左上腕骨内側

未だに、長い休憩中。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

映画話です

映画館では、あまり映画を観ていない映画好きの戯言です。


最後に記事にした映画鑑賞話は「サンクタム」でしたが、その後も細々とですけど映画鑑賞に通っています。
それがまあ・・・館内に人が少なくて。。。通っている映画館が潰れるのではないかと本気で心配しています。
鑑賞した作品を、私を含めた人数を()内に書きつつ、簡単かつ歪な感想と共に以下に書いてみます。





昨年10月から観た映画。




「猿の惑星:創世記」(7人)
シーザー(主役の猿さん)カッコイイ! 次回作希望。


「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」(6人)
まあなんだ。アメリカ頑張れ。


「マネーボール」(7人)
野球を知らないのでメジャーリーグチームの経営なんて尚更解りませんが、昨年見た映画では何故だか一番良い作品だと思います。ホント、何故だろう?


「リアル・スティール」(オイラ1人!!)
だらしない父親が、息子のお陰で開眼する様な話。とても私好みでしたので次回作希望!


「けいおん!」(オジサンばかり8人)
友人に誘われて観に行きました・・・設定がよく解らずに撃沈。高校の卒業旅行でロンドン行きなんてすごいな〜と。





以下、今年。


「連合艦隊司令長官 山本五十六」(35人)
副題の「太平洋戦争70年目の真実」が宜しくありませんなぁ。新発見が有った訳でも無いのだし。これならば、1968年の同題名映画だけで良いのになぁ。なんて。
旧軍の提督映画を作りたいのならば、樋口希一郎中将目線のオトポール事件を作品にしたら良いのに・・・なんて。


「ロボジー」(4人)
技術者を馬鹿にしているのか(笑)ってな感じ。笑える映画と言うよりも、微笑ませられる作品でした。


「はやぶさ 遥かなる帰還」(9人)
役者に頼りすぎの気がして、作品としては残念な気分でした。
これならば、「はやぶさ」関係は ドキュメンタリーで十分かと。「はやぶさ」の便乗ならば、糸川博士の話を映画化すれば良かったのに・・・と。


「TIME」(3人)
悪評をネットで読んだ後でしたが、面白かったです。アメリカで起きた「99%デモ」の参加者達の鬱憤を現した作品なのかな?


「戦火の馬」(12人)
公開前の評判通りに良作だと思いますけど、細かな面でムニョムニョ・・ 馬刺食べたい。


「父の初七日」(4人)
久しぶりの台湾映画です。言語知識が無いと、これ程に字幕に頼らざるを得ないのかと・・目の動きが忙しすぎて疲れるのものですね。。。なんて、妙な感想を与えてくれました。
導入部での唄で不安を感じましたが、道教での葬儀への興味と少ない登場人物の心的描写が絶品でした。


「シャーロック・ホームズ シャドーゲーム」(13人)
前作と、甲乙付けがたいハチャメチャさでした。頭脳戦だけでなく、肉体戦も多いホームズで面白かったです。
結末を観るに・・・次回作、どの様にするのだろう? 


「バトルシップ」(16人)
宇宙人、もっと頑張って下さい。


「ももへの手紙」(約250人)
試写会で観ました。妖怪を身近に感じる世界って、何だか魅力的。


「ジョン・カーター」(4人)
SFの古典として期待していたら、近代の映画に成りすぎている気がしました。
「宇宙戦争」や「タイムマシン」等々も同様に思うのですが、何とも言い難いコレジャナイ感が。。。


「テルマエ・ロマエ」(約80人)
入浴が大好きなので、見た後すぐに日帰り温泉でくつろいできました。


「わが母の記」(約40人)
正統派の日本映画なので、安心して観る事が出来ました。この様な邦画をもっと観たいな〜っと。


「ロボット」(4人)
久しぶりのインド映画! 大きな声で言えない方法で以前に観た映画なのですが、ようやくスクリーンで鑑賞出来た次第です。
が・・・観られたのは短縮版。。。「好評だから完全版を随時上映します」なんて言う位ならば、最初からやって欲しかったですよ。インド映画で3時間なんて普通の事なのだしなぁ。


