三流映画レビューと小野次郎厩舎応援ブログ

地震が半端無いです・・・。更新無くなったら死んだと思ってください(笑) コメ返遅れます

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全349ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

映画「扉をたたく人」

イメージ 1

「扉をたたく人」

製作年度;2007年

製作国:アメリカ

上映時間:104分

イメージ 2

【主な出演者】
リチャード・ジェンキンス
ヒアム・アッバス
ハーズ・スレイマン
ダナイ・グリラ
マリアン・セルデス
マギー・ムーア
マイケル・カンプステイ
リチャード・カインド
アミール・アリソン
イメージ 3

【解説】
初老の大学教授と移民青年との心の交流を描いた感動ヒューマン・ドラマ。妻を亡くして以来、心を閉ざす孤独な男が、ひょんなことから出会ったジャンベ(アフリンカン・ドラム)奏者との友情を通じて次第に本来の自分らしさを取り戻していく姿を、9.11以降非常に厳格な措置を講ずるようになったアメリカの移民政策を背景に綴る。監督は俳優としても活躍し、これが監督2作目となるトム・マッカーシー。主人公を演じたベテラン俳優リチャード・ジェンキンスは、本作でアカデミー賞主演男優賞ノミネートをはじめ各方面で賞賛された。
 コネティカット州の大学で教鞭を執る62歳の経済学教授ウォルター。愛する妻がこの世を去ってから心を閉ざしたまま孤独に生きてきた彼はある日、学会出席のためニューヨークへ赴く。そして別宅のアパートを訪れると、そこには見ず知らずの若いカップル、シリア出身の移民青年タレクとセネガル出身の恋人ゼイナブが滞在していた。しかし、彼らはこの時はじめて詐欺に遭っていたと知り、グリーンカード(永住許可証)を持たないために警察沙汰などで国外追放になるのを恐れ、素直に去っていく。だが、あてのない2人を見過ごせなかったウォルターは、しばらくの間この部屋に泊めることに。そのやさしさに感激したジャンベ奏者のタレクからジャンベを教えられ、友情を育んでいくウォルター。ジャンベをたたく楽しさを知った彼は再び生きる喜びを見出し、閉じていた心の扉を開いていくのだが…。

-allcinema onlineより-
イメージ 4

この映画を見ると、我々はなんて無力な存在なのだろうかと、やるせない気持ちになりますね・・・。
ラストに刻まれたジャンベの音が、虚しく心に響き渡りました。
作品としては地味ながら、鑑賞後にジワジワと様々な感情が溢れ出てくるとにかく素晴らしい作品でした☆

主演のリチャード・ジェンキンスは、本作でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたそうですが、それも納得の演技。
もちろん名脇役として数々の映画で名演技は見せてきましたが、40年近いキャリアの中で初の主役だったようですね。
本当に引き込まれる演技!
なんとも味わい深い、ベテランにしか出せない味とでも言いましょうか。
リチャードの演技力によって、リチャードが演じたウォルターの考えが見る者全てにヒシヒシと伝わってきます。
表情・しぐさがなんとも言えずうまい!


そのリチャードが演じたウォルターは、妻に先立たれて以来、心を閉ざしてしまった初老の大学教授でした。
何かを頼まれれば忙しいと断る。
それは仕事でもプライベートでも一緒。
人と関わりたくないオーラが出ていました。
何を言われてもそっけない態度をされると、自然に周りも何も頼まなくなってきたりするものです。
こんな頑固ジジイっぽい人はよく見かけますが、こう言う方々はどこか心に闇を抱えているのでしょうね。


そんなウォルターに転機が訪れたのは、学会に出席する為に久しぶりにニューヨークの別宅に訪れた際のことでした。
久しく訪れていなかった別宅には、なんとタレクとゼイナブと言う移民のカップルが住み着いていました。
しかもこの2人は、シリアとセネガルの不法滞在者のカップル^^;
今までのウォルターなら無碍に出てけ!で済ましたのでしょうけど、何でだろう・・・家が見つかるまでしばらく住んでいていいよと申し出ました。
その辺の心理描写がもうひとつ伝わらなかったところはありましたが(下手したら危ない人かもしれませんからね^^;)、このタレクと言う男がまたなんとも人懐っこくていい人なんですよね^^
誰でも友達になれそうな、画に書いたような良い人・・・演じたハーズ・スレイマンの笑顔が本当に素晴らしい!
だけに終盤の悲劇が心に突き刺さるのですが・・・。

