三流映画レビューと小野次郎厩舎応援ブログ

地震が半端無いです・・・。更新無くなったら死んだと思ってください(笑) コメ返遅れます

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

「Sweet Rain 死神の精度」

製作年度;2007年

製作国:日本

上映時間:113分

イメージ 2

【主な出演者】
金城武
小西真奈美
富司純子
光石研
石田卓也
村上淳
奥田恵梨華
吹越満
イメージ 3

【解説】
人気ミステリー作家・伊坂幸太郎のベストセラーを金城武主演で映画化したハートフル・ファンタジー。人間の感情を理解しない一風変わった死神と一人の若い女性との奇妙な交流とその顛末を綴る。共演は「天使の卵」の小西真奈美。本作では役名・藤木一恵の名義で主題歌も担当。監督は「美女缶」の筧昌也。
 不慮の死が予定されている人間のもとに現われ、行動を共にして7日後に、“実行=死”か“見送り=生かす”かを決める死神。その一人、千葉は“ミュージック”をこよなく愛する一風変わった死神。そんな千葉の今回のターゲットは電器メーカーに勤める苦情処理係のOL、藤木一恵。愛する人がいつも早死にしてしまう薄幸の彼女だったが、それでも懸命に生きていた。とはいえ、いつも“実行”の判定ばかりをしている千葉にとっては、今回もそれは既定の事実のはずだったが…。

-allcinema onlineより-
イメージ 4

この映画の原作は伊坂幸太郎。
私は昔はよく小説を読み漁っていたんですが、最近はまったく読んでないので伊坂幸太郎の凄さが良く分かってないんですが、現在の人気作家でありますよね〜。
伊坂さんの原作の映画は、【アヒルと鴨のコインロッカー】【陽気なギャングが世界を回す】を見ましたが、どちらも面白い映画でしたよね^^
きっと本で読んだら伊坂幸太郎作品って面白いんだろうな〜と言うのはなんとなく分かります。

その伊坂さんから、映画化するなら主演は金城武でと言う条件付きで映画化されたのが本作です。
金城武は台湾とのハーフでどちらの言葉も話せるので、日本と言うよりはアジアのスターと言った感じですよね。
私的には日本の作品より中国系の作品で映える俳優さんかなと思いますが・・・。
日本の作品だとなんとなく台詞棒読み感(笑)
この作品では原作者からの指名だけあって、かなりのはまり役ではありましたね^^
ちょっと棒読みな感じと浮世離れした感じが、死神千葉とマッチしてて雰囲気が出てました☆
イケメンだけに女性ファンも多そうですね?

そしてヒロインにはこの映画の鍵を握る藤木一恵役の小西真奈美。
映画の中でも藤木一恵が「私は醜くて地味で・・・」なんて言ってますが、小西真奈美自身が可愛いけど地味な存在だな〜と思っていたので、なんか可笑しかったです^^
結構好きなんですよね〜地味で^^
ただ、映画の中で歌手デビューするんですが、本当にCD出しちゃったのは微妙です・・・。
何度も言ってますが、地味なので現実世界では^^;
声も透き通っていい声なんですが、曲も声もインパクトが薄い感じで・・・。
結局売れたのかな?売れてないよね?^^;

この映画は3つのオムニバスが最後はつながると言う感じのファンタジー系作品ですが、予告編見たら大体ストーリーが分かってしまうのがどうにも・・・。
脚本にも問題があると思いますが、映画のストーリーそのものは面白いんですが、込み上げてくる感動とか感慨深いものが無い。
最後まで普通に楽しめるんで、悪くはないんですが予定通り進むかなと。。。
この手の映画って何がしか考えさせられたり感動したりと言うのがないと、なんか物足りないですよねw
原作も良いし、配役もピッタリなので、面白い題材なのに普通に作っちゃったな〜と。

