アヴェンチュラ ☆☆☆☆

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今年引退した愛馬アヴェンチュラが早くもGCの栄光の名馬達に(アドサン産三兄弟)出てました
 
愛馬がこの番組に出るなんて、一口馬主を始めた頃には考えもしませんでした。
 
 
 
新馬戦はディープ産1号として注目を集めたシュプリームギフトを抑えて優勝した新馬戦。
 
2度の熱発、最内で出遅れ大外ぶん回して4着まで脚を伸ばした阪神JF。
 
骨折により春のクラシックを棒に振り、秋には2歳戦以来のレースながら古馬を一蹴した漁火S。
 
コスモネモシンの強襲を差し返して手に入れた初重賞タイトルG3のクイーンS。
 
自分が三歳最強だと言わんばかりに力をを示した秋華賞。
 
外国牝馬の化け物スノーフェアリーに屈するも日本牝馬No1の意地を見せたアヴェンチュラ。
 
3度の骨折で今年引退となりましたが、来年からは繁殖としての生活がまっています。
 
アヴェンチュラと口取り式はできなかったけど、子供と口取りを夢見て一口続けていきたいと思います
 
 
 
 

開く コメント(6)

アヴェンチュラ引退へ

 アヴェンチュラ
 
 
 
6/14 引退
 
14日の調教後に歩様が乱れたため検査を行ったところ左前第3中手骨の骨折が判明しました。「順調に調教を重ねてペースもハロン16秒くらいまであげてきていたのですが、再度骨折が判明してしまいました。前回の骨折と同じ骨なのですが、この前は正面、今回は横側に骨折線が見られます。負担が掛かりやすい場所だけに慎重に進めてきたのですが、これだけじっくり進めてきても骨折をするくらいですから、しっかりと治すにはここからさらに1年以上かかると予想されますし、その過程でさらに骨折を繰り返してしまう可能性も否定できません。素晴らしい能力を持っている馬ですし、牧場スタッフも秋の復帰、そして昨年惜しくも敗れてしまったエリザベス女王杯を勝ちたいと、一生懸命取り組んできたのですが、このような結果となってしまい大変残念に思います。志半ばで引退となってしまいますが、子供達には母親の分まで頑張って欲しいと思います」(早来担当者)2歳時の骨折から昨年の夏に復帰し3連勝で秋華賞に優勝。さらに、世界の強豪を相手にタイム差なしの2着と世代ナンバーワンの実力を持っていたと言っても過言ではないでしょう。最優秀3歳牝馬の名に恥じぬよう、この秋に万全の態勢で復帰できるように取り組んで参りましたが、再度左前膝の骨折が判明しました。同じ箇所を骨折しているように膝に掛かる負担が大きく、しっかり治すには相当な時間がかかると予想されることから、角居勝彦調教師をはじめとする関係者と協議を行った結果、現役続行を断念し競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。
 
 
僕が一口を始めてから最高のポテンシャルを感じさせたアヴェンチュラが引退となりました。
 
昨年のエリザベス女王杯後に両前脚骨折。
 
アヴェンチュラにとって2度目の骨折。
 
致命的な怪我にも関わらずスタッフの方々は必至でアヴェンチュラを支えてきてくれました。
 
角居先生、岩田騎手共々感謝の言葉しか思いつきません。
 
そして今回3度目の骨折。
 
デビュー戦から古馬のような体で出てきた早熟傾向にあるのアヴェンチュラにとって、
 
この怪我は引き際だったと思います。
 
レースが見れないのは本当に悔しく残念でしょうがありませんが、アヴェンチュラにはまだやる事があるから。
 
そう、繁殖として強い子供をたくさん産んでもらいターフを駆け巡ってもらわなければなりませんから。
 
 
 
僕としては京都競馬場に家族と一緒に応援し、G1優勝を目の前で見せてくれたアヴェンチュラ。
 
前年のエリ女覇者、スノーフェアリーを最後の最後まで苦しめ、友達と一緒に声が枯れるほど応援したエリ女。
 
3歳最優秀牝馬にも選ばれました。
 
僕にとってはいい思い出しかありません。
 
良いお母さんになって子供がクラブにきたら大本命の出資候補になるのは間違いないでしょう。
 
 
 
今までたくさんの喜びをありがとう。
 
そしてこれから第二の人生をがんばれアヴェンチュラ
 
 
 

開く コメント(20)

 アヴェンチュラ
 
5/29 NF早来
 
週3回は周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は坂路でハロン20秒のキャンター調整を行っています。「少し前までは周回コースに専念して乗り込んでいましたが、この中間より坂路入りしました。ペースはまだ遅めで20−20程度のキャンターですが、週に3回の頻度で坂路に入れているのは大きな前進でしょう。この調子で少しずつ負荷を強めていきます。馬体重は546キロです」(早来担当者)
 
 
何と5月末で坂路入りするとは。しかも週3回
 
思った以上の順調ぶり
 
今年はエリ女勝ちたい
 
 
 

開く コメント(6)

 アヴェンチュラ
 
5/8  NF早来
 
周回コースで軽めのキャンター2000mの調整を行っています。「先週までは馬場入り前の確認を行うように角馬場での乗り運動やトレッドミルなどに終始してきましたが、脚元の状態に変化がなかったので、この中間よりさらに一歩進めてみることになりました。現在はコースに出て2000mほどの距離を軽めのキャンターでじっくり動かす内容です。上がりの歩様も今のところは変わりないですし、このまま徐々に乗り進めていきたいですね」(早来担当者)
 
 
エリザベス女王杯でスノーフェアリーとの激闘の末、2度目の骨折をしてしまったアヴェンチュラ。
 
今回は両前脚だったのでここまでかと諦めかけた自分がいましたが陣営は諦めていませんでした。
 
地道な調整と毎日のケアのお陰でついにキャンターができるまでになりました
 
本当に関係者の皆様には感謝感謝です
 
今年の目標はただ一つ。
 
昨年2着に敗れたエリザベス女王杯を勝つこと
 
秋まで時間はまだまだあります。
 
このまま無事進めて9月〜10月あたりで復帰し、一回使って本番に向かってほしいです。
 
また力強いアヴェンチュラの走りが見たいです
 
 
 
 
 

開く コメント(2)

最優秀三歳牝馬の証

 アヴェンチュラ
 
3/13  NF早来
 
トレッドミル調整を行っています。「これまでと同じく人が騎乗しない形のトレッドミル調教を日々行い、負担を軽減しながらも可能な限りの運動負荷をかけているところです。患部や馬の体調はいい意味で変わりがないですし、元気もあって順調に調整できていますよ。この調子で動かしていきます」(早来担当者)
 
骨折から数か月経ち、ゆっくりですが復帰を目指しているアヴェンチュラ。
 
経過後は常に順調に来ており、うまく進めれれば去年同様の夏競馬からエリ女の流れにもっていけそうです
 
 
 
久々に書いたアヴェンチュラの記事ですが、以前注文していたこれが届きました
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
JRA賞、最優秀三歳牝馬を獲得した記念の盾です。
 
思っていたよりも全然いいものですごくうれしかったです
 
なかなかJRA賞は獲れるものじゃないので、G1勝ったらクラブからの記念品をこういうのににしてくれたらいいのになと思いました。
 
早くあのペラペラの写真集もどきはいち早く廃止してほしいです。
 
単価が安いとしてもいらないものはいらないからね。
 
今後も価値ある賞を獲れるような馬選びをしていきたいと思います。
 
 

開く コメント(4)

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事