全体表示

[ リスト ]

ゆっくりと12月のあかりが灯りはじめ
慌ただしく踊る街を誰もが好きになる
僕は走り 閉店まぎわ 君の欲しがった 椅子を買った
荷物抱え電車の中一人で幸せだった
いつまでも手をつないでいられるような気がしていた
何もかもがきらめいてがむしゃらに夢をおいかけた
喜びも悲しみも全部分かち合う日が来る事
想って微笑みあっている色褪せた
いつかのメリークリスマス

歌いながら線路沿いを家へと少し急いだ
ドアを開けた君は忙しく夕食を作っていた
誇らしげにプレゼント見せると君は心から喜んで
その顔を見た僕もまた素直に君を抱きしめた
いつまでも手をつないでいられるような気がしていた
何もかもがきらめいてがむしゃらに夢をおいかけた
君がいなくなる事をはじめて怖いと思った
人を愛すると言うことに気がついたいつかのメリークリスマス

部屋を染めるロウソクの灯を見ながら離れる事はないと
言った後で急に僕は何故だか分からず泣いた
いつまでも手をつないでいられるような気がしていた
何もかもがきらめいてがむしゃらに夢をおいかけた
君がいなくなる事をはじめて怖いと思った
人を愛すると言うことに気がついたいつかのメリークリスマス

立ち止まってる
僕のそばを 「誰か」が足早に
通り過ぎる荷物を抱え幸せそうな顔で


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事