全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

2007年9月5日、ロンドンの晴れた午後。タワーハウスにて。

ジミー妻「あなた、ロバートさんとジョーンジーさんがお見えになったわよ。」
玄関でジミー妻がジミーを呼んだ。
ロバートとジョンジーは久々のジミー宅への訪問で少し緊張気味な面持ちで所在なさげに立っている。
ジミー「ああ、今いく。」
ジミーは2階の書斎でインターネットを見入っていた。「釣れた・・・釣れたよ。ハハハハハ(笑)」となにやら意味不明のことをつぶやいて画面に向かって笑っていたが、すぐにリビングに降りていった。

ジミー「二人ともよく来てくれたね。まあ座って楽にしてよ。」
ロバート「久しぶりだなあ。今度発売されるCDの選曲作業で会って以来だね。元気にしてた?」
ジミー「まあね。色々と忙しいけど・・・今度息子の学校の運動会の親子競技で玉ころがしやることになってね、今毎日庭で練習してるよ(笑)」
ジョーンジー「そうか、俺も娘達が小さい頃はよくそういう行事あったもんなあ。ギター弾くより難しいもんだよね。」
ジミー「全くだ(笑)」

ロバート「ところで・・・11月に発売されるCDとDVDに関して、再結成があるんじゃないかって巷でもっぱらの噂だけど。」
ジョーンジー「だね。俺、そんなの全然聞いてないし。ペイジ&プラントの時みたいに、また俺抜きで2人でやっちゃうのかなって心配になったよ。まあ今日呼んでくれたって事は俺の電話番号は忘れちゃいないってことなんだろうけど(笑)」
ジョーンジーはちょっと皮肉っぽく笑った。
ジミー「ジョーンジー・・・もうあれは忘れてくれよ。」ジミーはジョーンジーの突っ込みにタジタジだった。

ジミー「いやね、今度のCD発売に関して、何かでかいプロモーションを仕掛けようと思いついたんだよ。まあそんな小細工しなくても俺達のCDはバカ売れすることは間違いないんだが、どうせなら古いファンだけじゃなく、ZEPを聴いたことのない新しい世代に向けて何かアピールできることはないかって考えたんだ。」
ここでジミーはアールグレイを一飲みし、こう言った。
ジミー「再結成するって噂を流したのはこの俺さ。今や世界中がこの話題で持ちきりだ。是非観てみたいとか、ありえない、とか賛否両論になってる。普通に新しいCDを出すというニュースが流れたとしても反響はそこそこあるだろうが、俺達に賛同してくれてるファンのみならず今まで関心のなかった人も再結成の話題で良くも悪くも今度発売されるCDに興味を持ってくれる。ここがポイントなんだ。」
ロバート「あ〜・・・だと思ったよ!今日ここに来る前にファンの一人に会ったんだけど再結成はあるんですかってすごい剣幕で聞くから、今日の午後その件でミーティングを開くんだって言ってやった。俺としてはいつもの冗談のつもりだったんだけど、この噂の影にジミーがいる気がしてね、ほんとっぽく言ったら真に受けてたみたいだ。それは正解だったね。俺の機転のきく対応に感謝してくれよ。」
ジミー「ああ、ありがとうロバート。さすがだな。」
ジョーンジー「なんだ、釣りかよ!そんなところだろうと思ったよ。」
ジミー「ああ、釣りだ。おかげで大漁だ(笑)。さっきもWebチェックしてたんだけど、ロバートがファンと話した内容がもう既に世界中に配信されて大反響だ。いやあインターネットってすごいな。マネージャーのグラントがいなくなってどうプロモーションしようかと思ってたが、いまや口コミで大反響の世の中だ。それにこの方法だと宣伝にお金は一切かからない。」
最後の発言でロバートとジョーンジーは改めてジミーのレッド・ウオレットぶりを再確認した。「若い頃と全然変わってない・・・」

ジミーは続ける。「再結成なんてありえないよ。そりゃ、期待してくれるファンも多いんだろうけど4人が揃わないとZEPは出来ないからね・・・。この噂で若手のミュージシャンからも反応がでている。なんとかってバンドのカエル(注:ほんとはカイル)とかいう奴は最悪の結果になるだろうと言ったらしい。若いって傲慢だよな。まあ俺達も以前はそうだったから腹も立たないけど。そのニュースが流されることによってUKの音楽界も注目を浴びることになるわけだし・・・。誰の損にもならないってわけだ。」

