お客さまが笑顔で帰り売上げアップする理容室や美容室の販促事例紹介

コンニチハ! 理美容経営企画室の関口です。理美容業界の取材を通じて聞いた話を更新していきます。

全体表示

[ リスト ]


たまには、真面目に書いてみます。

いや。普段が不真面目とかではなく(笑)

イメージ 1

ご興味がある方がいましたら、以下をご覧ください。


「我々は決して負け組になっては、いかんのです」                                                                                          何かの理容業界イベントで、このような挨拶が聞こえてきました。

要は勝ち組つまり、繁盛店になりましょう、そのような意味合いなんでしょうね。


そこで、ふと思いました。


理容業界の勝ち組が繁盛店で、それ以外が負け組になるのかなぁ。などと。

色々と考えていくうちに、どうやら、その構図は違うんじゃねーの

と、思うようになります。


理由は、冒頭の「負け組」の対象は、負けていないから。


負けると言うことは、勝負した結果となります。

であれば、勝負していない場合、勝つことがない反面、負けることもありません。


などと遠回しに表現していますが、分かりやすく言うと

「行動していない=勝負していない=負けていない」となります。

負けると言うことは、何かしらの行動結果です。


繁盛店と呼ばれる理容室の経営者、従業員に共通していることは、動くと言うこと。

勉強して行動に移す。勉強しながら行動する。行動しながら勉強する。


何かを学び、その内容を実践するから結果に繋がり

その地味な行動の積み重ねによって、気が付けば繁盛店になると言う構図。


ここで注意したいのが、学ぶだけで終わっているもったいない状況です。

「知っているけど、やっていない」平たく表現すると、そうなります。


講習会に参加して色んなことを知り、ブログやSNSで情報発信。

「凄い」「勉強熱心だね」「それ知らなかった」「いつも忙しいね」

そのような頂いたコメントを見て満足してしまう。そしてまた別の講習会に参加。

この状況も未行動に分類されます。


そろそろまとめます。


勝ち組と負け組と表現するのであれば

何もしない組も加えて欲しいのです。


勝ち組と負け組は、何か行動した者同士。

ですから、負け組でも今後の行動内容に修正を加えることで当然、勝ち組になれます。

と言うか、勝ち組に最も近い人たちでもあります。

何かしら行動している訳ですから。


だから今は負け組であっても、それは誇られるものであり、残念な結果ではありません。

「負け組=勝ち組予備軍」なのです。


勝ち組と負け組と表現するのであれば

何もしない組も加えて欲しい、と思っている今日この頃。


2019年9月18日(水)午後20時30分から東京・南多摩地区で開催される夜間講習会では

理容室の勝ち組事例について、情報共有しますのでご興味がある方がいましたら、是非。

理容組合未加入者も参加費が必要ですが参加可能。

詳細はまた改めて触れたいと思います。

と最後は、宣伝で〆てみます。スミマセン。


−薄毛が気になり始めた理容師・美容師たちに朗報−     

理容師や美容師からの紹介患者が多い、薄毛治療クリニックがあります。

私・関口が信頼している、薄毛治療や美肌育成の病院。

芸能人が登場する宣伝広告は一切行なわず

他の病院に比べて、適正価格(安い)など正直経営。

本当に安いの? などと信じられないと思った方は

試しに↓↓↓以下をクリックしてホームページの価格一覧をご確認を。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事