一輪の花

自然の風・音・花を感じる心を持てたらと思います。

全体表示

[ リスト ]


イメージ 1

東京新聞 1月24日


米ビキニ環礁核実験
汚染と被害 50年以上 


マーシャル諸島 元議員 アバッカさんに聞く

                               東京新聞 1月24日


1946〜58年、米国が67回の核実験を繰り返した中部太平洋のマーシャル諸島共和国。
半世紀以上たっても消えない放射能で、環境は破壊され、健康被害が続く。米政府は、一部の土地を除染して住民に帰島を求めているが、安全性に不安を抱く人は多い。
「私たちと、福島には共通点がある」。
こう話す同国の元上院銀アバッカ・アンジャインさんに話を聞いた。


解決の糸口求めて来日

「なぜ汚染された島に帰らなければいけないのか、私たちは怒っている。どうすればいのかわからない。解決の糸口を見つけたくて来日しました。
今月14日、横浜で開かれた脱原発世界会議。
ゲストに招かれたアバッカさんが、こう壇上から参加者に話しかけた。

マーシャル諸島共和国は人口約6万1000人。
「真珠の首飾り」と呼ばれる29の環礁と五つの島が海洋に広がる。
米国は、ビキニ、エニウェトクの両環礁で、核実験を実施。アバッカさんの出身地ロンゲラップを含む四つの環礁に汚染を広げた。

ロンゲラップ環礁では1954年3月、日本の漁船・第五福竜丸も被害を受けた水爆「ブラボー」実験で、妊婦や子どもを含む住民86人が死の灰を浴びた。
米国は住民に実験を予告せず、3日後になって別の米軍基地へ連れ出した。さらに3年後の57年。米国は『安全宣言』を出し、住民を帰島させた。
しかし、「甲状腺障害やがんなど、様々な病気、流産や奇形児の出産が相次いだ。
住民は放射能のことなど知らなかったが『何かがおかしい』と気づいた」とアバッカさん。
85年、住民全員の意思で、再び島外へ避難した。米国からは一切の援助はなく、国際環境団体グリンピースが脱出し金や船を用意した。

米国は86年になってようやく「四つの環礁の住民に補償する」と、間接的に汚染を認めた。90年代からはロンゲラップ環礁の本島でインフラ整備や除染などの「再居住事業」を開始。住民に無理強いする形で「事業完了後、住民は2012年に帰島する」との合意を成立させたという。

アバッカさんは、「除染は不十分で、安全ではないのに、今から半年以内に島へ帰れという。住民は分断され、混乱している。
中心部だけ除染して、住むか同課の判断を住民に押しつける。悲鳴をあげて、壁に頭をぶつけたいような気持ちだ。
福島の人も同じ状況ではないか」と話す。

前の生活取り戻せぬ

米国が除染したのは、約60の島からなる環礁で、本当ひとつだけ。しかも、約222ヘクタールのうち約80ヘクタールの住宅地に限定された。
被ばく前の住民は、カヌーで海に漕ぎ出し、環礁の島々で食料を採集する自給自足の生活を送っていた。
ココヤシ、パンの木の実、ヤシガニ・・・。環礁御ぜんたいが生活の場だった」。

「今戻るというのは、本島にある狭い住宅地から一切外に出るなということ。
これでは以前の暮らしは取り戻せない。除染されていない場所に立ち入った場合には、健康被害の補償もない。食べ物による内部被曝の危険は、将来も続く」

58年前の実験当日、住民は空から降ってくる白い雪のようなものを「石鹸と間違えて」顔に塗ったり、口に入れたりした。それは危険な放射性物質だった。

「私のいとこは当時妊娠していたが、生まれた子には異常があった。流産も激増した。避難先の地域や学校では差別され、まるで動物をみるようなまなざしを向けられた。

イメージ 2


一部除染 帰島迫られ

米国は長年、汚染の事実を隠し続け、実験直後から続けた住民の健康調査も治療目的でなく、研究のためだった。
一時期より減ったが、健康被害は今も続く。
「頭蓋骨がない、目が見えないといった赤ちゃんが生まれる。放射能は遺伝子を傷つける。子の代には異常が出ず、孫の代に出ることも。いつまで比嘉が続くのか全く分からない」とアバッカさんは心配する。

島に帰るか、帰らないか。
アバッカさんは、今回の来日で、福島県にも足を運んだ。公的機関だけでなく、個人や市民団体が線量計を持って計測している姿に感銘を受けたという。

内部被曝 計測が大切
住民団結すれば政府動く!

