お客さまが笑顔で帰り売上げアップする理容室や美容室の販促事例紹介

コンニチハ! 理美容経営企画室の関口です。理美容業界の取材を通じて聞いた話を更新していきます。

全体表示

[ リスト ]

いつもご訪問いただき、ありがとうございます。

3月2日(火)の弊社主催の経営情報交換会、とあるメーカーさんもご参加いただくとの事。

会場が狭いので、そろそろ人数的に限界かなぁなどと焦っているエロ侍です。


本日は、昨日の日記の続きになりますが、髭剃り男爵さんから教えてもらった内容の紹介です。


こんな話、聞いた事ありますか?

自店の売上げに対する貢献が高い(来店回数×単価)上位3割の優良顧客と得意顧客が

売上げ全体の約7割を生み出している、と。

さらに、その上位3割の顧客を「えこひいき」すれば売上げが向上する。


髭剃り男爵さんは、ヘアサロンのマネージャーと言う立場から

「えこひいき」戦略について、このように付け加えます。


「えこひいきの対象外とされている、新規客や来店回数が浅い顧客」

「これらの客層に対しての『えこひいき』も必要」

「上位3割の客層だけを意識していると、新規客などの失客に繋がる」

「その繰り返し結果、優良顧客などだけになり、その客層の中で

さらなる上位3割の層だけを『えこひいき』するようになる」

「最終的には、従来の上位3割と言う位置づけだった客層の失客になり、客数が減少する」


つまり、上位顧客だけの「えこひいき」では顧客階層を構成している

△(さんかく)の底辺の幅が小さくなり、それが客数、さらには売上げに影響してくると言います。

とは言え、顧客全体を「えこひいき」するのではなく、その方法に変化を持たす事が大切と教えてくれました。


「新規客や来店回数が浅い客層には、サロンで『えこひいき』を行なう」

「一方、優良顧客など対しては、来店後の『えこひいき』を徹底する」

と話す髭剃り男爵さんは、こんな事例を挙げて説明してくれます。


「忙しい時、優良顧客などに事情を説明して、新規客を優先して接客する」と。

サロン現場では、優良顧客などを身内と言う位置付けにして、少々の無理をお願いする。

だから、その場合は新規客などを『えこひいき』した事になります。


ただし、優良顧客などに対しては、その後の『えこひいき』を徹底すると言うのです。

たとえば、飲食店を経営している優良顧客でしたら、無理をお願いした後日にお店に行き

「この間はゴメン。あの時、協力してくれて助かった。ありがとう。○○さんだからお願いできた」

このような言葉を言うだけでも、違ってくると考えます。


「ヘアサロン経営を安定させるには、顧客階層によって『えこひいき』方法に変化を持たせる必要がある」

この一言が、今でも印象深く残っています。ありがとうございます。

やっぱ、ヘアサロン現場の経験から得られた話は、すっごい面白いです。

髭剃り男爵さんから教わった事は、まだまだありますので、後日、紹介していきますね。


本日の感謝

昨日から車を運転してくれた嫁さんに感謝です。


明日の夢

東京理容専修学校後援会主催の講演を取材してきます。

講師は、髭剃り男爵さん。かなり楽しみ。どんな新発見があるのでしょうか。



【日曜日恒例の愛犬アンディ通信♪】

※アンディとは、眠くなるとマバタキが異様に多くなるゴールデンの1歳。オス。37キロ。


土・日の休日を利用して、長野へ遊びに行きました。

土曜日は雪がなかったのですが、一晩すると…

イメージ 1


アンディ「わぁ〜い。父ちゃん! 雪だ! 雪!」

エロ侍「さみーよー」

アンディ「ちょっと遊んでくるね!」


−−数秒後−−

エロ侍「おぉ〜い。アンディ〜〜〜。あんまり遠くまで行くなよー。戻ってこーい」

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


アンディ「えっ? なに? なんか言った?」

エロ侍「あんまり、遠くに行くなよー」

アンディ「ウン! わかった! 気を付けるよ! じゃーねー」


−−数秒後−−

エロ侍「おぉ〜い。アンディ! 帰るよー」

