NARI's hobby blog

RM- CD01ELT探してます;´Д`)ノ

オーディオ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]

たまたま、2月22日は「猫の日」と知り
ラジオでは「忍者の日」
興味本位で、ググってみたら「ヘッドフォンの日」でもあるようなので

最近、手に入れたヘッドホンのご紹介でも(*´∀`*)♪

イメージ 1

オーディオテクニカ ATH-A900
今では廃盤品の中古品です(;´Д`A
独身時代は中古品を毛嫌いしておりましたが
結婚しちゃうと予算が限られ
なかなか上位モデルは手にすることが出来ないんですよ(*´Д`)=з
一応 触れる部分の、イヤーパッド・ヘッドパッドは新品に付け替え
その他アルコール除菌しました

A700はお役ごめん・・・
やっぱり、基準を上げるためには
投資も必要

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

SONY WALKMAN

いつも自分の周りにいたウォークマン(oゝд・o)ノ
携帯を iPhoneに変更してからは、使用することもなかったんですが
パソコンのUSB不足で、犠牲にされるのがUSB-DACで
音楽が聞けないことが度々あり( ̄◇ ̄;)
目をつけたのがポータブルCDプレイヤー

イメージ 1

偶然か、運命なのか
ジャンク品表示のD-E01
SONY ウォークマン20周年モデルでもあり高値で、普段は手が届く品物ではありませんが
「再生しました、音量上がりません、電池液漏れあり、プライス1080円」
迷うことなくお持ち帰り,,,,,,,,,,,,(((( *≧∇)ノノノ

イメージ 2

音量が上がらなかったわけは「AVLS」音量制限がオンになってました
ライン出力でアンプに接続し、快調に動いております(*`∀´*)ゞ
CDの出し入れが懐かしく、聞くのが楽しい!!
久しぶりにオーディオ熱が上がっておりますヽ(*>∀<*)ノ

将来的に、光デジタル出力⇒DAC⇒アンプの接続で
鳴らしてみたいと思っていますが、高性能なDACは高いので夢で終わりそう・・・。

リモコンが欠品で、どなたかオリジナル「RM- CD01ELT」余ってませんか?

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

トランス式USB DAC

2012年10月に中古トランスを落札し
いつか作ろうと思いつつ、月日は流れ
漸くトランス式USB DACが完成しました(;´Д`A
なにぶん2年の月日が流れており最新版の回路定数の仕様ではありません。
 
なぜこんなにも先延ばしになったかと理由を述べると
トランス固定用のL型アルミアングルの加工をしたくなかったが理由です(´-ω-`;)
 
イメージ 3
 
イメージ 1
 
ケースの穴あけはミスだらけで、つくづくセンス無いと嘆き
半田ごても1年以上触ってなかったので、配線処理も乱雑な仕上がりです(ノω<;)
 
イメージ 2
 
上からトランス式USB DAC、トランジスタ式ミニワッターPart3、FET差動バランス型ヘッドホンアンプ
しばらくは旧版で楽しんで見たいと思います*´∀`)ノ

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

我が家のスピーカーは8cmフルレンジと小さく
TU-870改ミニワッターに比べれば、腰のすわった十分な低音が出ているのですが
バスブーストの改造版が紹介され、6DJ8全段差動ミニワッターにバスブーストを追加しました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
製作後の改造とあって、配線がいたるところに接続されており
何本か作業中に、半田こてで溶かしてしまいました(;´Д`A
 
WaveGeneのテスト信号では、しっかりブーストされていますが
楽曲では、思ったほど効果を感じ取りにくかったです。 
※日が経つにつれて、しっかり効果を認識出来るようになりました。

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

約2日がかりで6DJ8全段差動ミニワッター完成させました。
今回は1発成功ではなく、LED部分のダイオード極性ミス
電源部分のジャンパを2箇所忘れておりました(;´Д`A
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
イメージ 4
 
イメージ 5
 
真空管は6DJ8の高信頼管6922を使用
1/4W型抵抗器は、秋月・千石の1円を選別して使用
シャーシ外部のネジは超低頭ネジを使用
ヘッドホンジャック部分は基本回路シングルミニワッターの方法でしています
※画像9番ピン、アースにつなぎ忘れあり
 
腰のすわった低音、スケール感と繊細さを両立した鳴りっぷり
全段差動をみんなこぞって作るのも納得です。
 
イメージ 1
 
製作道中、電解コンデンサが凹んでおり
予備部品で危機を逃れましたが、一品ずつ商品の外観のチェックも必要と感じました。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


みんなの更新記事