そのタレクにジャンベと言う太鼓のような楽器の演奏を教えてもらい、今まで凍っていた心が溶けていくように素直に物事を考えられるようになったウォルター。
ジャンベを叩いている姿は、まるで閉じこもっていた自分の心の扉を叩く様でした。
演奏している時のリチャード・ジェンキンスの表情がこれまたいいんですよね!
恥ずかしいけど・・・これめっちゃ楽しい!風で(笑)
音楽は国境を越える、人を変える力がありますね。

しかしひょんなことから、手違いでタレクは逮捕されてしまいました。
まったくの無実ですが、不法滞在者であった為に拘置所に拘留・・・最終的にはシリアに強制送還となってしまいました。
まったく悪い事をしていないのに・・・ではなく、不法滞在という罪を犯しているから何ともやりきれないんです><
9.11以前のアメリカは不法滞在にも甘く、かなり取り締まりも曖昧だったそうですが、9.11以降厳しくなったのですね。
私はその辺のことは詳しくないですが、どんなにいい人でも、悲しいかなテロリストと区別は付かない現状、こんな事言うのは心苦しいですが、これは仕方ないことなんですよね・・・。
拘置所の係員達の寒々しい対応に怒りを覚えますが、これが現実・・・彼を救うことによって、また違った形でテロが起こるかもしれないし、国民の生活が脅かされるかもしれません・・・、仕方がないこと・・・だけに悔しいし、我々はなんて無力なんだろうと思わずにはいられません。

ウォルターは、タレクの母親のモーナと心を通わせ、いい感じになってきたところでしたが、モーナは強制送還された息子の下へ帰ることを決断しました。
帰ったら二度とアメリカには戻ることが出来ないだけに、切な過ぎる決断><
タレクやモーナにおかげで人間的に大きく変わり、心の扉は開かれたウォルターでしたが、なんとも無念。。。
無力な自分、そして再び全てを失ってしまった心の叫びを込めて、最後の地下鉄でのジャンベの音が切なく胸に響き渡りました・・・。
叩け、ウォルター!タレクやモーナやゼイナブの思いも込めて!


この映画を見て、私達人間は本当に無力ですが、音楽の力は、怒り、虚しさ、悲しみを治め、どこか心を開放してくれる力強くて不思議な力があるものだな〜と思ったものでした。。。

そんな映画の予告編はこちら↓ 

開く コメント(74)

昨日、地方交流競争でようやく小野次郎厩舎が初出走を果たしました。


アーバンステージ弥生賞B2B3選定馬特別
マイネルプロートス・牡5・松岡正海騎乗 9着
父 ブライアンズタイム  母 ダイイチシガー  母父 トニービン
馬主:(株)サラブレッドクラブ・ラフィアン   牧場:コスモヴューファーム

うむむ・・・13頭立て9着とは・・・さすがに予想外^^;
厳しい船出となりました・・・。
5番人気でしたし、掲示板は行けるかなと思いましたが、結果見てテンション急下降^^;

初陣は入着もなしとは、そう甘くないのかな。

まあチョリ岡のせいと言うことで・・・。

初の地方交流戦出走で、大井の砂がどうなのかと思いましたが、その辺の戸惑いもあったか。

仕上がりは良かったようなので、条件替わりで期待しましょう。

一応小野次郎厩舎では期待度高い馬ですし(笑)

調教でもかかったと言うぐらい時計は出るし(坂路一番時計出したとか?)スピードがあるようなので、正直なんで中距離戦しか走ってないのかがよく分かりませんが、次郎さんなら適条件見つけるでしょう^^

騎手はマイネル・コスモの2軍騎手の中谷や丹内に任せて、チョリ岡はクビでお願いしますm(_)m

とにかく次走は上位入線を・・・次郎さんの酒代だけでも。。。

開く コメント(6)

イメージ 1

「太平洋の奇跡−フォックスと呼ばれた男−」

製作年度;2011年

製作国:日本

上映時間:128分

イメージ 2

【主な出演者】
竹野内豊
ショーン・マッゴーワン
井上真央
山田孝之
中嶋朋子
岡田義徳
板尾創路
光石研
柄本時生
近藤芳正
酒井敏也
ベンガル
トリート・ウィリアムズ
ダニエル・ボールドウィン
阿部サダヲ
唐沢寿明
イメージ 3

