お客さまが笑顔で帰り売上げアップする理容室や美容室の販促事例紹介

コンニチハ! 理美容経営企画室の関口です。理美容業界の取材を通じて聞いた話を更新していきます。

全体表示

[ リスト ]

昨日は、生涯客集客コーディネーター小俣洋市氏の経営セミナーを取材させていただきました。

このセミナーを教えていただき、また取材に際しましてお気遣いいただきました、

道具屋さんに感謝申し上げます。ありがとうございました。


今回の内容は、まず最初に現代の時代背景から説明が行なわれました。

織田信長が行なった楽市楽座から約450年後の2006年まで、

商い文化で共通していた事の特徴として、商品情報は、

売り手による表の部分しか見れない状態で成り立っていたのが、大多数でした。

しかし、2006年以降はインターネットの普及により、商品の裏の部分までもが容易に見えます。

だからこそ、表も裏もなく正直に取り組む姿勢が、繁盛のキーワードであると小俣氏は語ります。

そのような時代の流れに気がつかなったのが、雪印やミートホープ、赤福などです。


そしてもう一点。

伝える事の重要性についても語ってくれました。

自分たちの職業や自店の良さを理解して、伝えて続けているのか。

これが案外難しく、良さにつきましては勘違いしているケースも多々あると言います。

「長く来店していただいているお客さまに、来店される理由を聞いた事がありますか?」

そのように受講生へ語りかけると「長年来店されているお客さまは、どこかに価値を感じていますから」

とも続けます。

繁盛店に共通しているのが、職業や自店の良さを経営者やスタッフが把握(はあく)しており、

伝え続けている事と述べます。

ちなみに、良い部分の代表例としましては

「親が働いている姿を、子供に見せる事ができる」

「仕入れが少なく、粗利率が高い」

「お客さまの反応が、すぐに理解できる」

「自分への評価がハッキリ出る」

「お客さまの固定率が高い」などとしています。

これらに加え、オイラ的に考えたのは

「人件費率が物販業の仕入れ率に匹敵するため、商品は理容師・美容師そのもの」

と言う前提で「だからこそ、自分が変わる事で、商品力が高まる」と言う点も強みであると思うのです。

意識や考え方を変えるだけで、物凄く魅力的な商品になります。しかも、少ない経費で。

それから「国家資格である事。しかも『士』ではなく『師』と言う点」

「値段を自分たちで決められる(実際には少ないですが)」事が、

職業もしくはサロンレベルの強みではないでしょうか。


さて、伝え方については、助手の村上徹氏が補足すると次のようになります。

 ゞみと弱みを正直に伝える事で、弱みが強みになる。

◆,客さまの声を利用する。お客さまは、他のお客さまの感想に興味を抱く。

 自分(自店)は何者なのか。サロンの場合、内面が外から見えない、伝わっていないケースが多い。

ぁ‥たり前の事を説明すると価値が高まる。例えば、ハサミのメンテナンスの話など。

ァー囲を評価すると、それが最終的に自分(自店)に返ってくる。人間関係が集客に繋がる。


特ににつきましては「ちょっと仕事を見せてもらっていいですか? なんて普通ないですよね」

村上氏は、そのように付け加えます。この発想には、正直驚かされました。

それ位、ヘアサロンの内面は、特に新規客の場合、伝わってこないのです。


長文になると読み難くなるため、ここでは、省略させていただきますが、

どちらにしましても、伝える事と伝え方の重要性を再確認したセミナーでした。

数回ほど、小俣氏のセミナーを受講させていただきましたが、新発見がいくつもありました。

一度受講したから今度も同じ内容なのだろう。

当初、そのような事を考えてしまったのが恥ずかしくなったオイラでした。

では。

道具屋さんのブログ「理容よもやま話」
http://daiwariki.blog33.fc2.com/

閉じる コメント(8)

顔アイコン

いつも勉強させてもらってます!たまに店の終礼でネタをお借りしております・・。伝えないと伝わらないですよね。伝えてるようで伝わってなかったり。大切な事ですよね!

2008/3/19(水) 午前 0:19 re2*05*23 返信する

顔アイコン

こちらこそ、いつもご訪問いただきまして有り難うございます。当ブログでご使用出来るモノがありましたら、ガンガンご使用ください。今後とも宜しくお願いいたします。

2008/3/19(水) 午後 0:28 [ 理美容経営企画室の関口和彦です ] 返信する

顔アイコン

先日はお疲れさまでした。僕も村上氏の「ちょっと仕事を見せてもらっていいですか? なんて普通ないですよね」の発想には驚かされました。その考えがIT時代の今はお店に行く前に先にHPで情報を得るって事になるのかな?なんて思ったりもします。 削除

2008/3/19(水) 午後 7:05 [ R's iwata ] 返信する

顔アイコン

そーなんですよね。そう考えますと、HPの内容について色んなアイデアが浮かび上がると思っていました。

2008/3/19(水) 午後 7:46 [ 理美容経営企画室の関口和彦です ] 返信する

顔アイコン

理容室を理容室として捉えるのではなくて
普通の物販、サービスとして見ることの大切さですよね♪
視点の置き方は勉強になりますね〜 削除

2008/3/19(水) 午後 9:59 [ 道具屋 ] 返信する

顔アイコン

「仕入れ率が低く、粗利率が高い」と言う言葉が出た際、若干、会場内から笑い声が出たのですが、何に対して笑ったのか、いまだに疑問が残っています。

2008/3/19(水) 午後 10:24 [ 理美容経営企画室の関口和彦です ] 返信する

顔アイコン

「自店の強みを知り、伝え続ける。」そのことに、今後のヒントがあるようです。ありがとうございました。訪問できてよかったです。

2008/12/29(月) 午後 8:07 [ mar*ano*esi*ot* ] 返信する

顔アイコン

なかなか難しいことですが、オイラも勉強中の身。今後ともよろしくお願いいたします。

2008/12/30(火) 午前 0:01 [ 理美容経営企画室の関口和彦です ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事