お客さまが笑顔で帰り売上げアップする理容室や美容室の販促事例紹介

コンニチハ! 理美容経営企画室の関口です。理美容業界の取材を通じて聞いた話を更新していきます。

全体表示

[ リスト ]

昨晩は、いつもコメントをいただく道具屋さん、

それと、数店舗のヘアサロンを経営している経営者との飲み会マーケティング総合研究所でした。


道具屋さんとの話からは、ディーラーの現状を知る事ができました。

M&Aが活性化している昨今、その勢力関係の情報を交換していると

ある意味、ヘアサロン以上に厳しい淘汰を迎えつつあることが理解できます。


それは戦国時代の中期、地方の覇者が生まれ「我こそ天下を!」と目論んでいる状況ににています。

織田信長が美濃(岐阜県)の攻略に成功した頃でしょうか。


また、ヘアサロン経営者の方との話からは、多店舗展開しているヘアサロンでは、

独自ブランドによるディーラーを立ち上げる事なども想像に容易いという見解になり

老舗ディーラー、勢いがあるディーラー、新興ディーラー、この三つ巴の研鑽が、

ますます活性化することでしょう。


このような状況下を踏まえて、以前、弊社の会議で「ディーラー戦国絵巻」と題した企画を提案したのですが、

あっさり却下されました(汗)


それと、理容組合の支部統廃合についてのリアルな話が聞けました。

東京の理容組合では只今、支部の統廃合を行なっており、それに伴い、

東京の組合運営に参画する理事と、支部の代表(支部長)の選出が進められています。


経営者の方曰く、ある日の営業終了後、支部長選挙の投票用紙を持った方から連絡が入り

投票用紙を持参され、その場での記入をお願いされたと言います。


その際、記入用紙を持参された方が、候補に挙がっている人物の中から個人的に推薦する人物名と、

数名の候補者の中に埋没(まいぼつ)している現在の支部長名を、聞いてもいないのに教えてくれるそうです。

もちろん、推薦する人物名と現在の支部長名は同一人物で、いろんな思惑を感じた、ともしています。


昨日聞いた話ではありませんが、理美容師免許の一本化、カットのみに特化した資格、

果ては理美容師混在(理容師が美容室での就労、もしくは美容師が理容室での就労)などが

実現の方向に向かって進んでいます。

特に、理美容師混在については、意外と早期に実現する可能性も高いと言う話が聞こえてきます。


時代は変化ではなく進化している。

この言葉は24日(水)の日記に書いた吉田氏から聞いた話ですが

「だから、将来、自分にふりかかる事態を予測して、今から準備をするのが経営者の仕事」

と言うのが印象深いです。

いち早く助成金を活用し、多くの恩恵を受けた氏の言葉だからこそ、妙に説得力があります。


さて、話を戻しますが、ディーラー、組合、資格制度など、

リアルな目に見えた部分で、変化なのか進化なのか分かりませんが、従来のカタチが変わろうとしています。

これは、弊社自身、またはオイラ個人にも当てはまり、決して他人事ではありません。

だからこそ、今、何をするのか。


そんな事を、迎えに来てもらった嫁が運転する車内で考えていました。

エロ侍「今、飲み会終わったよー。○○○(地名)で飲んでましたー」

意味深げに帰るコールをするのですが

嫁「あーハイハイ。○○○だったら車の方が近いから、迎えに来いってことね」

となりました。ありがとね。


飲み会の話から、今、理美容業界の流れはどうなっているのか、学ぶ事は色々あります。

だから、今何をするのか。

そんな事を思う今日この頃です。

では。


道具屋さんのブログ
http://daiwariki.blog33.fc2.com/

閉じる コメント(4)

ご無沙汰です
本当に時代の変化、進化の時期ですね
理容師美容師混在は若い理容師達にとって朗報だともいます
若い間は、美容室で働きたい・・・でも歳いったら理容の仕事でと思ってる人間は多いのが現状です
国家資格を守るというのは、理容も美容も共通した願い・・・でもカットのみの資格は・・・難しいですよね

学校にいる私としては、この変化の時代だからこそ、知識教養を身に着け、いろんな局面に対応できる人間を育てたいと思っています

理容とは、1か月疲れた人々の身だしなみを整え、ゆっくりリラックスしてもらい、これからの1か月の鋭気を養ってもらうよう心掛ける仕事・・・
決してなくしてはいけない仕事だと思っています

2008/9/28(日) 午後 5:28 直 返信する

顔アイコン

こんにちは。資格に関しては、行政レベルで変化と言うか進化がありそうですね。となれば学校教育にも影響し、そこから今までにない理美容師が育ってくるのかな、などとも思っています。いつも有難うございます。

2008/9/29(月) 午後 8:22 [ 理美容経営企画室の関口和彦です ] 返信する

顔アイコン

はじめまして理容師のキヌガワと申します。
僕も今後の理容業界は理容学生の減少と現役理容師の高齢化で今のままでは限界があると思っています。理美容混在という点では今後の理容業存続への対策のひとつだと思います。

2010/4/7(水) 午前 9:46 かっちゃん 返信する

顔アイコン

キヌガワさん はじめまして。こんにちは。

ご訪問&コメント、ありがとうございます。

理美容混在は、いまでも燻っている状態のままです。

今後、どのようなカタチになるのか、注目しています。

それにしましても、理美容混在における未来予想図みたいなモノも

必要だなぁ、などと思いました。ありがとうございます。

2010/4/8(木) 午後 1:12 [ 理美容経営企画室の関口和彦です ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事