【解説】
太平洋戦争末期、玉砕の島サイパンで、たった47人で敵に立ち向かい、多くの民間人を守り抜いた実在の軍人、大場栄大尉の誇り高き戦いを映画化した戦争ドラマ。原作は、敵として戦った元アメリカ兵ドン・ジョーンズの『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』。主演は「冷静と情熱のあいだ」の竹野内豊、共演に「20世紀少年」の唐沢寿明。監督は「愛を乞うひと」「必死剣 鳥刺し」の平山秀幸。また、アメリカ側パートは「サイドウェイズ」のチェリン・グラック監督が担当した。
 1944年。日本軍にとっての重要拠点であるサイパン島は、圧倒的な物量に勝るアメリカ軍の前に、陥落寸前まで追い込まれていた。そしてついに、サイパン守備隊幹部は日本軍玉砕命令を発令する。そんな中、玉砕を覚悟しながらも生き延びた大場栄大尉は、無駄死にすることなくアメリカ軍への抵抗を続けることを決意する。そんな彼のもとには、その人望を慕って、上官を失った兵士や民間人たちが集まってくる。やがて彼らは、サイパン島最高峰タッポーチョ山に潜み、ゲリラ戦を展開していく。その統率された部隊に翻弄されるアメリカ軍は、大場大尉を“フォックス”と呼び、警戒を強めていくが…。

-allcinema onlineより-
イメージ 4

イメージ 5

一昨日ですが、今年18回目の映画館での鑑賞に行ってきました。

原作はアメリカの方が書いたものなんですね。

太平洋戦争末期、サイパンにて47名の仲間と共に最後までアメリカ軍を苦しめ、アメリカ軍から恐れられ且つ尊敬の念を抱かれた大場栄大尉と言う人物がいたと言う話でした。
アメリカ軍からは「フォックス」と呼ばれ、恐れられたそうですね。
実話とは言え、フォックスと呼ばれたなんて相当漫画チックに描かれているのでは?なんて懸念もしたのですが、なるほど・・・そう来ましたか・・・ドラマチックな展開ではなく、そこには単純に仲間の為に、日本の為に、命と誠実に向き合った指揮官がいたのだ!と言うことでした。


戦争・・・。
劇中でも敵国の罠に洗脳されてはいけない!なんて言葉が出てきましたが、戦争状態の国々はどの国でも本当のことは知らされず、国民は洗脳されて国の為と言うことで戦争をさせられてしまっているのが実情でしょうか。
日本も、天皇陛下万歳、日本国万歳でした。
今で言う北朝鮮なんか傍から見たら、国民はトップのあの方に洗脳されてしまってある意味可愛そうだな〜と言う思いもありますが、当時の日本もそんな感じだったのでしょうね。
一人でも多くの敵兵を殺せ!勝利は目前だ〜〜!。
敗色濃厚だったのに、知らされていなかった国民、そして兵士達・・・。

更に玉砕精神と言うものが植え込まれ、敵に捕まるぐらいなら自害せよの精神。
この精神は、ある意味アメリカ人には理解できなかったようでしたね。
アメリカのルイス大尉は、その日本人の精神をチェスと将棋で表現していましたが、なるほどうまいこと言ったものです(^^
敵に捕まり、敵に寝返るがごとく仲間を売る真似は絶対しないのが誇り高き民族である日本人。
一部のアメリカ人にはこの精神がものすごく魅力的に映ってこう言う映画が完成したのでしょうね。

皮肉にも、スポーツや災害・事故の報道なんか見てても、良くも悪くも根底で昔からの日本国精神みたいなものが根付いているのか、日本人はほぼ日本人のことしか賞賛しないし報道しないところがありますね^^;
良く言えば仲間意識や絆みたいなものはどこの国にも負けない!そんな感じでしょうか。


しかし、当時玉砕精神とは若干違う心を持ち合わせていたのが、この大場栄大尉だったようでした。
敵側からフォックスと恐れられていましたが、実は普通に命の重さを知り、柔軟に対応できる指揮官と言うだけだったのですよね。
まあその時代に、戦場ではそんな普通の感覚を持った人間がほとんどいなかったのが実情なのでしょうし、それが戦場と言うものだったのでしょうけど、そんな感覚を持った人間が実在したと言うことなんです。
竹野内豊を起用した辺り、アメリカ兵を手玉に取る屈強な男と言うのは想像しづらかったですが、なるほどね☆
アメリカからしたら、僅かな戦力で様々な知略の限りを尽くされ、しかも一向に見えてこないフォックスと言う男の存在が、どんなに恐ろしかっただろうか・・・。
逆にものすごい男だと思って期待したら、肩透かしを食った方も多いかと思いますが、実話ですから実際こんなものだと思いますよw

でも、最初は大場大尉も一人でも多くのアメリカ兵を殺すことが我々の役目なんだと言う考えでしたよね。
ただ、教師と言う職業をしていたと言う根底があるからか、惨状を目の当たりにして一人でも多くの人を守ると言う方針に切り替えました。
この柔軟な考えによって、何人もの民間人が救われた・・・当時なら、生き残るぐらいなら死んだほうがマシだったのでしょうけど、大場大尉は命の重さ・尊さを分かっていましたね!