千葉(金城)が死を実行しなかった3人が最後つながると言うのは、バレバレすぎてもうちょっとうまく伏線を張りながら作ってほしかったです。
犬も、もうちょっと可愛いほうが・・・字幕じゃなくて吹き替えにするとか?
なんか感情を揺さぶられるものがないのが、見終わった後に満足感がなくてもったいなかったんですよね^^;
悪くはないんですが、普通の映画って感じでした。
タイトルにもなってる雨が重要なキーワードなのかと思ったら、それほどでもなかったのもなんだかな〜・・・。

ただ、この3つのストーリーを中心に『死』とはどのようなものか、考えてみるのにいい機会ではありますかね。
最近やたら死んで感動させる映画が多い中で、生かされるほうがテーマなのも面白い設定ではあります☆
それから、単純に金城ファンは見てるだけで楽しめるかも^^
ちょっとコミカルなキャラがファン心理をくすぐるかもね☆

ブラッド・ピット主演の【ジョー・ブラックをよろしく】が好きな方なんかにはおススメな作品ですよ^^

そんな映画の予告編はこちら↓ 

閉じる コメント(26)

小西真奈美、いいですね〜。 顔ちっちゃ〜。

でも結構好きなタイプなんで、観て見よう。

2009/3/11(水) 午後 7:24 smile-k 返信する

一応金城ファンです(いや、でした?かな、、、)が、日本映画やドラマに出ているのはあまり観ませんね。あ、山崎貴監督の「リターナー」は観ましたよ、劇場で。しかも何回もw
でも死神というのははまり役かもですね。以前、天使役でもはまってたのでw
確かに日本語は棒読みっぽいですよね^^;やっぱり中国語話してる金城がいいです^^という訳で「レッドクリフpart2」を楽しみにしています(ほんとにファンか???)

2009/3/12(木) 午前 0:22 [ - ] 返信する

顔アイコン

「天使の卵」は本で読みました。
もう一冊シリーズがあったような。小西真奈美さんは顔がちっちゃくて可愛いですよね。羨ましいなって思います。

2009/3/12(木) 午前 7:04 [ kimunao ] 返信する

くうさん>胡椒ほしかったですよね〜〜。
泣く準備してたんで、俺の涙腺どうしてくれるんねんって感じでした(笑)

2009/3/12(木) 午前 7:22 36 サブロー 返信する

ひかりさん>やっちまったな〜w男は黙って修正^^;
小説はこのところずっと読んでないですね〜。これだけ映画見たら読む時間はさすがにないですがなw
この映画は伊坂さんはかなり注文つけたみたいですけどね〜。配役でどうしても映画のイメージが決まっちゃいますからね^^;
小西真奈美って地味なところが結構いいですね^^

2009/3/12(木) 午前 7:25 36 サブロー 返信する

smile.kさん>小西真奈美いいですよね〜!
顔も小さいし地味ながら綺麗ですしいい人そうだし^^
映画の内容はまあそこそこですが、結構癒し系の映画ですのでお時間あったらどうぞ☆

2009/3/12(木) 午前 7:27 36 サブロー 返信する

べえこさん>金城武の映画だと、私もリターナーは見ました^^ちょっと棒読みでしたね^^;
あと中国映画ではLOVERSでチャン・ツィイーと共演してましたね☆
死神で浮世離れした役なので、棒読みがこの映画では逆にはまってるので違和感は「この映画に関して」はなかったです^^
私はレッドクリフは1見てないのでDVDでてからになりますww

2009/3/12(木) 午前 7:31 36 サブロー 返信する

kimunaoさん>天使の卵ってレンタルショップでいつも気になりながらも見送っていた作品なんですよww
小西真奈美目当てで今度見ようかなっと☆
顔が小さく地味ながら美人で、強烈なインパクトがない分細く長く生き残る女優さんっぽいですよね^^

