一輪の花

自然の風・音・花を感じる心を持てたらと思います。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

東京新聞 1月7日

患者調査 福島を除外

 「被ばく隠しでは!」 県民から疑惑の声  東京新聞 1月7日 


全国の病院や診療所で三年に一度行われる「患者調査」に、福島第一原発事故や大震災が影を落としている。
調査は昨秋秋に行われ、結果は早ければ12月にも公表されるが、福島県の全域が除外されていた。
この『福島外し』に十分な説明はなく、県民からは「被ばく隠しでは」との疑念の声も聞かれる。
調査は一体どのような理由で見送られたのか?


「患者調査を福島が全くやらないのはおかしいと思っている県民は少なからずいる」と疑問を口にするのは、福島市の「市民放射能測定所」理事の岩田さんだ。
同測定所は、昨年6月、子どもたちの健康と生命を守ることを最優先する市民らが開設。
市民から悩みや相談を受けたり、放射線問題の情報を提供したり、食品の放射線測定など続けている。

患者調査は、医療施設を利用する患者が対象だ。
厚生労働省によると、調査の結果は主に、専門医療の拠点整備や、入院用のベッド数を増やすなど、都道府県が地域医療計画を立てる際の基礎的な資料として使われる。
調査が始まったのは1953年。地域や診療内容に隔たりがないように配慮して、約6500の病院、約7000の診療所を選定。都道府県が調査票を配って回収し、厚労省が最終的に約320万件の調査票をまとめ、列らを公表する。費用は全額国の負担だ。

当初は、毎年、全国の病院の2〜3割を調査していたが、84年から患者の実態をより正確に把握するために、約7割に拡大。と同時に、事務量が増えるため、調査回数を三年に一度に減らした。


最新の調査は、昨年9〜10月に行われたが、福島県の全域を調査地域から外すことは、厚労省が昨年6月中旬に決めた。同月末、都道府県の担当者を厚労省に集めた会議が開かれる直前のことだった。
一方、東日本大震災で津波により大きな被害を出した岩手県は従来どうりに、宮城県では石巻と気仙沼両市を除いて調査をすることになっていた。

岩田さんは、「福島県は原発事故の影響があり得るだけに、現在の患者の状況を把握しておくことが重要で、何もしないのはいかがなものか。
調査が、地域医療計画を立てるための色合いが濃いのはわかるが、ある種の疫学的調査にもなりえるのに」と憤る。

患者調査で分類している傷病は367種に及ぶ。がんや脳卒中、心臓病、糖尿病の四大疾病はもちろん、放射線の影響が心配される白血病や甲状腺障害も含まれていることからの指摘だ。
傷病分類には、『周産期に特異的な感染症」の項目もある。岩田さんは今後、生まれてくる子どもたちのことも気掛かりで、「ドイツなどの研究で、チェルノブイリ事故で放射性雲が到達したであろう時期に受胎した子どものダウン症が増えたと報告されている。人口動態調査と合わせていかなければ」と調査の重要性を説く。

また、「被ばく隠し」も疑いたくなるという。
「チェルノブイリで小児性がん以外は疫学上ないとか、感染症や免疫低下による体調不良などもない『被ばく隠し』が行われたが、日本も同じようなシナリオで進んでいると疑われかねない。
本当に怖いのは、きちんとした議論もされずに、物事が決まっていくことです。」

イメージ 2

 「被ばく隠しでは!」 県民から疑惑の声

福島県全域の患者調査が明るみに出たのは、昨年10月20日に開かれた社会保障審議会統計分科会の会議だった。
その際、理由を問う委員もいたが、了承されていた。
なぜ調査が見送られたのか。担当の厚労省保健統計室の笠松室長補佐は、「大切な調査なので国で実施したいと思い。福島県に足を運んで話し合いをした」と話す。
「県からは県庁、保健所、病院とも人手が足りないと説明を受けた。事前説明会から調査票の回収まで8月から4カ月間はかかるので、無理強いはできなかった。

「被ばく隠し」の指摘には、「全く当たらない」と反論。
「被ばくによる病気の増加がみられるなら、さらに調査が必要です。」と付け加えた。
福島県はどうか。
『医療機関や医師らの負担が大きく、とても頼める状況ではなかった」と保管福祉総務課の宇佐美企画主幹。
県内の約180の医療機関を調査する予定だったが、避難所や人手の足りない地域への支援で医師らは多忙を極めていた。放射能汚染の恐れから他県に避難する医師もいたという。

もうひとつの理由として、「調査する地域に偏りが出れば、統計データとしての性質が下がりかねない」と続ける。
「原発がある太平洋側の浜通りの分がなく、内陸部ばかりでは、正確な調査といえるかどうか。そもそも全県的に被災し、一部地域だけを調査するという選択肢はなかった」
一方で「震災、原発事故は平常時の状況と違う。もし、傷病に関する異常な数値が出れば、数字が独り歩きする恐れもある」とも。
とはいえ、医療行政に生かすためのデータの空白の時期をつくっていいのか。
宇佐美主幹は、「放射能の身体への影響などは、県と県立医大が担う『県民健康管理調査』で集中してやっている。調査不足とは思わない」と強調した。

