一輪の花

自然の風・音・花を感じる心を持てたらと思います。

全体表示

[ リスト ]



イメージ 1

3月20日 東京新聞


陸前高田市長、県に提案!
   専用焼却炉 門前払い!!



宮城、岩手両県で発声した震災がれきの処理が遅れている原因は、環境省や県の『お役所仕事』にある可能性が浮上した。
焼却炉の新設を求める陸前高田市の申し出を岩手県が、門前払いにしていたのだ。
野田政権は、がれきを全国の自治体で受け入れる「広域処理」に血道をあげているが、被災地での処理体制を見直すのが先ではないか。

お役所仕事が原因?!

沿岸部の中心市街地が津波で壊滅した陸前高田市。
高台に建てられたプレハブの仮市庁舎で、戸羽太市長は、国や岩手県の対応に怒りをあらわにした。

市の推計量は県内最大100万トン
「やる気がない人たちだ。とにかく新しいことには挑戦したくない。環境省と県は責任をなすり付けあっている。」

戸羽市長が、がれき専用の焼却炉の建設を県に提案したのは、震災直後のこと。
陸前高田市のがれき推計量は、県内最大の約100万トン。
がれきの撤去、仮置き場での破砕、選別までを市が担当し、隣の大船渡市にある太平洋セメントでの焼却処分などの事務を県に委託した。
戸羽市長は「太平洋セメントも津波被害で動き出せない状況だった。処理が始まったとしても、大船渡分が優先される可能性があった。このままでは大きく遅れをとる。自前の焼却炉を造らなければならない。被災地背tないのがれきを処理するためにも、必要な施設だった」と強調する。

提案は具体的だった。建設場所は、被災した県立高田松原野外活動センターの敷地。その背後に、仮置き場を設置する。だが、県の担当者の反応は、「環境アセスメントの手続きで、2,3年かかる」と素っ気なかった。

昨年5月の衆院東日本大震災復興特別委員会で、戸羽市長の窮状を知った遠山清彦議員が、「被災地の市町村が処理プラントを建てるとき、国が支援するべきだ」と訴えた。

当時の松本龍防災担当相も、「県や市と相談して取り組んでいきたい」と前向きな姿勢を示した。
それでも、あんが具体化することはなかった。

戸羽市長は、「なにがしかの動きがあると思ったが、県に問い合わせれば『環境省はやる気はない』。環境省に聞けば、『県から正式な話は来ていない。話があれば検討する』という始末だった」とあきれる。

国や県の非協力的な態度は、焼却炉にとどまらなかった。
戸羽市長は、米軍から大型破砕機を借り受ける計画を県に持ちかけたが、案の定、「前例がない」と断られた。

「『だから試せよ』という話だ。住民に少しでも動き出したところを見せたいのに、全く理解してもらえなかった」と戸羽市長。

『国は現実見て 手立てを講じて〜』

陸前高田市は今のところ、広域処理は予定しておらず、すべて太平洋セメントに依頼することにしている。
「谷困っている被災地がたくさんある。
広域処理には賛成だが、広域分は宮城県で全体の2割、岩手県では1割。 
広域処理が進んだからといって、一気に解決されるという話ではない。
国は、被災地の現実をしっかり見て、あらゆる手立てを講じてほしい。


☆彡 デスクメモ
「妙案であっても、前例がなければ却下される。」
昔、県庁勤めの知人がよくこぼしていた。役人の世界とは、そんなもののようだ。
未曾有の災害への対応が問われる非常時に前例を持ち出すこと自体、やる気のなさを疑われても仕方なかろう。
らしいといえばそれまでだが。


イメージ 2

春の花 クロッカス 満開〜( ^o^)ノ


これだけは、見ておいてほしい。同じ場所で撮影したカメラマンも素晴らしい。【東北の津波被災直後と、11ヶ月後の最近の写真の比較。】
http://bit.ly/xUwzTM
大量にあった瓦礫は、町からは撤去されて更地に。復興の遅れは違うところにあると言わざるを得ない。


【重要】QT がれき広域化問題(青木泰

http://bit.ly/xtYBx6
岩手県の場合、広域化処理を計画しているのが、岩手県全体の1割強でしかない。9割は地元処理。がれきの処理が進んでいないのは全国の受け入れがないためではない


【重要】放射性物質を焼却→ガスや微細な粒子に形を変えて清掃工場の煙突から放出。
|バグフィルターで放射性物質が除去できるか?〜放射能汚染廃棄物の焼却処理〜 青木泰のブログ/ http://gomigoshi.at.webry.info/201109/article_5.html


放射能をまき散らす汚染廃棄物の焼却処理 (
青木泰のブログ)

http://bit.ly/wyONX1
がれきの汚染濃度は、1m離れたところで、の1.7〜20.8msv/年もの放射線量があった。放射性物質の指標値としてきたクリアランスレベル0.01msvの170倍〜2080倍



26年度末まで瓦礫で儲ける!4年間は引き延ばす。復興の遅れを瓦礫のせいにしておく。瓦礫の広告に40億円!
『がれき処理の本当の目的は利権だ!美談にするな』
http://bit.ly/zZlD4B
瓦礫
処理は巨大な公共事業。平成23年度から26年度末までに、1兆700億円が予算化



よくわからない震災地の瓦礫処理のこと(風の旅人)
http://bit.ly/wkLDDy
瓦礫が復興の妨げになっているということがぴんとこなかった。瓦礫は海岸線に集中的に集められ、瓦礫が取り除かれた町中は空漠とした荒野になっており、復興の為の建設に支障があるようには見えなかった。


瓦礫広域処理は震災前に既に取り決め済 故に放射能はお構いなし(すべては気づき)
http://sekaitabi.com/garekiriken7.html
瓦礫
広域処理は目的が利権であることは明らか。「なぜ、ここまで政府も野党も官僚も瓦礫の広域処理に拘るのか?」もはや被災地を助けるなどという思いは一切感じられません



RT @: バンダジェフスキー博士「汚染瓦礫など本来、触ってもいけないもの。輸送などすれば通過地域すべて汚染されるし、ましてや汚染されていない地域にわざわざ持って行って汚染を広げるなど、意味がわからない。汚染物は、あらゆる技術力を結集して現地で封じ込めるべき。」


RT @: ここまで不自然に瓦礫を広域処理したい理由は、この先、明らかに東北、関東ばかりに健康被害が出たら困るからだろう。だから食品も、リサイクル製品も、肥料、飼料も沖縄にまでわざわざ運ぶ。高濃度汚染の焼却灰埋め立てとコンクリートの建物で、日常すべてが汚染されて逃げられなくなる。日本すべて。


【海外市民団体の見る日本の汚染瓦礫受入問題】制作:EON
http://bit.ly/sc7Xcf
海外市民団体E.O.N.(エコロジカル・オプションズ・ネットワーク)による、2011年11月7日日本領事館提出の汚染瓦礫受け入れ差し止め、不拡散の嘆願書についてのドキュメンタリー






イメージ 3

クロッカスの満面の笑み〜(^O^) 

イメージ 4

小さな ギョウジャニンニク の芽です。



閉じる コメント(2)

顔アイコン

とてもよく勉強されてますね。私もよくわかりました。
後で転載させて下さい。

2012/3/21(水) 午後 4:43 mimi 返信する

顔アイコン

こちらも転載させてください。

ギョウジャニンニク、かわいいですね。

2012/3/22(木) 午後 1:40 [ hay ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事