おやじコーギーごんぞうちん

12歳と11ヶ月。もっと生きて、最後は老衰で眠ったまま、の予定だったのに。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

いまだに

たくさんの暖かいお言葉をありがとうございました。

もう、二ヶ月以上経ったのだけど、やっぱり、つらいです。

4月にパートを辞めちゃっていて、時間をもてあましているのも悪いんだけど。

なかなか仕事も見つけられなくて。



ほぼ13歳だったし、早死にというわけではなく、犬は寿命が短いというのはわかりきったこと。

四十路のオバハンが、ペットが死んで二ヶ月経つのに、いまだにメソメソしているのは

冷静に考えるとオカシイんだけど。

子供いないからね・・・子供のかわりになってたんだよね。そんなつもりはなかったんだけど。



がんばって仕事探します。

この記事に

はやかったよ

イメージ 1

イメージ 2

たくさん、ゲストブックに、書いていただいて、ありがとうございました。

ひとつひとつお返事ができないことをお許しください。

とても、慰められました。




ごんぞうは、ここ3週間ほどは、心臓まわりに血が溜まって病院に担ぎ込むこともなく、安定していた。
相変わらず食欲は全然なかったけど、もしかしたら、このまま、ゆるゆると生きていけるのかも、と、
希望を持ってしまった。


でも、先週末あたりから、抱いて運ぼうとすると、ぶーぶーと変な息の音がするようになったり、
フセの姿勢でないと、ずっと寝ていられないようになった。

10日には、病院に連れて行ったのだけど、胸水は少し溜まっているが呼吸が荒くて針がさせない、と、
抜いてもらうことはできなかった。
やはり腫瘍自体が大きくなっている、と、先生は、残念そうに言った。

11日夜には、フセもずっとしていられないようで、すぐに立ち上がって、
ハアハアと荒く息をしながら、歩きまわる。
何とかして、というように私の顔をじっと見てた。でもどうにもしてやれない。

旦那は、10日から一週間、出張なので、「明日病院に連れていって、楽にしてやったほうがいいのか、
先生に相談してみる」と電話で話をした。

水はたくさん飲んでいたので、おしっこをすれば、すこし体が軽くなるかと、
10時ごろに、自転車のカゴで外に連れ出した。
カゴから下ろしても、立ち止まったままなので、しっこしっこ、と言いつつリードを少し引っ張ったら、
少し歩いて、おしっこをした。
それから家のほうに向かったので、そのまま歩かせた。足取りが頼りないな、と思っていたら、
ヨロヨロと倒れてしまった。
すぐにカゴに乗せ、家に連れ帰ったけど、その時にはもう、目が開いたままで、呼吸も止まっていた。
呼んでも、撫でても、何の反応もない。

どうしてリード引っ張っちゃったんだろう、と、みっともなく泣きながら、
ゴンをベッドに寝かせて、体の形を整えて、目をなんとか閉じてやった。
抱き上げても、体は、グニャグニャして。



朝、起きると、もう、硬くなり始めていた。
いつも、歯ぐきの色を見て、貧血かどうか確かめていたのに、口のピロンとしたところも硬くなってた。

近所のワンコ友達さんたちが、たくさん、お別れに来てくれた。
午後には、葬儀場に連れていった。暑い時期だし、ゴンが崩れていくのを見たくない。
3人の方が、一緒に行ってくれた。
骨になってしまうまでの2時間、気がまぎれて、ほんとうにありがたかった。
ニンゲンみたいに、お箸で骨壷に骨を納めていく。
骨壷は、ずしんと重かったけど、焼かれたゴンの骨というより、陶器の骨壷の重さなんじゃないかな、
と思った。


今、こうしてパソコンに向かっていても、つい、無意識に、後ろを振り向いて、ゴンがどこで寝てるか
確認しようとしてしまう。

外出しても、ゴンが待ってくれていない家に戻るのは、空しい。
頭ではわかっていても、つい習慣で、一瞬、ゴンを探してしまう。
昔から、ただいま〜と帰っても、大喜びで飛び出してキュンキュンいうことはなかったゴンだけど、
もそ〜っと起き出して、頭をグリグリすりつけてくる、その出迎えが嬉しかった。


あんなに無理矢理ゴハンを食べさせなければ、苦しまずに、もっと楽に、眠っているうちに死ねたんじゃないかとか、
苦しそうに私の顔をじっと見つめていた時、もっと、ずっとずっと撫でていてやればよかったとか、
最後に旦那に会いたかったかなあとか、いろいろ思ってしまう。
旦那は、これまで、2回、「犬が死にそうなので」と会社を休んでいたんだけど、
その時は何とか持ち直したんだった。

しばらくは、どうしようもない。
犬は、人間より早く歳をとり、看取ってやらなくてはいけないのは、ここに書くまでもなく、
当然誰もがわかっていることだけど、やっぱり、つらい。

あたらしいいぬはほしくないです。ごんぞうがほしいんです。
クローンペット犬を欲しがる人の気持ちがすこしわかった。

ブログでは、あんまりごんぞうの事を褒めたことなかったけど、
すごくいい犬でした。いつもおっさん面とか書いてたけど、ほんとはかわいい顔だと思ってました。
ヒトにも犬にも、愛想がよかったし、どこにいても安心できました。
伸縮リードでトコトコと先を歩いていても、耳は、後ろを向けて、私をうかがってたし、
しょっちゅう私を見上げてくれて、いつも楽しい散歩でした。
人懐こいゴンのおかげで、たくさんお友達もできました。