その県民健康管理調査だが、約200万人を対象にした問診票の回収率は昨年12月中旬で2割と低迷。
県健康増進課の小谷主幹は、「震災から時間がたちすぎ、当時の記憶があいまいになっていることが要因。」と分析する。
18歳までを対象にした甲状腺検査の受診率は、南相馬市など4市町村で計73%。今月からは妊産婦への聞き取り調査なども始めるが、出遅れ感は否めない。

県立医大付属病院(福島市)前で患者らに聞いてみると、不安の声も。
糖尿病と言う主婦は、「えっ、どうしてやらないんですか」と驚く。原発事故後に浪江町から避難してきたといい、『放射線の影響は心配。子や孫の世代のためにも、定期的な調査を続けることは必要でしょう。」

『影響が未知数の放射能災害の後だからこそ、積極的に調査をするべきだった」と語るのは、市民団体「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」の中手代表だ。
「県民健康調査では甲状腺疾患以外ほぼ補足できないなど、不十分な内容。患者調査から多種多様な疾患を調べられる」
そして「人手不足や負担増は医療機関だけの話ではなく、『忙しいからやらない』という理由は説得力がない。県民が生命や健康への不安を抱いている中、説明責任を果たし、事故の影響を把握してほしい」と話した。

ならば、福島県はたとえ時期がずれても参考データとして、今年調査したらどうか。「協力を惜しまない」と厚労省。その際は調査費用も含めてお願いしたい。


デスクメモ
「県内で白血病が増えてもわからない」
福島除外問題を不安視するこんな声がブログで広がり、今も続く。
紙面にある厚労省の審議会資料の在りかもネット情報が早い時があり自戒する。除染は必要だが、県民が言うように傷病の患者調査を定期的に行ってはどうか。



CNN 加來道雄氏 『福島はチェルノブイリを超える史上最悪のものだ』
http://www.youtube.com/watch?v=iA3N9tj4uLo

ニューヨーク市立大学教授 加來道雄氏



2011年12月15日のツイートから〜
RT @hanayuu: @kikko_no_blog @tokaiama @CHIBAREI_DURGA
【長文だが、できれば読んだほうが良い】 平成23年度の患者調査で宮城県の一部と福島県が除外される件。 (おしどりマコぶろぐ) http://goo.gl/gnT89


2011年12月6日のツイートから〜

福島県と宮城県の一部で「白血病の調査」をしない理由の回答なし (低気温のエクスタシー)http://bit.ly/uVwZu0
厚労省。質問:なぜ福島県が除外されているのか。 国:復興を優先するため、被災した地域については今回の調査からはずした。


2011年12月2日のツイートから〜
「疾病別患者数の調査」から既に福島県民が除外されている (低気温のエクスタシー)http://bit.ly/trjw0W
疾病別患者数を調べる今年の「患者調査」から福島県の全域と宮城県の一部が除外されている。

2011年12月1日のツイートから〜
RT @hanayuu: @kamitori @yurikalin @neneyu 厚労省が「福島県民を白血病の統計から除外する」と決定か
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/772.html
「白血病が急増しているという根拠はない」→「福島県は調査対象になっていません」


加來道雄教授によれば、福島第一原発の状況は政府発表よりもずっと悪化している(カナダde日本語)
http://p.tl/frD3
「福島第一原発は、チクタクと時を刻む時限爆弾」でも紹介させていただいた、加來道雄教授がCNNに出演していたのでそのインタビューを紹介したい。


原発の真実を撮影した男・樋口健二
http://bit.ly/oFrBSs
これが原発だ―カメラがとらえた被曝者




【福島県で、上映会!】 チェルノブイリ原発 メルトダウンの25年後 Part 1/2 http://bit.ly/p3zIp0
チェルノブイリから 教訓1 放射能は今! 『25年たってもまだ放射能が残っていて、ソ連の方が厳しく立ち入る禁止をやっていると感じました。』(福島のおばさん。)



【福島県で上映会!】 チェルノブイリ原発 メルトダウンの25年後 Part 2/2 炉心溶融・内部で何が?
 http://bit.ly/zarmwy
象の足。チェルノブイリの炉心溶融の映像。石棺内部から見ると、穴だらけ!!汚染瓦礫は??




福島の子供を守れ
http://www.youtube.com/watch?v=Ip4aMIXHd5s&feature=play...
子どもたちが、無事に成人式を迎えられますように。





チェルノブイリ原発事故 ワレリー・レガソフ回想録 Part 1/4 チェルノブイリの真相 ある科学者の告白
http://bit.ly/zygSPd

【必見!】 チェルノブイリ 人体汚染3 施設修理・放射能除去作業をしていた労働者の被曝実態!!
http://bit.ly/rGnuiR










.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事