ロバートとジョーンジーはジミーのいつにない雄弁ぶりに圧倒されていた。

ジミー「The Song remains the same、それがまもなく証明されるだろう。」

3人は今度のCDがベストセラーになることを確信した。

*********************

この物語はフィクションです。このニュースを見て創作しました。思いのほか長編小説になってしまいました。

ロバート・プラント「ツェッペリンの再結成に向けミーティング」
http://www.barks.jp/news/?id=1000034062

ツェッペリンの再結成、ミュージシャンの反応
http://www.barks.jp/news/?id=1000034034

私は再結成には反対していますので上のような内容を想像していますが、実際に再結成されるのでしょうか。
事が明らかになる日が来るのが恐いです。。。

この記事に

閉じる コメント(20)

こんばんは。コメントありがとうございました。
私も再結成は反対です。やはりZEPはあの4人でなければなりません。不動のメンバーで活動したグループの宿命です。

2007/9/8(土) 午後 10:01 [ - ] 返信する

顔アイコン

どうもです。

>不動のメンバーで活動したグループの宿命です。

そうですよね。世界で最も再結成してほしくないバンドです。
するべきではない、とも言えます。
でもこの再結成ネタ、結局11月に発売されるCDがでるまでずるずる引き伸ばされそうです。>ペイジによって(笑)

2007/9/8(土) 午後 10:17 epitaph 返信する

顔アイコン

こんばんは。ご訪問&コメ&登録ありがとうございました。
epitaph110さん、かなりのZEPフリークですね^^
しかしながらすごい文章力ですね、ネタひとつでこれだけのノベルにしてしまうのはすごいですね(驚)

再結成、絶対してもらいたくないですね。ZEPの名前だけは使わなければいいですけどね(笑)私も登録していきまーす。また寄らせて下さい。

2007/9/8(土) 午後 11:17 PIGBAG 返信する

顔アイコン

登録ありがとうございます!

はい、おっしゃるとおりZEPフリークです(笑)
こーゆー妄想ネタを書くのが大好きなんでついつい長くなってしまいましたが。。

再結成なんてとんでもない、たとえ一夜限りでも私はいやなんです。。。思い出は美しいまま、伝説は伝説のままでいてほしいから。

2007/9/8(土) 午後 11:27 epitaph 返信する

顔アイコン

ブログへの訪問&トラックバック、有り難う御座いました。
私も、「ライブエイド」や「40周年」の時の繰り返しなら、やらない方が良いと思います。
しかし・・・・残された3人で、「また新しい何かをやってやろう!」ってんなら、期待したい所です・・・3人の此処最近の作品を聞いていると、他のミュージシャンには無い共通する何かが有る様に思えてなりません(まぁ、Zeppの張本人ですから当然なのですが・・・)。
今の3人の才能をぶつければ、Zeppとはまた違った良い作品が生まれるのでは無いかと想像すると、楽しくてワクワクして来ます・・・Zeppと比べられてしまう事は仕方が無いでしょうが、それはソロアルバムでも同じ事ですから・・・・・
ただ、ドラマーは、息子で良いのかは一寸疑問です(何故世襲制なのだ?)・・・最近では、どんなドラムを叩く様になったかは知らないですが・・・ボンゾの様に、“それー!行ってしまえぇーーっ!!”的な演奏が出来るんかねぇ????
物真似じゃあ無くって、3人と対等に演奏出来るドラマーは、居ると思うのですが・・・

http://www.ledzeppelin.jp

2007/9/9(日) 午前 5:50 [ joh*_*_b*nha* ] 返信する

顔アイコン

ボクも「再結成はやめてほしい派」です。ずいぶん昔にフィルコリンズが叩いてて最大級に不愉快な気分になったことがありましたが、やっぱりボンゾ抜きでは話にならないですね。それよりも、海賊盤というタイムマシンに乗って、昔のすばらしい公演の数々を堪能したいです(^^)

2007/9/9(日) 午後 1:59 かいじん 返信する

顔アイコン

はじめまして!僕もゼップフリークです!
アフターゼップは全く興味が無いんですが「LED ZEPPELIN」でライブをやるなら話は別です。僕はツアーをしてくれるならあの聖地「LAフォーラム」まで飛んでいく覚悟です!!

