三流映画レビューと小野次郎厩舎応援ブログ

地震が半端無いです・・・。更新無くなったら死んだと思ってください(笑) コメ返遅れます

全体表示

[ リスト ]

映画「バーレスク」

イメージ 1

「バーレスク」

製作年度;2010年

製作国:アメリカ

上映時間:120分

イメージ 2

【主な出演者】
シェール
クリスティーナ・アギレラ
エリック・デイン
カム・ジガンデイ
ジュリアン・ハフ
アラン・カミング
ピーター・ギャラガー
クリステン・ベル
スタンリー・トゥッチ
イメージ 3

【解説】
スターを夢見るヒロインとショー・クラブの再生を目指す人々が織りなす人間模様を華麗なステージ・パフォーマンスとともに描くエンタテインメント・ミュージカル・ドラマ。主演は「月の輝く夜に」のシェールとこれが映画デビューの人気シンガー、クリスティーナ・アギレラ。共演にクリステン・ベル、スタンリー・トゥッチ。監督は俳優や脚本家として活躍し、これが長編2作目のスティーヴン・アンティン。
 かつては栄華を誇った大人のためのショー・クラブ“バーレスク”も、いまや客足が衰え経営難に陥っていた。伝説のスターにして現オーナーのテスは、舞台監督のショーンとともに再建に尽力するが、すべては新たなスターの誕生にかかっていた。そんな時、アイオワの田舎町からスターを夢見て単身ロサンジェルスへとやって来た少女、アリ。彼女は偶然目にしたバーレスクの華麗なショーに心奪われる。そして、どうにかウェイトレスとして雇ってもらい、ステージに立つチャンスを狙う。やがて、その歌唱力とダンスの才能がテスにも認められ、ついにスターへの階段を上り始めるアリだったが…。

-allcinema onlineより-
イメージ 4

イメージ 5

一昨日ですが、今年1回目の映画館での鑑賞に行ってきました。
新年最初の劇場鑑賞は、やはり気分の良い映画じゃないとね!
サクセスストーリー+クラブの再生、そしてハッピーエンド。
気分良く映画館初めを迎えられました☆
予告編でクリスティーナ・アギレラの歌声に鳥肌が立って、これは劇場で見なければと思いつつなかなか見れなかったのですが、なんとか間に合って良かった〜^^

クレジットの最初にシェールの名が出てますが、どう考えてもアリ役のクリスティーナ・アギレラが主演で、アリのサクセスストーリーが物語の核となっていましたね。
サクセスストーリー自体は、ありがちでベタベタで特筆するほどではないですが、ありがちなアメリカンドリームだからこそアギレラのパフォーマンスが引き立つところもあったでしょうか。
あの歌唱力やダンスには、サクセスストーリーを作る上で、ものすごい説得力があります^^

きっと洋楽ファンの方は、クリスティーナ・アギレラやシェールなんて常識的に知っているのが当たり前なのでしょうけれど、なにせ私は洋楽音痴で90年代の邦楽をこよなく愛する男だけに、アギレラもシェールの歌もちゃんと聴くのは今回初めて^^;
2人とも本当に歌がうまいですよね〜(←表現バカっぽいw最初に無知を晒しておきます)
あの歌のうまさ・・・私も映画内のアリが初めて歌ったシーンでテスやショーンの目がキョトンとなったのと同じ状態でした。。。
予告編でも鳥肌でしたが、改めて本編見てもやっぱり鳥肌!
で、少々カサカサ肌・・・って、それは冬だからか・・・。

正直、たまに芸能ニュースでアギレラがグラミー賞受賞なんてニュース見ても、ケバケバしい化粧をした女性だな〜ぐらいしか印象になかったんですよね^^;
ほぼスッピン状態のアギレラは、ものすごいキュート!
それであの歌のうまさ・・・そしてナイスバディ・・・惚れてまうやろ、普通の男なら!
アギレラは化粧を濃くしない方が絶対綺麗なんだけどな〜。
ステージで歌っているケバケバメイクを見ると、惚れてま・・わないんだな〜これが。
素顔が綺麗なのにもったいない。
ちなみに、you tubeで見た来日会見のアギレラは、思いっ切りぽっちゃり顔になってケバケバメイク・・・見なきゃ良かった(苦笑)

アリの性格の良さも好感。
7歳で親が死んだのに、よくグレないで夢を追いかけていい娘に育ちました!!
スタンリー・トゥッチが演じたショーンがずっと良い娘だって言っていましたが、妙に説得力がありますね^^
そのスタンリー・トゥッチはゲイが似合い過ぎますねw
他の映画でもその手の役が多いから余計にね。
ゲイやオカマの方々って、人間観察力がずば抜けてますよね・・・やっぱりいろんな目で見られてきたからか、人間の本質を見抜く力が鋭い・・・。

