☆★☆ 名探偵蒙裡胡伍浪之名推理教室 ☆★☆

18年4月7日(土)午前5時17分(干潮)、愛犬が安らかに永眠致しました。13歳と7か月(ヒト70歳相当)でした。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

 首を絞めたのは≪ケータイ・ストラップ≫ではなく別のヒモだったという。ということは、ポケットに別のヒモを用意していたわけだろう。これは計画殺人ではないのか?
≪犯行時刻≫−08年9月18日午後3時20分ごろ−
≪家族構成≫
富石淳一(33)(西区小戸3)=父親
富石薫(35)=母親=犯人
富石弘輝(こうき)(6)=内浜小特別支援学級(軽い情緒障害)1年=被害者
о - 弘輝君は一つのことに集中できなかったり、突然走りだすなど予想できない行動を取ったりする
о - (母親の供述)「弘輝はすぐどこかへ行ってしまうから、手をつないでないといけない」
≪事件経過≫
о薫は市内の小、中、高校を卒業
о結婚後は夫の実家で同居し、弘輝君を出産
о当時を知る近所の住人は、まだ幼い弘輝君が家の近くで一人で遊ぶ姿を目にしていた。「母親は体が弱く、4年ほど前に自分の実家に帰ったようだ」
о08年2月ごろ - 弘輝君の小学校入学に備えて、現在の住所に引っ越してきた
о08年夏ごろ - 薫は「子供と一緒に過ごしたい」と(会社事務の)仕事を休職
о08年2学期から - 弘輝君は学童保育に通っていたが、学童保育を利用できなくなった
◎9月18日午後2時半ごろ - 学校から帰宅
о9月18日午後3時15分ごろ - 母親と公園に遊びに来た(母親の供述)
〈嘘〉9月18日午後3時半ごろ - 母親は、アスレチックコーナーの大型遊具で遊んでいた弘輝君を残し、十数メートル離れたトイレに行った(母親の供述)
〈嘘〉 - 2、3分後に出るとトイレの前に弘輝君の帽子が落ちていた(母親の供述)
〈嘘〉 - (母親の供述)「アスレチック遊具付近から息子がいなくなり、息子の野球帽が落ちていた」
о - (母親の供述)「1人にしておくと危ないと思い一緒にトイレに行った」
о - (母親の供述)「一緒に連れて行ったトイレ内で、学校に来ないことなどを子供に責められた。子供が不憫で将来を悲観した」
о - (母親の供述)「最初から殺すつもりはなかった。衝動的にトイレの中で首を絞めた」
о - (母親の供述)「自分の病気で自分と子供の将来を悲観した。自分も死のうと思った」
о - (母親の供述)「最初から殺すつもりで公園に行ったわけではない」殺害後は「見つからないようにトイレの裏に隠し、被害者を装うため周囲の人に捜してほしいと頼んだ」
◎9月18日午後3時57分 - 福岡市西区小戸(おど)2の小戸公園内で、同市立内浜小1年の富石弘輝(こうき)君(6)=同区小戸3=がいなくなったと、一緒に来ていた母親(35)から110番があった
◎9月18日午後4時25分ごろ - 福岡市西区の小戸公園で、同区小戸の小学1年富石弘輝君(6)が倒れているのを同市内の男性(62)が発見
о - ≪ケータイストラップ≫とは別のヒモで強殺
о - ≪ケータイ≫は持ち去られていた
о - ≪ケータイ≫は、つながらなくなった
◎9月18日午後5時15分 - 病院に運ばれたが、死亡が確認
◎9月18日午後 - ≪ケータイ≫がトイレから北へ約50メートルの雑木林で発見された
о - 弘輝君のものとみられるサンダルの足跡が小戸(おど)公園の女子(障害者用)トイレ内で複数見つかっていた
◎9月21日午後 - 弘輝君の葬儀後の任意事情聴取で、号泣しながら殺害を認めた
о - 薫は事件後、福岡県内の実家に身を寄せていた

 −『警察リーク情報』や『報道』が、いい加減なのは仕方がない。警察官の知能程度は推して知るべしだからだ。
 ※まじめで悪いことに染まらない人は、たいていは頭が悪いのだ。天は二物を与えず!
 最初から−
 оトイレの鑑識で弘輝君のサンダルの<足跡(そくせき)>は収集されていた
 −だが警察は報道リークには、
 о現場にサンダルの<足跡(そくせき)>は見当たらなかった
 −と言った。これは犯人しか知り得ない情報のひとつだからだろう。犯人は、子どもを歩かせてトイレへ入ったようだから、トイレの入り口からはサンダルの<足跡(そくせき)>は見つかったはずだった。だから警察は、この鑑識時点で、
 о犯人と子どもの<足跡(そくせき)>は把握できていた
 −はずだった。≪ケータイ≫も同夜に暗闇で見つけていたようだった。問題は、
 о犯人が別のヒモを用意して首を絞めた
 −と供述しているのだから、
 оそのヒモ
 −の発見が急務だ。≪ケータイストラップ≫も見つけたのだから、そのヒモも見つけられるはずだ。このヒモは重要な証拠である。ヒモ次第では計画殺人が立証されかねないからだ。
▼RE:<福岡小1男児殺害事件>〈七〉−母親の連行逮捕は、明日月曜か?!−
http://blogs.yahoo.co.jp/eraser1eraser/56643955.html
コメント(3)
● 松本サリン事件以降この毒ガスがサリンと判明した2007年7月3日以降の話しですが、世間では江川紹子さんや小林よしのりさんなど、でオウム批判をしていた人たちが、多くTVや雑誌でオウム真理教の危険について連日言及していましたよ。私の友人も地下鉄サリン事件のときには「絶対オウムだよ。」とはっきり言い放ったのが強く印象に残っています。特にマルコポーロでは江川紹子さんがはっきりと松本サリンはオウムではないかという取材を特集で地下鉄サリン事件以前に載せていました。サリンは知られていなかったのではなくて、当日のテロでサリンであると判明するまで、想定外の事態で対処が間に合わなかっただけだと思います。
2008/9/22(月) 午前 11:49 [ iwa_1010 ]

