ここから本文です
えりきうさんとこ。
アニメちゃん

書庫全体表示

サンセット鑑賞後、旅のハイライト、ウルル登山のため登山口へバス移動。
前日に雨が降り路面などがやや濡れていたもののガイドさん全員が口をそろえて
「今日は登れるんじゃないか!」と予想していたそうだ。
と言うのも、かなりの確率で登山ができない。
(そもそも、山ではなく岩なので登岩なのか??)

雨の日、風が強い日、先住民の行事がある日、気温が高くなる日、、登れません。
バス車内から見た登山口のゲートは全力で閉じてました。
WINDとSUMMITの文字表示。風と行事が理由か。。かなり落胆した。

ガイドさんが、状況に応じて1時間おきにゲートが開閉するから気落ちしないで
周辺散策して待ちましょう!と、バスはウルルをぐるっと一周してクニヤ散策路へ。

イメージ 1

聖地ウルルのふもとにはいくつかの散策コースあり、登山しない人も楽しめます。
クニヤはお母さんヘビの名前だそうで、伝説が記載されてます。
見どころは壁画と泉だそうです。

イメージ 2
壁画。きれいに撮れませんでした。。


イメージ 3
お情け程度に水が張った泉。
前日の雨で水が溜まっているけど二日前までカラッカラに干上がっていたそうです。


イメージ 4
ハートに見える窪み。角度によっては見えないこともない。
これを「ハートだハートだ♡」と騒ぐのは日本人だけだそうです・・・。


イメージ 5

こっちのほうが神秘的。わかるかな?岩の壁面にクニヤお母さんニョロリ。
縦染みは雨だれでできる自然現象だと言われれば納得できるけど、
横染みなんてどうやってできるの???

イメージ 6
さぁ。バスで登山口へ再び!ゲートは開いているか!?

ちなみに開いていたら、ご覧の通り、いきなり傾斜45度から始まります。



 


顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事