ここから本文です
松阪散策
花鳥風月を求めて松阪の山野を駆け巡っています。

書庫全体表示

記事検索
検索

全236ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ホドイモ探索途中で見つけた拾い物,初見のフジカンゾウです。似た仲間でよく見かけるヌスビトハギ、アレチヌスビトハギを比べてみました。
の大きさはヌスビトハギ < フジカンゾウ < アレチヌスビトハギ 
豆果はアレチヌスビトハギが3個〜4個、ヌスビトハギ、フジカンゾウが2個で、形は違います。
はヌスビトハギのは丸い3小葉とアレチヌスビトのは長い3小葉、フジカンゾウのは2〜3対の小葉をもった奇数羽状複葉です。

ヌスビトハギ <マメ科ヌスビトハギ属>
イメージ 1

イメージ 7

アレチヌスビトハギ <マメ科ヌスビトハギ属>
イメージ 2

イメージ 5

イメージ 8

フジカンゾウ <マメ科ヌスビトハギ属>
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

松阪の野鳥・山野草・蝶・トンボ・動物はこちらでお楽しみください。

この記事に

開くトラックバック(0)

ホドイモ探し

3日前に見つけたホドイモを他にもないか探しに出かけました。どこにあるかわからないものを見つけ出すのって大変骨が折れます。偶然見つけたものが初見のものって意外にそのあとよく出会うことがあることに期待を込めて探し続けました。

3日前に林縁に張り巡らされた獣害フェンスに絡みつくホドイモです。
イメージ 1

やっと見つけた!茶の木に絡まってます。
イメージ 2

マメ科の花は旗弁、翼弁、竜骨弁からなっているのですが、この花は面白い形をしています。旗弁は広がり、翼弁は小さく、先はピンク色で、竜骨弁は内側に曲がっています。
イメージ 3

後ろ横から見ると。
イメージ 4

松阪の野鳥・山野草・蝶・トンボ・動物はこちらでお楽しみください。

この記事に

開くトラックバック(0)

秋の山野草

春は花、秋は紅葉ですが、秋もいろいろの花で楽しめます。

イヌコウジュ <シソ科イヌコウジュ属>
イメージ 1

ゲンノショウコ <フウロソウ科フウロソウ属>
イメージ 2

ツリフネソウ  <ツリフネソウ科ツリフネソウ属>
イメージ 3

カラスノゴマ <シナノキ科 1年草 >
イメージ 4

クコ <ナス科クコ属>
イメージ 5

私は小さいときマンジュシャゲと言ってました。私にとっては別名・彼岸花です。
イメージ 6

松阪の野鳥・山野草・蝶・トンボ・動物はこちらでお楽しみください。

この記事に

ミヤマアカネ

天気予報は1週間先ず〜と曇り空または雨、空に構ってられません、雨が止んでたら出かけましょう、きょうも午後出かけました。

ヒガンバナどんどん咲き出しています。珍しくもない白いヒガンバナですが。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 5

イメージ 3

あぜ道にはミヤマアカネ  縁紋も赤くなってきました。
イメージ 4

イメージ 6

松阪の野鳥・山野草・蝶・トンボ・動物はこちらでお楽しみください。

この記事に

開くトラックバック(0)

田んぼの畔の花

午後雨予想、朝から、もう少しはまとまって咲いているだろうとヒガンバナ探しに出かけました。

数本咲いているところは何か所か見かけましたが、この畔に咲いていてくれました。
イメージ 1

イメージ 2

アキノノゲシ <キク科アキノノゲシ属>
イメージ 3

マメアサガオ <ヒルガオ科サツマイモ属>
イメージ 4

ホシアサガオ <ヒルガオ科サツマイモ属>
イメージ 5

マルバルコウ <ヒルガオ科ルコウソウ属>
イメージ 6

ヨメナ <キク科ヨメナ属>
イメージ 7

松阪の野鳥・山野草・蝶・トンボ・動物はこちらでお楽しみください。

この記事に

開くトラックバック(0)

全236ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事