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8


アンディ「なになに? なんか呼んだ?」

エロ侍「さびぃ〜。寒いよー。もう帰ろうよ」


イメージ 9

イメージ 10


アンディ「ヤダヤダヤダ。雪、冷たくて楽しい〜。もっと遊びてぇ〜」

エロ侍「……(汗) なんか、超・ドロドロ&グチャグチャになってるし」

そんなこんなで、ドーーーンと突っ走っては戻りを繰り返すこと数回。

嫁さんと交代しながらアンディの相手をすること約半日。

雪原を走り回ったアンディ君は……

イメージ 11


ブサイクな表情で熟睡していました。

もちろん、起きた直後から、また遊びに付き合わされたのです。

閉じる コメント(15)

顔アイコン

やばいです かなり癒されました‥
金曜日はどうもありがとうございました
ちょっとした緊張感が成長につながるような気がします

髪千人さんとエロ侍さんに感謝の気持ちでいっぱいです!!

2010/3/1(月) 午前 0:45 [ よう助♪ ]

顔アイコン

アンディくんきもちよさそー。隣で一緒に寝たくなります♪

2010/3/1(月) 午前 0:53 [ けろ。 ]

顔アイコン

かわゆい!!
子供のしぐさがなんとも言えない〜
この気持ち、大型犬を飼った事ある人は分かる〜よね(^^)

優良と得意客って
そもそも、観点が違うきがするのは・・・
私だけ(・・?

2010/3/1(月) 午前 9:43 [ シャー少佐 ]

ジブン的にはお客様は皆平等と言う営業方針ですけど、人情ってどうしても沸いてきます。が、そこはハッキリと我慢です。
毎月御来店・高単価の方がいかに店に貢献して頂いているかは分かってます。
しかし顧客でも新客でも施術時間・サービスも一緒。これは仕上げまでの過程が共通だからです。
忙しいからと言って技術を雑にするとか、ハナシを上の空とかにはしません。もちろん気心しれた顧客様とは仲がいい関係のハナシ、新規様とは初対面だからこそのお互いを理解する為の会話。

いつも平等だと感じていただければその方針に沿ったお客様が定着されて頂けるようです。
商売人ではないけれど、お店の都合でのムラが一番嫌いです。

2010/3/1(月) 午後 9:46 kam(カム!)

顔アイコン

ようすけさん こんばんは。

緊張が成長を生む。

いい言葉ですね。

それにしましても、金曜日と月曜日。ありがとうございました。

今後とも、色々教えてくださーい。感謝。

2010/3/3(水) 午後 11:20 [ 理美容経営企画室の関口和彦です ]

顔アイコン

けろ。さん こんばんは。

寝ているときのアンディ君は、可愛いのですが、その後が大変なんです(汗)。

2010/3/3(水) 午後 11:22 [ 理美容経営企画室の関口和彦です ]

顔アイコン

シャーさん こんばんは

アンディ君は、まだまだ子供です。それが可愛いのか、ウザイのかは別ですが。

優良顧客と得意客との違いですが、前者はヘアサロンを支える

一番重要な顧客で、後者は、その次と言うのがオイラの考えだったりします。

どうなんでしょうか?

2010/3/3(水) 午後 11:25 [ 理美容経営企画室の関口和彦です ]

顔アイコン

kamさん こんばんは

ムラ。

ありがとうございます。そのお言葉、かなり勉強になります。

顧客管理の根幹といいますか、その基本的な部分は、そこにあると考えています。

サロンの方針を理解された顧客が残ると言うお話も勉強になります。

ホント、ありがとうございます。感謝。

2010/3/3(水) 午後 11:29 [ 理美容経営企画室の関口和彦です ]

いえいえ。何だか書いてしまってから恥ずかしいなって思ったり。
これは飽く迄も企業ではない個人経営だから許される事だと。
あまりにもワガママもどうかなと反省したり。試行錯誤です。
方針も徐々に変わっていきます。お客さんの傾向を敏感に感じ取って、ソレをジブンならどのようにアレンジして取り入れていけるか。
それが問題だと。

暖かい御返事にこちらこそ感謝です。

2010/3/3(水) 午後 11:43 kam(カム!)