ごんぞうが生きていれば、今日、13日は、13歳の誕生日だった。




亡くなる30分ほど前の、最後の写真。もしかしたら、と思って、撮った・・・
すごく可愛く見えるけど、苦しくてハアハア息が荒かったからこういう表情に。
昼間の散歩中も、知らない人に、かわいい〜と言われた。
別にかわいくなくてもいいから、通常の呼吸ができてたらなあ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3d/8a/erigonzou/folder/1502601/img_1502601_60653766_0




お花を、たくさん、ほんとうにありがとうございました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3d/8a/erigonzou/folder/1502601/img_1502601_60653766_1

そして、コメントを書いてくださった皆さん、ほんとうにありがとうございました。

この記事に

開く コメント(26)

開く トラックバック(0)

さよなら

11日、夜10時過ぎ、トイレのため外に連れ出したところ、

歩いている途中に倒れて、そのままいってしまいました。

その前には、息が荒くて、かなり苦しそうだったので、

今は楽になれて、よかったのかもしれません。

あと2日で、13歳でした。




今まで、お付き合いくださって、ありがとうございました。

また数日中に、もういちど書きたいと思っています。

この記事に

むりやり食

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

週に1回くらいは、具合が悪くなる。普段よりさらに動きが鈍くなる。
そういう時は、腫瘍のどこかから出血して、心臓を圧迫しているので、
病院に連れて行って溜まった血を抜いてもらわなくてはいけない。

ひどい時は、おしっこを漏らしてしまったり、一瞬失神したようになり、抱き上げてもグニャっとして
死体みたいになってることもある。
幸い、これまでのところ、わりとすぐに意識を取り戻してくれるけど。
何度も、もうだめだ、と思った。



呼吸は、常に速い。
今、寝ているけれど、10秒間に10回。それが急に15回くらいになったりもする。
鼻息で、ブタさんみたいにブホブホ音を立てることもある。
なんかおかしい?と思って見ていても、そんな変な呼吸で普通に眠ってたり。
もうすこしゆっくりな時もあるけど。
健康な時には、測ったりしたことなかったけど、こんなに速くはなかったはず。



食欲が、ここ数週間、ホントにない。
気が向けば、オヤツは食べることがあるんだけど、
ドライフードも缶詰も、ささみをゆでても、肉を焼いても、お刺身をあげても、まったく食べない。
しょうがないので、何でもみじん切りにして、パウダー状のフードや、シニア用粉ミルクなんかと混ぜてペースト状にして、小さなスプーンで、口の中に無理やり入れている。
吐き出せないようにアゴを軽く押さえちゃうと、観念して飲み込む。我ながら上手いもんです。

もしかしたら、放っておいたら、お腹がすいて、自分で食べるようになるのかもしれないけど、
それを待ってる間に貧血で倒れられたら怖い。
毎週のように、かなりの量の血を抜かれているので、少しでも体力をつけてもらわないと。

以前は、「自力でモノを食べられなくなったら、それが寿命ってもんだな」と思っていたけど、
実際に目の前にしてみると、やっぱりそうは割りきれなくて、もうちょっと頑張ってほしくなる。

こんなむりやり食とオヤツくらいの食生活だけど、ウンチはきちんと形になっている。若干軟いけど。

ヒトが何か食べてると、すぐに寄ってきて、ヨダレをだら〜っと垂らしてウザかった日々が懐かしい。



https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3d/8a/erigonzou/folder/1502601/img_1502601_60601663_0


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3d/8a/erigonzou/folder/1502601/img_1502601_60601663_1


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3d/8a/erigonzou/folder/1502601/img_1502601_60601663_2

この記事に

開く コメント(17)

開く トラックバック(0)

あんまり

イメージ 1

イメージ 2

お返事も訪問もしてなくてごめんなさいです。



あんまり効いていないなと思いつつ、サプリメントの錠剤を、ごんぞうの口の中へ入れ、

しばらく喉をさすってやるとゴックンと飲み込む。

私の手にはヨダレが付く。納豆臭いというか、肛門腺みたいなニオイもするんだけど、

そんなにイヤじゃなく、なんとなくいつまでも嗅いでしまうなぁ。悪臭アロマテラピー。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3d/8a/erigonzou/folder/1502601/img_1502601_60530492_0



元気な時からそうだったけど、眠りながら、足をピクピクバタバタ動かしていることがたまにある。

たぶん、夢の中で走っているんじゃないかなあと思う。

もう今では走れないんだから、夢の中では楽しくいっぱい走りまわってくれ。

これまで、普通の犬の何倍も走ってきたんじゃないかなあ。

以前は、近くに、空き地がいっぱいあって、毎日ボール遊びしてたもんね。もう家が建っちゃったけど。

青森に転勤になった時も、広い公園があったし。私は仕事してなかったから、散歩の時間は長かった。

呆れるくらい、疲れ知らずのごんぞうちんだった。


https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/3d/8a/erigonzou/folder/1502601/img_1502601_60530492_1

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事