これは、偏差値43、浪人の末、医学部に合格した大平俊介さんのマニュアルです。

この方法を試してみることにしました。

まずは、ここから







この記事に

大平俊介は、浪人の末、医学部に合格し、現在は、医師として病院に勤務し約5年前からインターネットを通じて、成績に伸び悩む受験生に勉強法を教える活動をしています。また『07'私の医学部合格作戦part1』(エール出版)の著者の一人でもあります。

大平俊介は約5年前からインターネットを通じて、成績に伸び悩む受験生に勉強法を教える活動をしています。その中で、東京大学卒業で慶応大学医学部合格の経験もある菊川怜さんを始め、東大卒プロボウラー山本幸治さんなど、様々な方々と受験に関する対談を行っています。

実は大平俊介は高校時代は偏差値40から50程度だったが、現在の勉強法を知り、大手予備校の記述模試の偏差値70以上、センター試験本試験で、5教科8科目(理科3科目)で9割を超える。大手予備校の記述模試で全国総合成績100番以内などの結果を残している。

高校時代は、「考えろ!」「寝ずに勉強しろ!」などと言った科学的根拠のない方法で苦しんだ経験から、根性論や机上の空論ではない、平均的な能力の受験生でも成績の上がる実践的な勉強法を指導している。

インターネットでの指導開始から5年以上経過し、国公立医学部や難関国公立、人気私大などへの合格者を輩出している。ウェブサイトは感想の数が膨大でかつ信頼性が高いことで有名。現在は医師として働いている。

医学部に合格してから受験生の成績を伸ばすために、科学的根拠に基づいた最先端のコーチング技術や能力開発などの方法を数多くのセミナーや書籍で日々学んでいる。また、在学中は受験やインターネット・メディア関連のセミナー講師を務めるなどした。

間違った方法で努力している受験生があまりに多くそんな受験生に、間違った勉強方法とは何か、逆に効率の良い正しい勉強法とは何かということを知ってもらい、成績を上げ、憧れの志望校に合格してほしいと大平俊介は思っている。

「でも、レベルの高い大学にはもともと頭が良くないと合格できないんじゃない?」 という声が聞こえてきそうですが、心配することはありません。実は、私自身、以前までは、模試の成績は、いつもE判定、よくてもD判定でした。 模試の結果からわかるように、大平は、もともと頭が良かったわけではありません。

しかし、この効率の良い勉強法を知ってからは、努力が成績につながり始め、 模試では次々にA判定や、B判定が出るようになりました。 偏差値も70前後を取れるようになりました。医学部在学中は、数多くの試験をクリアし、留年することなく、医学部を卒業しました。そして、医師国家試験にも合格し、かつては夢であった医師に、実際になることができました。

大平の勉強法なら平均的な能力の受験生に合わせて書かれているので、センスや勘に頼らずに偏差値が上がる。現役の医学部生がサポートしているので、今の大学入試に合っている。正しい勉強法を知ることで、高校や塾、予備校、自主学習での効率が上がり、短期間で成績がアップする。漠然とした方法ではなく、受験生の目線からの実践的な勉強法を教えているので、試験本番で点が取れ、実際に合格につながる。


>> 大平俊介(大学受験勉強法)のデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事