赤ん坊を救ったシーンが特に印象的でした。
可能性があるならば、できる限り命を救いたい!
戦場なんて、こんな生ぬるいもんじゃね〜よ・・・そんな意見も納得ですが、どんなに狂った時代でも、戦場に・・・そこにいたのは人間なんです。
普通の人間の感覚を持った上官がいても、不思議ではないと思いましたよ、私は。
日本人としての誇りを最後まで失わず、それでいて多くの命を救った今までほとんど知られていなかった大場大尉と言う存在を知ることが出来ただけでも、この映画を見た価値があったと言うものです!

どうやって死ぬかではない、どうやって生きるか。
今の時代にも通ずるものがこの映画にはありましたね・・・。

細かいことを言えば、さすがに米軍の日本人収容所での描写はありえないかなとは思いました^^;
それから、中嶋朋子、井上真央が演じた人物描写にも違和感は拭えないですが、そこを補って余りある命の尊さが伝わる奇跡の物語だと思いました。


最後に、
山田孝之が演じた兵士・・・その末路はどうなったのかが気になって仕方がありません^^;

そんな映画の予告編はこちら↓ 

開く コメント(13)

開く トラックバック(3)

この時期は尾崎

やっぱりこの時期は尾崎ですね!

この支配からの卒業♪
戦いからの卒業♪


でも、今回はその尾崎じゃなくて、
また逢う日まで〜逢える時まで〜♪

の尾崎紀世彦じゃなくて、


尾崎亜美です(笑)

本家「オリビアを聴きながら」ですね!

杏里版もいいですが、やはり作られた本人が歌うのが一番ではないでしょうか^^

オリビア・ニュートン=ジョンの曲が好きな女性の失恋ソングでしたね?

しんみりしますね・・・。

名曲です。


そんなオリビア。

いや、違うオリビアで、映画【トロン:レガシー】で私の目を釘付けにしてしまった女性オリビア・ワイルド嬢。

次回作何かな〜と検索すると、次はスピルバーグ製作でハリソン・フォードとダニエル・クレイグと共演するこの映画のようですね。



カウボーイズ&エイリアンズ

大好物のSF・エイリアン・・・日本では夏〜秋頃公開のようで、楽しみです!

開く コメント(10)

イメージ 1

「恋とニュースのつくり方」

製作年度;2010年

製作国:アメリカ

上映時間:107分

イメージ 2

【主な出演者】
レイチェル・マクアダムス
ハリソン・フォード
ダイアン・キートン
パトリック・ウィルソン
ジェフ・ゴールドブラム
イメージ 3

【解説】
「きみに読む物語」のレイチェル・マクアダムスが、低視聴率で打切り目前のモーニング・ショーの立て直しに奮闘する若手女性プロデューサーを演じるロマンティック・コメディ。共演に「インディ・ジョーンズ」シリーズのハリソン・フォードと「恋愛適齢期」のダイアン・キートン。監督は「ノッティングヒルの恋人」のロジャー・ミッシェル。
 失業中のTVプロデューサー、ベッキーは、ニューヨークのローカルTV局に採用され、朝の情報番組を任される。だが、その番組“デイブレイク”は超低視聴率で局のお荷物。さっそく番組の立て直しに取り掛かったベッキーは、彼女がこの業界を志すきっかけとなった憧れの存在である伝説の報道キャスター、マイク・ポロメイにキャスター就任を依頼。やがて、畑違いのために不可能と思われていたマイクの抜擢を見事成功させ、一躍局内で注目の的となる。またその一方、女性社員に人気の先輩プロデューサー、アダムと惹かれ合っていくベッキー。全ては順調に進むかに思われたが、いざ番組が始まってみると、マイクはプライドばかりが高くてベッキーの指示には従わず、パートナーのお局キャスター、コリーンとも衝突を繰り返す始末。こうして視聴率は悪化の一途を辿り、ついには上司から6週間以内に視聴率をアップさせなければ番組を打ち切ると宣告されてしまうベッキーだったが…。

-allcinema onlineより-
イメージ 4

イメージ 5

一昨日ですが、今年17回目の映画館での鑑賞に行ってきました。

この映画は、とにかく笑えて楽しくて前向きな気分になれるパワフルな映画でした(^^
そして、過去のレイチェル・マクアダムス出演映画でも1,2を争うほどキュートに描かれているのがレイチェルファンとしてはたまりません☆
私はそれだけで満足です!
賞を獲る映画よりも、私はこう言った単純に元気を貰える映画の方が好きみたいです。