母親が居ないせいか、アリはシェールが演じたテスを途中から母親のように慕っていました。
テスも、メイクを手伝うシーンなんかは母性でしたね。
バーレスク自体がテスのファミリーと言うような雰囲気で、皆が楽しそう!
アリの圧倒的なパフォーマンスと、あの雰囲気のお店なら、お金払って見続ける価値はありそうですね^^
アリも金持ちにグラっと行きそうで行かないところが本当に良かった^^
何が自分にとって大切か?
分かっていても、人間は欲に目がくらんでしまう生き物ですからね^^;
アリは本当にいい娘でした。

そんなアットホームなバーレスクを、テスが売りたくないと言うのは、家族が離れ離れになりたくないと言っているようで、本当に切なかった・・・それであの歌でしょ〜。
まだ終わりたくない!って、まさに心の叫び。
アギレラの圧倒的なパフォーマンスとは違い、円熟味のある歌声、心に響きました。
64歳、私の母親より年齢が上とは・・・恐れ入りましたm(_)m

それから、アリの最終的には彼氏となるバーテンダーのジャック役のカム・ジガンデイは、ほぼイーサン・ホークでしたね^^
似てませんかね?イーサンに?
カムは【トワイライト 初恋】の敵役のイケメン吸血鬼だったんですね・・・何か見たことあったような気はしたんですが。
アリにゲイだと思われたり、ルームメイトとしての友達関係が続いたり、あの切ない寸止め的な気持ち・・・分かるわ〜。
私も何でかゲイ疑惑が出たり安パイ(友達)扱いされること多々でしたので、そこから手が出せなくなっちゃう気持ちが痛いほど分かります><
最終的にハッピーエンドで私もほっとしました^^
ボヤボヤしてると、本当に誰かに獲られちゃうんだよ、うんうん。。。

煌びやかな舞台、圧倒的なパフォーマンス、個性的なキャラクター、夢見る女の子のサクセスストーリー。
アギレラの初々しい演技、そしてアーティストとしての豊かな表現力の両方が存分に活かされて、見応えたっぷりの映画でした。

そんな映画の予告編はこちら↓ 

閉じる コメント(20)

今年もさえますね^−^
映画解説者^−^
福島の映画王
感謝^−^
AIRMAIL
モーリシャスより〜〜!!

2011/1/7(金) 午後 0:58 旅の料理人 "旬の味" ”旬の旅”

ホラー以外なら何でも観たいと思っているけど、
意外と、食わず嫌いしている映画ってないですか?
「バーレスク」あまり気にしていなかったけど、
ちょっと観たくなりました。予告編良いですね!

2011/1/7(金) 午後 4:46 [ myk38 ]

顔アイコン

あのゲイのおっさんもいい脇役だったし、アギレラの声はどこからあんな声が出るんでしょうねw

2011/1/7(金) 午後 5:10 mossan

アギレラの歌声・・・鳥肌モノでしたね!しかも。キュートでセクシー!
シェールの貫禄の歌声もまた魅力的で!王道ストーリー好きには、たまらない作品でした☆
トラバ、お返ししますね(^^♪

2011/1/7(金) 午後 7:55 くるみ

顔アイコン

太陽のようなアギレラと月のようなシェール、
それぞれの持つ個性が、互いの歌声を引き立てていましたね。
お正月にふさわしい華やかでパワー溢れる映画ですね☆

2011/1/7(金) 午後 8:41 [ - ]

ほぼイーサン・ホークw
もうサブローさんの記事は爆笑するところが多くて困りますw
でもこの記事素敵ですよ ^^ うんうん、っていっぱい頷いちゃいましたもん♪
トラバさせて下さいませ。そしてポチ♪

2011/1/7(金) 午後 10:50 恋

アバター

すっごく華やかでゴージャスなエンターテイメント映画だから 正月一発目にぴったりですね。
私は女性限定試写会で見ました。
下着姿で歌い踊っていてもぜんぜんいやらしさは感じず むしろスポーツのような清々しさすら感じました。
私も洋楽疎いんで 「この二人歌 上手い!」としか表現のしようが・・・(^^;
TBさせてください♪

2011/1/8(土) 午前 0:38 tammy

旅の料理人さん>いやいや冴えるというほどではないですよ^^;
単なる趣味の戯言程度ですから(笑)
映画見てる時間が本当に癒されます。。。

2011/1/8(土) 午前 7:21 36 サブロー

myk38さん>私はヨーロッパ系の映画が結構食わず嫌いかもw
どうしてもハリウッドか邦画と偏ってますね〜。
バーレスクは、ストーリーはいたってシンプルなサクセスストーリーですが、それだけにアギレラとシェールのパフォーマンスが引き立ってなかなか面白かったですよ☆