 −あなたは、いくつか知らないが(笑)…『江川紹子』がTVに出られたのは上九一色村のサティアンの強制捜査以降であり、それも続かず『江川紹子』は有田芳生に<オウム・コメンテーター>を譲った。これが今はなき日本テレビ『ザ・ワイド』(THE WIDE)であった。オウム集団の各犯罪が露見したのは、強制捜査以降のことであり…それ以前は、
 оオウムの非調和側面
 −が際立って『ほうぼうで』トラブっていた。町中の異臭騒ぎとかだ。どうでもいいけど『地下鉄サリン事件のときには「絶対オウムだよ。」とはっきり言い放った』などということは、まさしく後知恵だろう。こんなものは当時のログを読めばいい話だが面倒なので、わたしの記憶のほうを優先させて頂こう。あなたが、そう強く思われるなら≪(情報)ソース≫を合わせて、こんなブログの〈コメント〉ではなく、あなたのブログの記事にしたらいい。どーぞ、おやりください!
 ※『江川紹子』も今は、けっこう有名人だが当時は、ぽっと出のただの貧乏で顔の悪いフリーライターに過ぎず誰しも『誰?<このブス』という軽い扱いだった。こんなのが何を叫んでも、当時の北朝鮮拉致問題と同様に<自民党>政府にとっては存在しない問題だった。ただ≪公安≫の内定のことは知らない。
★<福岡小1殺害>「学校来ない」責められ衝動的に 逮捕の母
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080923-00000014-mai-soci
9月23日2時31分
香山リカ・立教大現代心理学部教授の話 子育てに悩む親は、発達障害や事件などの情報に過敏になっていて、大したことでなくても現実以上に考え込んでしまいがちだ。インターネットなどの情報があふれる一方、同世代の母親と表面的には話せても本音を話せず、精神的に孤立している。痛ましい事件をなくすためにも、情報に振り回されないよう、相談を受ける公的機関の充実が必要だ。

 −この児童は『特別支援学級』に入れられたそうだ。だが(わたしに言わせれば)普通の学級に入れられた頭が悪い子どもが一番かわいそうだ。≪障害≫を認められた児童のほうが幸せだろうに。上記でオウムの話題が出たから、ついでに麻原彰晃(松本(妻の姓だったかな?)智津夫)は、小学一年に熊本県立盲学校小学部に転校した(食住無料・全盲でなくては入れない)。家系は緑内障の血統であったが(生まれなからに左目がほとんど見えず(先天性緑内症)右目(0.3)も悪かった)≪全盲≫ではなかった。智津夫は目が見えたから優位にあり、≪全盲≫の熊本県立盲学校では番長(いじめっ子)であった。いわば≪こびと≫の国のカリバーであったのだ。ここで智津夫は、
 о眼が不自由なふりをすると儲かること
 о他人(ひと)を騙すこと
 о障害者は、それを理由に有利なること
 −などを親から離れた孤独で学んだ。ここに生来の詐欺師が磨かれたのだった。
 о<カネ>に対する執着
 −も、ものすごいものがあった。智津夫の実家は七人兄弟で貧困に喘いでいたからだ。
 話を戻すと、≪頭が悪い子≫には何も補償がないのが、この世の中だ。
 ※≪頭が悪い子≫とは学業成績が悪い子とは限らない!■

この記事に

閉じる コメント(3)

いや、まだと遠慮していましたがコメントさせていただきます。このブログの内容に共感できなきゃコメントしませんよね。松本のニセ盲目で、あー思っていた事だと。福岡事件だけでなく、動機に関して。衝動的に殺意が起きるるのは落胆では無く「憎しみ」「怒り」ではないか?という感じ。計画的なら自分本位の未来像からの排除なのでは?ですよ。でもそうだったら動物以下ですよね。どうもです。

2008/9/23(火) 午後 7:02 [ ケロッと君 ] 返信する

顔アイコン

>オウム集団の各犯罪が露見したのは、強制捜査以降のことであり… ◎オウム真理教事件関連年表http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/aum.htm#%96%DA%8D%95%8C%F6%8F%D8%96%F0%8F%EA%82%CC%89%BC%92J%90%B4%8Eu%8E%96%96%B1%92%B7%82%CC%8A%C4%8B%D6%92v%8E%80%8E%96%8C%8F
ソースを参考にしていただいてご確認ください。94年9月には「松本サリン事件に関する一考察」という怪文書がマスコミに流れ、小林よしのりさん、江川さんの襲撃事件と関連づけられてワイドショーでよくとりあげられていました。95年1月1日には読売新聞の一面に報道が出ています。目黒公証人役場事件で3月4日に朝日新聞がオウムを名指しで報道し、強制捜査がいつ入るかという追いつめられた形で地下鉄サリン事件が起こったのです。なのでオウムだと思った人はけっこういたはずですよ

2008/9/24(水) 午前 0:49 [ iwa**010 ] 返信する

顔アイコン

それと江川紹子さんがTVに出られるようになったのは坂本弁護士一家殺害事件以降の事です。オウムの取材でご活躍になられて1995年に菊池寛賞を受賞しました。お忙しくなられた様で以降TVの露出は減少しました。強制捜査以降ほんのちょっとTVに出てすぐ交代しただけでは「けっこう有名人」にならないと思いますよ。

2008/9/24(水) 午前 0:56 [ iwa**010 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


みんなの更新記事