「メン・イン・ブラック 3」(12人)
前2作と違って、ヒューマンドラマとなっていたのが意外でした。このシリーズの印象が大きく変わりました。


「宇宙兄弟」(4人)
原作を知っている友人曰く「端折りすぎ」だそうですけど、知らない私は十分に面白かったです。日本映画のCGも、頑張れば出来るジャン! とかも思ったり。
バズ・オルドリン(Edwin E Buzz Aldrin Jr)氏が出演されているのには驚きました。思わず「え??」っと呟いてしまって(笑) 
日本では「2番じゃ駄目なんですか?」なんて言葉が流行りましたけど、場合によっては「素晴らしい2番手」も居られると言う事で!!


「ダーク・シャドウ」(8人)
ティム・バートン監督らしい作品だとしか言えません・・・オイラには合わない世界に迷い込んだみたいで、何とも不思議世界でした。
そんな作品でしたが、久しぶりに不思議観客に挟まれてしまったのでアリャリャなのでした。前列のカップルは携帯電話のメールチェックをしているのか眩しい事数回だし、後列の女性2人組は堅焼き煎餅を貪り食っているのか五月蠅いし。でもまあ、色々な人が映画を観る訳ですので、気にしすぎると駄目ですよね〜〜




各作品に対して思う所が多々あるのですが、良くも悪くも映画鑑賞は楽しいです。
お金と時間が有れば、近くで上映する作品を全て堪能したいのですけど・・・そんなの無理だしなぁ。
細々と、身の丈にあった形で楽しんでいますです。はい。。。

こっそりと御紹介

又してもブログの更新が途絶えてしまい、一部の方からは私が死んだと思われているらしいので記事を1つです。

恐竜は全く知らないオイラなのですが、小遣い稼ぎに目がくらみ・・・
自らの学習を兼ねた小細工品の監修を頼んだ先で「これ、ど〜やって作ったの?」とのリクエストを頂いたので、一部の方のみへの御紹介で恐縮なのですが、簡単な解説を。。。



イメージ 1
何時も通り、廃材となるべく部屋に転がっていたプラキャストを見繕います。
この度は「Allosaurus fragilis」の頭骨と下顎を、24分の1で作るので、こんな大きさの物を。


イメージ 2
リューターで大まかにガリガリっと。
知らない分野ですので、不安だらけで図面を見つめて慎重に......っと。


イメージ 3
何だか良く解りませんが、何となく形が見えてきて。。。


イメージ 4
歯を作らなければなりませんので[上顎5+(15±1)・下顎16±1]を、0.5mmと0.8mmの真鍮線を削りました。


イメージ 5
作った歯を埋め込んでウンヌン・・・・
模型の強度を保つために「顎舌骨筋線」辺りから「下顎結合」までは、左右を繋げたままにしてあります(恐竜と言うか、哺乳類しか知らないので爬虫類の解剖用語と違うかも知れませんからアシカラズ・・です)。


イメージ 6
上下顎の関節を、1mmの真鍮線で繋いで出来上がり。人差し指に乗せて記念撮影です。
手にとって見て頂いた方々は、壊れるかも知れないと思ってなのかオッカナビックリで触って下さいましたが、コンクリート地面に2m程度の高さから落としても壊れない強度を示してくれました(笑)


ここに至るまでは試行錯誤の連続で、製作時間は約8時間かかりました。
これに肉付けして全身を作るって考えると、恐竜模型を作られる方々の知識に感嘆してしまいます。
そんな事を考えつつ、細々と小遣い稼ぎの為に学習が続いていく事となっている現在です・・・・・

露天風呂観光

イメージ 1
長野県下高井郡山ノ内町にある「地獄谷野猿公苑」に出かけてきました。
温泉に入る猿が見られると聞き、前々から訪れたいと思っていた場所なのですが、ようやく実現出来た次第です。