2009/3/12(木) 午前 7:33 36 サブロー 返信する

この映画気になってました〜(^0^)
井坂さん原作だったんですね!
小西さんと金城さんコンビが気になって
たんですよ〜特に小西さんはお笑い系番組に
でてる時に好きでしたね〜クールなのに
サラリとキツイとことか好きでした♪
また弟からレンタルできたらいいなぁ〜

2009/3/14(土) 午前 11:59 小鳥 返信する

小鳥さん>原作はかなり面白そうですよね〜人気作家の伊坂さんの作品ですし^^
映画としても、それなりに突っ込みどころもありながら楽しめることは楽しめますよ!もうちょっと感動できるかなとは思ったんですが。。
小西真奈美ってなんか地味ですがつかみどころなくて面白い女優さんですよね〜☆
今後も楽しみです^^

2009/3/14(土) 午後 5:17 36 サブロー 返信する

顔アイコン

映画館で、観ました。
くすくす笑いましたよ。

そろそろ、クラウザー様が見られますね。

2009/3/21(土) 午前 11:47 [ いや!! 博士はオレだ ♪ ] 返信する

いや!!博士はオレだ。さん>これは微妙な笑いを誘うシーンが多かったですよねw
みにくい→みえてるとか、他の人がしゃべったら滑ったって言われてもおかしくないような^^
クラウザー様ってなんでしたっけ???

2009/3/22(日) 午前 7:31 36 サブロー 返信する

アバター

原作では収録されてる短編がそれぞれリンクしていることに気づいた時 もっと「うわ〜」って感動したんですが 映画は見てるそばから気がついちゃうっていうか・・・。
いい作品なだけに 映像も地味で(雨ばかりだから仕方ないか・・・)ちょっと印象に残りづらい作品でしたね。
こちらからもトラバさせていただきますね。

2009/6/13(土) 午後 8:29 tammy 返信する

tammyさん>個々のストーリーは悪くないんですが、なんか地味なんですよね〜。
展開も読めるし^^;
原作ではうまいこと繋がってるようで、脚本と監督の問題でしょうか^^;
小西真奈美さんの歌同様、地味な作品になりましたね。。
TBありがとうございます^^

2009/6/14(日) 午前 7:23 36 サブロー 返信する

原作とはちょっと違う内容のところがあるようですね。
千葉が実行しなかったのは一人だけだったような・・後は非情にも実行していました。映画も見てみたいです。
こちらからもTBさせてくださいね。

2009/9/8(火) 午後 9:06 ひまわり 返信する

ひまわりさん>どうも原作ファンの方には不評のようで、原作見てない私でも多少違和感がありました。。
やはり映画的に3つのエピソードを無理やりつないだ感じなんでしょうかね^^;
ただ、千葉のキャラクターと金城武のキャラが絶妙にマッチしてて、深く考えなければ楽しめる映画になってましたよ☆
TBどうもです^^

2009/9/9(水) 午前 7:25 36 サブロー 返信する

そうなんですよね。。
悪くないけど、イマイチ^^;
ストーリーが繋がるのも普通だったし、ラストの感動が足りないのも同感です…。
でも悪くはない(笑)

2009/12/25(金) 午後 6:00 れじみ 返信する

rejimi31さん>こんな感動できそうな設定で、普通の作品作っちゃったみたいな感じですよね・・・。
各キャラなんかはうまく描けていたと思うんで、脚本でしょうね^^;
金城武はピッタリのキャラでしたし。
ホント、「惜しい」と言う言葉がピッタリの作品w

2009/12/26(土) 午前 8:49 36 サブロー 返信する

顔アイコン

ゴールデン・スランバーも評判いいみたいですね。

2010/1/12(火) 午後 10:42 mossan 返信する

mossanさん>伊坂幸太郎作の映画化はかなり多くなってきましたね!
ゴールデン・スランバーは間違いなく見ると思います^^
堺雅人も最近多いですよね〜。
トラバどうもです☆

2010/1/14(木) 午前 7:21 36 サブロー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事