読書の日々

なんだか適当な更新ですみません。只今柚子と格闘中です!

全体表示

[ リスト ]

『夜明けの縁をさ迷う人々』
 小川洋子 著
 角川書店(1,300円)
 ★★★☆☆(★3つと半分)


 もしあなたが世界からこぼれ落ちても、私が両手をのばして、受け止めよう
 
 調律が終わると、彼は黙ったまま、私だけのために関節を鳴らしてくれます。
 しかも私が最も愛している左足のくるぶしの関節です。
 私は彼の左足を抱き、くるぶしに耳を寄せます。すると洞窟の果てにある泉に、
 一滴涙がこぼれ落ちるような音が、鼓膜に届いてきます。
 それは私が、慎み深くよく我慢したことへのご褒美です。「涙売りより」
                                   (帯より)



 『海』に引き続き、また短編集である。
 長編が好きな私にとっては少し物足りない。

 奇妙で幻想的、そしてエロティックな9つのお話は分かりやす過ぎるくらい小川洋子らしい。
 後味はどちらかと言うと悪く、もっとはっきり言えば気持ち悪い。
 小さい頃『不思議な国のアリス』を読み、奇妙な登場人物になんとも落ち着かない思いを
 抱いたあの感覚と同じ。そして“落ち着かない気持ち”を上回る好奇心(?)も同じだ。

 この“奇妙”な感じを普通の物語(?)でやってしまうと
 気持ち悪くて私は読めないだろう。
 『不思議な国のアリス』並みの“ありえない世界のお話”だからこそ
 安心して(?)読めるのだ。



 全く関係ないけれど、小川洋子って名前素敵だ。
 字面って言うのかな(?)活字になったときのバランスがとても良い。

閉じる コメント(4)

そうね、縦に並べても横に並べてもきれいですね

2007/9/30(日) 午後 3:10 yumyum 返信する

ヤムさん、「梨木香歩」も素敵だと思いませんか?

2007/10/3(水) 午後 1:48 [ eri*5*5honn**ushi ] 返信する

もうっなんで・・・・・・
実はコメントに梨木香歩もいいですよねと書こうと思っていたんですよ〜、本当の本当に!

2007/10/5(金) 午後 4:32 yumyum 返信する

ヤムさん、おお!気が合いますね!!ず〜っと昔から思っていたのですが、うちの旦那さまに言ったら「は?(何訳分からないことを…)。」って目で見られたので「なにさっ美的センス(?)のないやつ。」ってふてくされていたのです。分かってくれる人がいて良かった。

2007/10/5(金) 午後 9:56 [ eri*5*5honn**ushi ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事