イメージ 2
ゲートから約30分歩いた所で入苑料500円を支払い、いよいよ見えてきました。
渓流を眼下に眺めながら入浴出来る、良い感じの露天風呂です。ニホンザルが全く見られない事もあるそうですが、幸いな事に周囲含めて30頭程居ました。
温泉の周りにはカメラを構えた人々がイッパイ。ニホンザルにも撮影者にも邪魔にならない様、気を付けて観察&撮影を・・・



イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
適当な撮り方ですが、この程度なら簡単に撮影できるほどニホンザル君は協力的でした。



イメージ 9
公苑横の地獄谷温泉の建物をバックに食事中。
帰り際、こちらの「後楽館」さんの露天風呂を見ると2頭の猿が入浴していました。ただ、先の猿だらけの露天風呂よりも熱いらしく、すぐに飛び出ていましたけど。
自ら体験したい気持ちは無いのですが、本当にニホンザルと混浴出来る温泉が在ったのか・・・

群馬県の何処かでは、昭和中期頃までツキノワグマと混浴出来るチャンスがある露天風呂が在ったと聞いた事があります。テレビで動画も観た記憶があるのですが、それに比べたら驚く程でもないのかなぁ??

開く コメント(10)

大工作業・事始め

先週の月曜日の話ですが・・・


イメージ 1
ボケが進んでいますが、犬は元気にしています。
ですが、そろそろお別れする事も考えなければならない年齢ですので、準備を始める事にしました。

何て事はない。棺桶作りです。



イメージ 2
部屋に転がっていた檜の塊を、友人が経営している工務店のバンドソーで割り返してもらいました。材木の目は悪くないと思ったのですが、考えていた枚数(面積)の板を割るのに2時間もかかってしまいました・・・

板になったのは良いとして、何を行うにしても遅い私。。。
鉋がけして組み立ててっと考えたら、もう暫く犬には長生きしてもらわないといけないようです。



イメージ 3
代金は要らないと言う友人でしたが、せめてもの御礼と言う事で昼食を。

「好きな店を選んで良いよ〜」と言ったら、連れて行かれたのが「フォレスト」なる知らない店舗。そこがまた、いわゆる大盛りで有名なお店だそうでして・・・「DXチーズハンバーグカレー(税抜き880円)」を頼んだら、御飯だけで1合あるとか。。。多すぎです。
聞く所によると、50円増しの大盛りは2合。100円増しの徳盛は3合だそうです。安いけど、誰が食べるのだろうか??

大盛りで有名な店舗に対して「汚い盛付け」のイメージが有るのですが、この店舗は綺麗なので安心。味も良かったので、何とか食べきる事が出来ました。


っと、犬の棺桶話が食べ物話になってしまった・・・

開く コメント(6)

下手の横好きで恥ずかしい限りですが、カメラと写真が好きな私。
そんなこんなで欲しいガチャポンが有ったので、1回200円。。。3回目にして目的の物入手です。


イメージ 1
帰宅して、ニヤニヤしながらカプセルを開けてっと。


イメージ 2

イメージ 3
ミニチュアと、ボディーもレンズも同じにして記念撮影。
カメラのアクセサリーシューに取り付ける装着用パーツも付いてきましたので、そちらに取り付けてからも1枚。  もう、ワクワクしすぎで楽しいったらもう!  タマリマセン。


この撮影をする為に、カメラとレンズを入れている除湿庫を開けたら、未使用のフィルムが沢山出てきました。フィルムの殆どが、フジクロームのブロニー220・・・腐れていそうだな〜〜


イメージ 4
ついでに、こんな物も。
何処かで購入した革細工ですが、バルナック・ライカに似ているので、ついでに記念撮影。


たまには、フィルムカメラを持ち出すのも良さそうで。腐れているかも知れないフィルムが使えるのか試さねば。
それ以前に、少しはカメラの手入れをしないとイケマセンなあ。

開く コメント(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事