2007/9/9(日) 午後 2:04 花柄 返信する

顔アイコン

john_b_bonhamさん

>Zeppと比べられてしまう事は仕方が無いでしょうが

これは過去に偉大な音楽を作り上げてしまった者の宿命ですね。
なにやってもそうなんですよね、ちょっとかわいそうかも。

今更再結成しなくとも、ZEPのCDは売れるでしょ?
余計なことすんな〜というのが私の正直な気持ちです。

子ボンゾは今フォリナーに参加してるんですよねたしか。むか〜し、ちょろっと彼のドラムを聴いたことがありますがお父さんに似ている気がしました。でもなかなかボンゾのようにはいかないのは仕方ないですが。

2007/9/9(日) 午後 2:20 epitaph 返信する

顔アイコン

かいじんさん

>ずいぶん昔にフィルコリンズが叩いてて最大級に不愉快な気分になったことがありましたが、

ああ、、、悪夢が・・・なんかその映像ちゃんと見れなかった記憶があります。

タイムマシンがあればね〜。70年代に行って全盛期のころをみたいなあ。

今の彼らの演奏はもういいから、過去のいいライブを公式発表するための発掘作業を急いでほしい!!

2007/9/9(日) 午後 2:24 epitaph 返信する

顔アイコン

花柄さん

>僕はツアーをしてくれるならあの聖地「LAフォーラム」まで飛んでいく覚悟です!!

ええ〜マジッすか!?

でも私も再結成には否定的と言いながら、一夜限りのロンドンでのライブ、行っちゃうかもしれません〜。微妙な気持ちを胸に秘めながら。

2007/9/9(日) 午後 2:27 epitaph 返信する

顔アイコン

この3人が並べば、どうしても過去のZEPを思い出してしまいますよね。薄っぺらなドラムのZEPはイヤだなあ。
でもCDが出たら、間違いなく買いますね(^^;

2007/9/9(日) 午後 4:47 rainsong 返信する

顔アイコン

もはや本来のZEPとは、ほど遠いものになるでしょうね。
意味あるんかい!? まったく理解できませ〜ん。

CDは買いますよ(笑)

2007/9/9(日) 午後 6:01 epitaph 返信する

ZEPが解散してから1度だけ再結成の話がメンバー内で検討されたんですよね。結局ロバートが良い?返事を出さなかったわけですが・・・その頃ロバートはソロで忙しかったようです。この時のドラマーはもちろんジェイソンがあがっていたそうです。

2007/9/11(火) 午前 5:27 SGT 返信する

顔アイコン

S.G.Tさん

解散後ロバートはしきりに「レッドなんとかの話はお断りだ」って言ってましたからね。
過去は過去、未来を切り開いていきたかったのでしょう。

今回の再結成話ではロバートは認めたことになってますが(まだ信用できないけど)結果は明日明らかになるのでしょうね。。。

2007/9/11(火) 午後 7:34 epitaph 返信する

顔アイコン

今晩、0時頃・・・・
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=80505

2007/9/12(水) 午後 1:22 [ joh*_*_b*nha* ] 返信する

john_b_bonhamさん

いよいよ運命の時が来たということでしょうか。
どっかで会見生中継してくれないかな

2007/9/12(水) 午後 6:52 epitaph 返信する

顔アイコン

演るからにゃ〜、再浮上して欲しい物ですが・・・機関士が、ジェイソンじゃあなぁ〜
親父の物まねじゃあ無くって、もっと音楽出来るミュージシャンに成長している事を願うのみ・・・・
http://www.ledzeppelin.jp

2007/9/13(木) 午前 1:41 [ joh*_*_b*nha* ] 返信する

顔アイコン

john_b_bonhamさん

すごい盛り上がりですね!
昨日の夜やっとの思いでエントリーできたときにはもう心はロンドンに飛んでいました〜。
やるからには、リハーサルを入念にして悔いの残らないステージにして欲しいものです。

2007/9/13(木) 午後 11:52 epitaph 返信する

再結成楽しみですね。いけないけれど…。このインターネット時代、多くの情報がもたらされる事を期待して。音的には、PA技術もデジタル化して、多分かなりサポートされると思います。いい音だと思いますが、昔の音を「再現」するよりも、今の音で勝負してほしいです。

2007/10/14(日) 午前 6:49 sam 返信する

samさん

>昔の音を「再現」するよりも、今の音で勝負してほしいです。

今の音、私にはそれが想像できません。
当日、生でその臨場感を味わえれれば、それが良くも悪くもどんな音であろうと感動と興奮をもたらしてくれたと思いますが、行けない今となっては不安ばかりが募ります。。。
ほんとにちゃんと演奏できるんだろうか、伝説を傷つけるものでありませんように、とそればかり考えてしまいます。
ROの渋松対談で渋谷陽一さんも同じようなことを言ってましたが。

2007/10/14(日) 午前 11:56 epitaph 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事