左上腕骨内側

未だに、長い休憩中。。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

町中を行くビックスクーターから、たま〜に大音量の音楽が聞こえる事があります。
のどかな田舎道を走るGLから軽快なジャズが流れていて「おっ!」と思う事もありました。

私のバイクには「ラジカセ」が付いているのですけど、あまり利用しません。ラジオを聞く事が有りますが、眠気覚ましで聞く程度です。
そんな時、落語のカセットを借りる事が出来ましたので、聞きながら夜の高速道路を走ってみました。

イメージ 1

選んだのはこれ。「古今亭 志ん生」さんの「六尺棒」「化物使い」「三軒長屋」です。
昭和30年と31年にNHKが録音したテープで、音質は今ひとつですけど、100km/h以下で走る分には何とか聞く事が出来ました。
時に笑いながらバイクに乗るなんて、日中には出来ませんね。
ですが、所有するカセットデッキは、バイクに付いている物だけですので、このテープを聴く為には・・・ウウム。。。

バイクに落語。癖になったらどうしよう??

開く コメント(8)

群馬県と長野県を結ぶ、少し寂しい国道299号の「十石峠」がありますが、その南に更に寂しい「ぶどう峠」があります。
埼玉県の小鹿野町から長野県の小海町に抜けるルートとして「ぶどう峠」は良く利用していたのですけど、住処が変わってからは、すっかり御無沙汰の道です。

その道沿いの北相木村に在る「北相木村考古博物館」に、11日に初めて立ち寄ってきました。

イメージ 1
奥に見える建物が博物館で、2階が展示室になっています。
さっそく階段を上って行ったのですが・・・閉まっている。。。。。


イメージ 2
どう見ても休館日では無さそうですので、インターホンで職員さんを呼び出して開けて頂きました。
真っ暗な館内に明かりが付いて・・・。ウウム。何だか観光の穴場に辿り着いた臭いがしてきます。
ドキドキ!


イメージ 3
館内画像が無いので、チケットをスキャンしました。
予想に反して(失礼!)大がかりなジオラマが有ったりと、綺麗&見やすい展示です。

この博物館のメイン展示である栃原岩陰遺跡は、私が云々解説するのが憚られるほど有名な遺跡ですので、展示品の感想を少しだけ。

北相木人の男女の頭を見たら・・男性に比べて女性のおでこが狭いですね。。。男女とも顎の張りが小さくて、私が勝手にイメージする縄文人よりも優しそうな顔に見えました。
そして、四肢骨が細い。。。特に分かり易い大腿骨を現代人と見比べると、関節面含めて別の生き物なのかと錯覚する程に異なっていました。

遺物も立派な物ばかり。その中で、個人的趣味にドンぴしゃ符合した物が骨製の「直釣針」です。
角や骨製のU字型の釣り針は、各遺跡からの出土品が多々ありますし、現在の釣り針と形が同じですから使用方法は想像通りなのですけど、この「直釣針」は、何とも不思議な針です。
使用方法と、魚が飲み込んだ場合のレントゲン写真も展示されていたので、理解するのは簡単でしたが、文章で書くのは難しくて・・・・
で、ヘタな解説イラストを描いてみました。
イメージ 4
こんなイラストでお分かりでしょうか?
面白そうだから、牛か豚の骨で作って試してみたい気分です。骨・・入手しよっと。

決して大きな博物館ではありませんが、内容の濃さは一級品でした。今まで行かなかったのが不思議な位です。
欲張り旅の道中で40分程しか見学出来ませんでしたが、次回は時間をかけて見学したいものです。

わざわざ開けて見学させて下さった職員さんに感謝です!

開く コメント(12)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事