「私は帰島に反対だが、もし変えるとすれば、住民が線量計やホールボディカウンターを持つこと、中立的な科学者による検査が必要」と話し、日本にこうエールを送る。

「米国に補償や汚染対策をさせることができたのは、私たち住民がまとまって交渉を続けたから。
団結して行動すれば政府は動く。福島の問題で、日本の皆さんも一丸となって動いてほしい」


******************************************************************

教訓 福島に生かせ

・・・・・・ 核実験被害に詳しい 三重大地域戦略センター研究員 竹峰誠一郎さん ・・・・・・

ロンゲラップ環礁の本島では、汚染度をはいで島の端にある飛行場跡地に移動させ、空間線量はある程度下げられた。
しかし除染したのは住宅地だけで、生活環境は破壊されたままだ。再居住計画には4500万ドルが投じれたが、莫大な金額をかけても被害は回復していない。

同環礁での今後の問題は、外部被ばくよりも地元産の食べ物による内部被ばく。
住民の間でも帰島には賛否両論あり、順調に進むとは思えない。
米政府が主導する今回の帰島は、強制移住の側面もある。
対米外相で補償を勝ち取る原動力となった『共同体の一致団結」が再居住計画でバラバラにされようとしている。

マーシャル諸島では、核実験の爆心地となったビキニ環礁で、1968年に米大統領が『安全宣言』をし、帰島が奨励された。
ところがその後、住民の尿からプルトニウムが検出されるなど、高い危険性が判明し、78年にふたたび閉鎖された。
すでにビキニの住民に帰島の気力は残っていない。

マーシャル諸島の核被害は歴史的に積み重ねられてきた。なぜなら、米国が長年にわたって「安全」と言い続け、被害と責任を認めなかったためだ。

福島の原発事故も同じ構図。安易に政府が「安全宣言」を出すと、さらに問題が深刻化する。
マーシャル諸島の教訓を生かせるかどうか問われている。


〜デスクメモ〜

力ある者のでまかかせ、ウソ、情報隠し。
それに振り回され、一方的に被害を受ける、何の落ち度もない人々。
地勢的にまったく異なるにも関わらず、マーシャル諸島と福島県にこんな残酷な共通点があることに言葉を失う。

私たちはまだ、過去の教訓を生かし切れていない。それが心苦しい。


第五福竜丸を知ろう。http://bit.ly/9xMV9P
昭和29年3月1日、アメリカは北太平洋赤道海域のマーシャル諸島ビキニ環礁で水素爆弾の実験を行った。マグロ漁船:第五福竜丸はビキニ環礁の東方160キロメートルの海上で操業していた・・・・

「人類はみな、第五福竜丸に乗っている」アーサー・ビナードさんが語る
http://bit.ly/g8RnEx

RT@dr_chasiba: 知らされなかった核汚染〜被ばく60年 マーシャル諸島〜(http://bit.ly/qYBp4w)で取り上げられている米癌研究所の報告書 
http://bit.ly/p345iY

RT@kikuchiyumi: 核実験のマーシャル諸島、半世紀を経て帰島進む : 社会 : YOMIURI ONLINE
http://bit.ly/piv5xR
ただ線量の高い場所もあり、許可なく立ち入れない。半世紀以上を経ても戻る見込みは立っていない。

RT@olivenews: マーシャル諸島ロンゲラップ島 帰島阻む核実験の傷跡 … 米政府は実験後にいったん島民を疎開させたが、3年後に安全宣言を出して島に戻らせた。島民の中には既に、放射線障害を疑わせる健康異常も出ていた。だが米政府は「健康に支障ない」として安全宣言を撤回しなかった。

RT@heerro: マーシャル諸島の核被害は歴史的に積み重ねられた。それは米国が安全と言い続け被害と責任を認めなかった為である。福島も同じ構図。 日本政府が「安全」と言い続ける限り、半世紀以上たった今も苦しみ続けるマーシャル諸島の被害者と同じ道を我々は辿る事となるだろう。






イメージ 3


原発のない世界のつくりかた】: How to make a nuclear power free world (脱原発会議実行委員会) http://amzn.to/A4fZV9 脱原発へ! 『脱原発会議・公式ガイドブック』




イメージ 4

3月3日に 肥田舜太郎先生の講演会が、日光市で行われます。


イメージ 5

1月25日の月です。


イメージ 6

やっと 庭のロウバイが咲いてきました〜(^o^)丿


イメージ 7

日光 男体山です。


イメージ 8

日光 女峰山です。


この記事に

閉じる コメント(1)

こんにちは
ツイッターから訪問させていただきました〜ゆきたまごです☆⌒◇⌒☆♪
私もこちらにブログあります

アメリカは核実験による汚染を日本の責任にすり替えようと、いろんな操作をしていますね。

此処Yahoo!ブログでは、
米軍〜政治〜医療〜保険会社の悪事を話題にすると、コメント0になるので、
操作され封じられてしまうみたいな印象があります。
届かず消えるかもしれないコメント書いてるわけですが

届く事を祈りつつ〜

2012/1/26(木) 午前 10:26 ゆきたまご 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事