左上腕骨内側

未だに、長い休憩中。。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

佐渡島・両津さんぽ

先月24日に、少しばかり佐渡島を楽しんできました。
佐渡汽船の新潟港から「おけさ丸」に乗り込んで、景色やトビウオを眺めつつ快適な2時間30分の船旅です。


イメージ 1

イメージ 2
主たる目的は、両津港で公開された「PG-824 はやぶさ」の見学です。
艦艇は特殊な構造が多いので毎回興味津々です。自衛官の方に色々な話を伺いながら楽しく見学させて頂きました。


イメージ 3
乗船するカーフェリーの出航まで3時間近くあるので、持参した自転車でブラリとサイクリングを。
加茂湖の脇に出て「はて・・何処に行こうか?・・」と考えていたら、何故か映画の「11,25自決の日 三島由紀夫と若者達」を思い出して。。そこから二・二六事件を思い出して。。「そう言えば、両津って北一輝の地元だよな〜」と、連想した結果・・・北一輝の墓参りに行く事にしました。


イメージ 4
地元の方に場所を教えて頂いて、自転車こぎこぎ。
長閑な丘をノンビリ進んでっと。
この自転車、無改造の「HANDYBIKE 6」ですので上り坂は辛い・・・


イメージ 5
少しばかりの坂を登った墓地に何とか辿り着いて、お参りする事が出来ました。
北一輝の思想は好きでも嫌いでも無く、歴史上の人物の1人として興味が有るだけですので。っと、少しばかりの言い訳を。


イメージ 6
ちょうど昼頃にフェリーターミナルに着いた所、マグロ祭り(?)らしき事が行われていましたので、マグロ丼で腹ごしらえです。
カニの味噌汁付きで500円でしたので、とてもお得でした。


イメージ 7
帰りのカーフェリーは「おおさど丸」。船内をうろついていた所、視線を感じて振り向いたら。。。
さすが佐渡汽船。あなどれません。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事