2011/1/8(土) 午前 7:27 36 サブロー

mossanさん>アギレラの声には驚きました!
信じられませんね・・・人間離れ・・・。
まさに鳥肌物でした。
そしてスタンリー・トゥッチ!味があって良すぎ^^ゲイが似合いすぎます☆

2011/1/8(土) 午前 7:32 36 サブロー

くるみさん>アギレラのパフォーマンスは圧巻でした!
予告編の時点でも鳥肌でしたが、本編でもやっぱり鳥肌!
しかも素顔がキュートで、この女性からどうやってあの声が出るのか信じられませんw
対するシェールの切ない曲がまたなんとも円熟味があって最高でした。
トラバどうもです☆

2011/1/8(土) 午前 7:39 36 サブロー

ゆきさん>太陽と月!
いい表現ですね^^
間違って月とスッポンと言ってしまいそうでしたが(笑)
この映画は、分かりやすいストーリーだからこそ、この2人のパフォーマンスが引き立ちましたよね〜。
凄いもの見てしまったな〜と、正月早々満足感で一杯です。
あんまり好きな表現ではないですが、劇場で見て良かったなと思えた映画でした^^

2011/1/8(土) 午前 7:44 36 サブロー

恋さん>本当に最初はイーサンかと思ってしまいましたが、年齢が合わないですよねw
アギレラとシェールのパフォーマンスに感動しましたが、イーサン似のバーテンダーにも結構感情移入してしまいました。
ハッピーエンドで良かったな〜と^^
夢を追う女性は、いつの間にか変わってしまう子も多いですからね〜ってしみじみ。。。
トラバ&ポチどうもです☆

2011/1/8(土) 午前 7:49 36 サブロー

tammyさん>写真だけ見るとめちゃエロそうな写真ですが、本当に嫌らしさの無い、むしろ爽やかな映画でした!
王道的なサクセスストーリーが逆に好感ですね^^
そしてアギレラとシェールのパフォーマンスが凄すぎます!!
詳しい方は当たり前ぐらいなんでしょうけど、初見でこのパフォーマンス見ちゃうと、鳥肌物ですよね〜。

トラバどうもです☆

2011/1/8(土) 午前 7:54 36 サブロー

顔アイコン

歌とダンス、迫力がありそうですね。きっとかなり練習されていたのかも。おもしろそう。やっぱり、ハッピーエンドがみたいです

2011/1/8(土) 午後 8:16 [ hiyoko ]

hikari38さん>ストーリーよりも、ド迫力の歌とダンスを楽しむ映画でした^^
本当に凄いとしか言いようがないパフォーマンスでしたよ!
クリスティーナ・アギレラは何度もグラミー賞受賞してる歌手のようなので、練習はそれほど必要なかったようですが、逆に普通のドラマ部分が慣れてないはずなので大変だったかもしれませんw

ハッピーエンドは気持ちいいですよね^^

2011/1/9(日) 午前 7:53 36 サブロー

顔アイコン

お久しぶりです^^
遅れましたけど、あまけしておでめとうございます(笑)
こんな私ですが今年もよろしくお願いします^^
「バーレスク」見に行かれたのですね^^
本当にこの映画は、良かったですよね〜
私は洋楽が好きで、ミュージカル映画はほとんど
見ていますけど、サブローさんのように洋楽を
あまり知らない方でも、あれだけ上手いと感動しますよね^^
ちなみにかさかさ肌の人は羨ましいですww
私は真冬でも脂症でゴキブリもびっくりなんですww
あっ・・・メイクは、いつもすっぴんに近いですが・・・
そんなことはどうでもいいっかって?(笑)

おじゃましました(^_-)-☆

2011/1/9(日) 午後 0:43 [ - ]

マイケルさん>あまけしておでめとうございます^^
今年もしくよろです(笑)
バーレスクは、やはり映画館で見たほうがいいと言う意見が多かったので、見てきましたよ!
いやはや、アギレラの歌声に鳥肌立ちまくりでした^^
カサカサ肌が、いつの間にか潤った感じで(んなわけないw)
メイクはスッピンに近いナチュラルメイクでいいのではないでしょうか!
アギレラさん見てると、ホント強く感じました・・・。別人すぎてw

洋楽もいいものですね〜♪

2011/1/10(月) 午前 7:59 36 サブロー

顔アイコン

私もアギレラは初めて知ったのですが、まあ、素晴らしかったですね。素顔が初々しい感じで、演技も初出演とは思えない自然さでした。
TBお返しさせて下さい。

2011/2/20(日) 午後 8:07 [ あきりん ]

あきりんさん>アギレラのパフォーマンスは圧巻でしたね!
しかも素顔が可愛くて驚きました・・・。
ありがちなストーリーだからこそ、パフォーマンスを集中して見れたところもあって、鳥肌物でした!
シェールも対照的で良かったですけどね^^
トラバどうもです☆

2011/2/22(火) 午前 7:30 36 サブロー

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事