閉じこめてしまえ〜〜〜〜!!
なんて考えても、思うように撮れず・・・(´・ω・`)・・・

何だか、いつも中途半端な自らを映している気持ちになってしまいます。

この公園、何故か野良猫が減ってしまったので楽しみも減ってしまいました。
いつも遊んでくれたネコ。元気かな?      なんて。

菖蒲の名前

イメージ 1
去る22日の夕刻、新発田市の五十公野公園へ菖蒲・・・ではなく、本当はホタルを見に出かけてきました。
結論から書くと、日が落ちてもホタルと出逢えませんでした。オカシイナっと。


イメージ 2

イメージ 3
仕方なく(と言う訳ではありませんが)菖蒲を見て回ったのですが、菖蒲の名前を眺めていて感じた事ひとつ。
「寒紅梅」「秀英冠」「初夢」「鶴の舞」「日の出鶴」等々。。。
何だか、日本酒の銘柄みたいだなっと。


イメージ 4
変な感想に気を悪くしたのか、トノサマガエルがヒョッコリと顔を出してきました。
いやはや、素直に花を愛でずに申し訳ない。。。
国道7号線の山形県鶴岡市にある『道の駅あつみ「しゃりん」』に立ち寄りました。今年に入ってから3回目です。
そこで、短時間でしたけど、又しても磯遊びを・・・
生物それぞれの種名を書く自信が無いので、画像だけの羅列です(笑)


イメージ 1
下に、青い背をした魚の群れ。


イメージ 2

イメージ 3
上画像。中央下の右寄りに、藻と同化したかの様な色味の魚が数匹。
下画像。同種と思いますが、背景色が異なるだけで見やすくなりますね〜〜


イメージ 4

イメージ 5
アメフラシ〜〜。
アメフラシを食べる地域がありますし、貝や海草等と同じで、持ち帰ると怒られるのでしょうか?


イメージ 6
こちらも保護色。


イメージ 7
右下に、保護色と砂に埋もれて解りづらい、平べったい魚が1匹。分かり辛すぎの為に適当にシャッターを押していたら、何とか撮れていました。そてにしても分かり辛い。。。


今回も水に浸かるのはカメラと手のみでしたが、もう少し水温が上がったらドンブラコと潜って撮影したいものです。


イメージ 8
遊んだ後で「ラ・フランス(200円)」アイスを一気に食べ上げて・・・満足。

十六羅漢でコソコソと

イメージ 1
去る19日の午前11時。こんな昼食が目の前に置かれたのでした。
場所は秋田県にほど近い、山形県遊佐町の鳥海ブルーライン入口にある「サンセット十六羅漢」。
このメニューは「冷やし古代麺」850円。良く判らない雑穀麺の上に、アオサ(?)とトロロ等々が乗った冷たい麺と、プリンのセットなのでした。
トッピングが多いと食べ辛くて苦手です。なので変な感想ですが、予想と異なる、めったに食べられない食感でしたので、食べて正解。。。の味でした。


イメージ 2
ここに出かける切っ掛けとなった人と合流するには時間が有りましたので、食後の散歩。十六羅漢を見下ろすと、観光客と釣り人がイッパーイ!


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
海岸に咲く花々。普段は砂地で見ている花を岩場で見るのは新鮮です。
砂地だと四方に根を張り巡らせている種類は、岩の隙間に根を張らせている訳で・・・大変そうです。


イメージ 6
岩場では所々に水溜まりが見られますが、海水が打ち寄せた水溜まりが干上がると、当たり前の様に塩が出来ていました。ちょいと舐めると、確かにショッパイ・・・
水溜まりが雨水の場所は・・・・見ただけで痒くなる様な、ボウフラだらけでした。


遊佐町の海岸。何度訪れても良い所です。。。
イメージ 1

イメージ 2
外来種の中で、もっとも嫌われている1つ(だと思います)チャコウラナメクジを見つめていた犬。
どうでも良いものを、見つけてしまいましたか・・・

朝日に照らされて黄色く透ける体を見ると、キイロナメクジと呼ぶ地域もある理由が少し解る気がします。決して「美しい!」と言えないのがぁ〜〜ですけど。
3センチ程の幼体ですが、殻が付いていた名残が良く判りますね。
このチャコウラナメクジ、1950年代にアメリカから植物に混じって入り込んだ「非意図的導入」動物なのに、今や全国区で普通に見られる生き物になっていますね。農作物に被害を与える害虫としても嫌われていますが、根絶させるのは難しそうで。。。



イメージ 3
こちらも同種だと思うのですが、2センチ程の幼体の為なのか、模様がはっきりしません。





ナメクジに頼らざるを得ない程、ネタが無くて・・・

全76ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事