本多裕樹による、白銀の夜明け、(美術、詩、絵画)

ここは、夢の世界、詩も絵もロマンを語るもの、風は君たちにも吹き乱れ花を咲かすでしょう。

絵画を振り返って

これからのことを考える。 私はいくらかは挫折をしてきたし、苦労もしてきた。 しかし、それでもあきらめていないのであります。 辛い事の多い世の中ですが、それでも生きていかねばならないのです。 生きるしかないのか。 そうです、死ぬまで生きていかねばならない。 人生を有効に使い、エリシオンを目指して進んでいくしかない。 エリシオンに行く前に、 この世で懸命にやっていきたい。 なにかアートをしっかりやって、やるべきことをしっかりやって行きたい。 今は、まだ、その途中です。 実際、この現代はなかなか辛い事が多いと思います。 しかし、生きていかねばならない。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

春だね。桜の花が咲いている。  駅のところには大学生の若い男女が寄り添い誓い合っている。  そうか、この大学生時代に男女は結びつきこれからの一生をともに生きて行くのだと思った。    男の子も、女の子も、甘くて初々しい。  この時の年齢の人はもっとも異性が美しく見えるのであろうと思います。 ...すべて表示すべて表示

今日は、いくらか寒くある。  静かな今日という日、あと、私の課題、  私は、寂しいことをしている。それは義理を果たせない事を、  実は、今、展覧会がやっている、  私の出品している画廊、一つ。  尊敬する画家の展示会、一つ。 私はどちらにも行けない。自分はこの5日 ...すべて表示すべて表示

清らかな昼と朝のあいだの時間に、この文章を書く。  今日はいくらか寒くもあり、お気に入りのコートを着て外出して、カフェにてコーヒーを飲みケーキを楽しんでいます。  電車に乗り、バスに乗り、自分の足で一歩一歩すすむなか、「自然的美学」について考えてみました。自然というと先天的な素朴な精神の事を思いました。人は子ともから青年になっ ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事