顔アイコン

kamさん こんばんはー。早々にコメントいただき、ありがとうございます。

コメントを書いていて、自分の考え方がまとまる。

これって、案外多いと思います。

っちゅーか、オイラが、その代表例(汗)

お客さまの傾向。

オイラも、その把握に興味があるので、教えてくださーい。

ありがとうございます。

2010/3/3(水) 午後 11:51 [ 理美容経営企画室の関口和彦です ]

一商店にご来店頂いているお客様なわけですから、定着して頂ける客層も似たような方が多くなります。
一口に傾向と言っても偏っているとは思います。世間的には節約志向が高まっていて、ウチも主力の‘少し余裕がある方’にも気分的にかなりの影響がありそうです。世間の雰囲気に敏感になるのは当たり前だと思いますが。
サイクルが伸びているのも事実です。これがイタイ。失客してるわけでは無いけれど、月ごとの売上げにひびきますよね、正直な所。
でも、だからと言って、無理にサイクルを伸ばす事はせずに、如何に長持ちするような技術を提供するか・・・これがその場合の対処の仕方です。失客が一番の課題ですから、また時期が来れば再来して頂ける・・・そう思うようにしています。

2010/3/4(木) 午前 1:07 kam(カム!)

別のハナシ。
傾向とは個人個人のその時の気分の事もあります。
今、この方はどんな事をすれば満足していただけるのか。今まではコレだったけど、そろそろ飽きてきているんじゃないのか。本当は変身願望があるのに一歩踏み出せずにいるのではなのか。
こちら側からアドバイスを受け入れていただけるタイミングではないのか。
1人1人に今の気分の傾向の段階があるんだと思います。ソレを敏感に感じとって、タイミングよく提案する・・・これこそが個人店ならではの接客方法ではないかと思って日々過ごす毎日です。
押し付けは弊害を生むし、引きすぎると飽きさせる。難しいです。
その繰り返しの中で、全体的な傾向が感じ取れる・・・結論的には、満足。これが一番のキーワード。当たり前ですけど、如何にその方その方の満足を感じとって、それに応えるか・・・こんな事を考えているジブンです。満足は一人一人違うので、至難の業になりますけど。

答えになってないかな。。

2010/3/4(木) 午前 1:08 kam(カム!)

顔アイコン

我が家の場合は、後者も重要だと思っておりますが・・・
今の時代は、景気に影響されるためかな・・・
人くくりにするのは、どうなのかな??
それにしても、難しいですね商売(経営)って(=_=)

2010/3/4(木) 午前 8:32 [ シャー少佐 ]

顔アイコン

kamさん こんばんは。

来店頻度短縮。これって、各方面からご質問をいただきます。

オイラは専門家ではないので、深い話はできませんが

要は来店動機の意識付けを行なうだけでも、違ってくると思っています。

そうなりますと、年間経営計画などにも関連してきますし

その辺は、後日、改めてまた教えていただいた話を紹介していきます。

それから、飽きる心境ですが、納得。

失客の根本的な原因は、もしかしたら、ソコにあるのかなぁ

などと思っている今日この頃。

じゃー、飽きないためには、どうするんだ?

そんな疑問もあるかもしれませんが、オイラも勉強中です(汗)

スミマセン。

でもね。このようにご質問いただき、ほんと嬉しいです。

オイラなりに今後の課題も判明しましたし。

ありがとうございます。

2010/3/5(金) 午前 0:50 [ 理美容経営企画室の関口和彦です ]

顔アイコン

シャーさん こんばんは。

景気と言うよりも時代の影響が大きいかなぁ、などと感じています。

景気に影響されるお客さまは、自店の良さを理解されていない方。

それよりも怖いのが、時代に合っていない経営が怖いです。

などとナマイキにも感じている今日この頃。

いつもありがとうございます。感謝。

2010/3/5(金) 午前 0:54 [ 理美容経営企画室の関口和彦です ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事