三流映画レビューと小野次郎厩舎応援ブログ

地震が半端無いです・・・。更新無くなったら死んだと思ってください(笑) コメ返遅れます

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

映画「告白」

イメージ 1

「告白」

製作年度;2010年

製作国:日本

上映時間:106分

イメージ 2

【主な出演者】
松たか子
木村佳乃
岡田将生
西井幸人
藤原薫
橋本愛
新井浩文
山口馬木也
黒田育世
芦田愛菜
山田キヌヲ
イメージ 3

【解説】
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテインメント復讐劇。担任クラスの生徒に娘を殺された女性教師が繰り広げる復讐の顛末が、事件に関わった登場人物たちそれぞれの視点から緊張感あふれるタッチで綴られてゆく。主演は「ヴィヨンの妻 〜桜桃とタンポポ〜」の松たか子、共演に岡田将生、木村佳乃。
 とある中学校の終業日。1年B組の担任・森口悠子は、ある告白を始める。数ヵ月前、シングルマザーの森口が学校に連れてきていた一人娘の愛美がプールで死亡した事件は、警察が断定した事故などではなく、このクラスの生徒、犯人Aと犯人Bによる殺人だったと。そして、少年法に守られた彼らを警察に委ねるのではなく、自分の手で処罰すると宣言するのだった。その後、森口は学校を辞め、事情を知らない熱血教師のウェルテルこと寺田良輝が新担任としてクラスにやってくる。そんな中、以前と変らぬ様子の犯人Aはクラスでイジメの標的となり、一方の犯人Bはひきこもりとなってしまうのだが…。

-allcinema onlineより-
イメージ 4

イメージ 5

昨日は今年26回目の映画館での鑑賞に行ってきました。

この映画は映画館で見る予定はなかったのですが、このまま見ないままだと見てないのにどうにも批判的なイメージが増徴されていきそうだったので、一度自分の目で見て判断してみようかと思い、真面目にこの映画と向き合ってみました。
とは言え、数々の有名レビュアーさんのレビューを見てお腹いっぱいになってしまいましたので、ここはカッコつけずに見たままの感想を。

まずは率直な感想として・・・凄いですね、この映画。。。
評判通り、映画としての完成度は今年公開されている邦画の中でも1、2を争う出来でしょう。
好き嫌いはともかくとしてですが。
私自身は元々好きじゃない中島監督のスタイリッシュな映像がハナについて、とてもじゃないけどお気に入り作品には入らないし、気分も重くなったし、もう一度見たいとも思わないしで。。。
でも凄い映画でした。

この映画、何が凄いって、綺麗事で命の重さを語っていないところですよね〜。
過去に様々な作品を見て、命の重さをもう少し考えよう!なんて思いましたし、そんなレビューもしてきましたが、これは究極ですね!!
部外者が綺麗事を言ったり、カッコつけたって所詮は他人事。
今まで憎しみは憎しみしか生まないなんて偉そうなこと言ってきましたが、きっと自分の身内・子供だったらそんなのクソ喰らえ(暴言失礼しました)です!
少年法?
更生の機会を与える?
そんなの理想論でしかないんです。
やばい・・・熱くなってきた^^;

人の痛みを知るのって、結局自分もその立場になってみないと本質は分からないものなんだと思います。
いじめ問題を考えるに当たっても、結局いじめられた人しか本質そのつらさは分かりません。
いじめている人は痛みを知らないから、いじめはどんどんエスカレートする
戦争にしたってそうです。
結局、勝ち続けていけばどんどんエスカレートしていきます。
相手国の人が死んでいくのを見てもなんとも思わない。
昔の日本もそうだ!
今でこそ平和を訴えていますが、果たして侵略の限りを尽くしていた時代にそんな考えは浮かんだのか?
第二次世界大戦で敗戦して、理不尽な原爆を投下されて、初めて痛みを知ったのが実情でしょう。
敗戦があったからこそ、今の日本があるのだと思います。
スポーツでも、負けて・・・挫折して初めて分かる痛み・仲間の大切さ。
この映画でも、人を簡単に殺してしまうような少年A・Bに、命の重さ・痛みなど知りようもないでしょう。
森口先生の行動は怖かったけど・・・能面のようだったけど・・・一番人間らしかったです。
見終わってみると、ある意味命の重さを知る究極と言ってもいい映画だったと言えるでしょう。

それにしても松たか子が演じた森口先生・・・凄すぎます!
森口先生の一番大事なものは「娘」でした。
その「娘」を殺した少年AとBの一番大事なものは「母親」。
その「2人の母親」を失わせることで、同じ痛みを知ってもらおうとするなんて・・・。
究極過ぎる命の授業に寒気を催しましたが、ラストの松たか子の演技で寒気→涙に変わりましたね。。。
しかも、少年A・B共に、結果的に少年自らの手で母親を殺めることになるのですから、少年達の浅知恵をあざ笑うかのごとく計算しつくされた森口先生の計画には恐れ入りました・・・。
ガキ共!大人をなめんなよ!
ただちょっと気の毒なのが、森口先生が橋本愛(ブレークしそうですね)が演じた北原美月を利用した(殺されることを計算していた?)点だけはいだけないですが^^;

ところで、本当にドッカーンしたんでしょうかね?
そして、少年Aこと修哉が最後に流した鼻血は?
やっぱりHIV入り牛乳は本当だったってこと?
かなりの確率で発症しないと言うことでしたが、やっぱり悪いことしたやつを神は許さない?
ちょっとオカルトめいてるかもしれませんが、そんなメッセージも感じ取れました。

それにしても、松たか子の秀逸な演技と、岡田将生の熱血ウェルテル先生のアホさ加減が頭から離れませんw

ところで、今の中学校って本当にあんな感じなのでしょうか^^;
さすがにあれはリアルではないですよね?
そう思いたいですよ・・・ホント。。。
命の重さと共に、全てが軽い時代になってしまったのでしょうか・・・。
ガキ共の体重だけは重いですが・・・みたいな。(うまいこと言ったな〜って、これ笑い取るような映画じゃないですから!喝!)


最後に、レビューの締めは「な〜んてね」にしたくなる気持ちがよくわかりました^^

そんな映画の予告編はこちら↓ 

開く コメント(20)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事