レイチェル・マクアダムスが演じたベッキーは、朝のTV情報番組のプロデューサーと言う役どころでした。
レイチェルがもし上司だったなら、私は身を粉にして働きますよ!
なんて言ったら劇中のジェフ・ゴールドブラムが言ったように、あなた恥ずかしくないのか?と言われそうですね(笑)
あ、ジェフ・ゴールドブラム久しぶりに見たかもw

ベッキーは一度他のTV局でクビになり失業してから紆余曲折あってニューヨークのこのTV局に採用されますが、まあ前向きでパワフルと言うか、こう言うクヨクヨしない性格って得ですよね。
今の時代に欠けてる何かをこのベッキーは持っていると言っても過言ではないですね。
リストラされて、あ〜死にたい、なんで私が〜、ギャーピーギャーピー・・・と泣く暇があったら、次の仕事探すぐらいじゃないと、今の世の中は生きていけないのかもしれません。

ただ、この会社が生きがい!なんて言う人もいるのでしょうけど、会社はいつ牙を向くか分からないし、仕事のみに生きて、その後に残るものは何か?
何も無い・・・と、劇中でハリソン・フォードが演じたマイクも言ってましたよね・・・。
敏腕報道ジャーナリストとして、仕事に生きてきた結果・・・何も残らなかったと。
勿論、生きていく為には仕事をしなければいけませんし、仕事にプライドを持つことは必要なことです。
でも、もっと人生楽しもうぜ!ってね。

ベッキーのように、四六時中仕事のことしか考えてない人って本当にいるんですよね。
食事してても、携帯で仕事の話したりメールを打ったり、私、私、私・・・と自分の仕事のことだけ話したがる人間。
仕事と結婚するのか?
何事もメリハリが大事です。
もちろんプロですから、真剣に仕事をしなければいけません。
真剣に仕事をして、休む時はしっかり休む、遊ぶ時には思いっきり楽しむ。

この映画のラストを見ても、いい番組を作るには信頼できる仲間と真剣且つ楽しく仕事することで、本当に雰囲気の良い番組になっていきました。
メリハリをつけた生活をすることによって、仕事も恋もうまく行く。
いいじゃない、いいじゃない〜〜もちろんこんなにうまく行くほど世の中は甘くないけど、そんな精神で生きていけば、きっとうまくいくって。


この映画は前向きになれる映画であると同時に、朝の情報番組の裏側的なところも覗けたのが面白かったですね。
私は朝は必ずテレビを見ます。
朝はレビュー書きながら「めざましテレビ」をチラ見しつつ「とくダネ」を少しかじってから出勤しますが、この映画では私が見ているいわゆる人気番組を舞台にしたものでは無く、全国ネットで低視聴率の朝番組・・・めざまし、朝ズバ、ズームインじゃない・・・日本で言えばテレ朝系かな(笑)
朝の番組って、実際のところどこの番組が面白いかなんてそれほど重要ではなく、なんとなくと言うだけで選んだり、私ならアヤパンと中野アナと愛ちゃん見たさでめざましテレビ見てた・・・みたいな人も多いことでしょう(笑)
まあ今のショーパンも悪くはない・・・けど、目が腫れぼったくて、朝が苦手そうで何かつらそうなのが・・・って、関係ない方向に進みそうなので、それは置いといてと^^;
視聴率を上げるのに涙ぐましい努力があるのですね・・・ご苦労様です☆

私的には伝説のジャーナリストで超堅物な男なんて朝から見たくないけど、この映画のハリソン・フォードは面白かったですね(^^
ダイアン・キートンとの掛け合い(いがみ合い?)が最高w
ダイアン・キートンがカエルとキスしたら、そりゃビックリだわ☆
レイチェル・マクアダムスプロデューサーの悪乗りも最高♪

それから、司会のどっちが番組を締めるかなんて重要視してなかったけど、本人達は思いっきり重要なんですね。
とくダネで滅多にテレビに出ないような大物歌手が歌ったり演奏したりするのは、プロデューサーの努力あってのものなんだな〜と言うのも良く分かりました。
この映画を見ると、また違った視点で朝の情報番組を見ちゃうかもしれませんね。
この司会2人、仲良さそうだけど、裏ではいがみあってんだろうな〜とか。
中野アナは小倉さんにいじめられてるんだろうな〜とか(笑)


とにかく、ハリソンとダイアンのいがみ合い、そしてキュートでパワフルなレイチェルの頑張りは必見☆
あ〜楽しかった^^

そんな映画の予告編はこちら↓ 

開く コメント(9)

開く トラックバック(1)

全349ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事