愛ニャンコ^^マリア

おっさんは引退しました。上の愛娘が『愛娘×2』で ^ ^ ブログやってます。

全体表示

[ リスト ]

 稚拙なブログを紹介して頂きました、メガサイト『大摩邇管理人様』ありがとうございます<(_ _)>感謝しております。





さて木枯らしも吹きそうな今日この頃ですので頑張ってくれていた『苗さん』を『越冬苗』として鉢上げしてみました



1.越冬させる苗を『優しく引っこ抜いてくる』

イメージ 1













今年はナス系3種類ピーマン系3種類です



2.枝を強剪定します。

イメージ 2













根っこの部分から3枝残して、それ以外は切り落とします。



こんな感じですパシャ

イメージ 3























残す枝は、3個くらい芽を残してカットです。



3.根っこも、半分以上整理します。

イメージ 4













こんな感じに根っこがありますが・・・



これを

イメージ 5













このくらいにカットしちゃいます。



4.根っこに残ってる土も、シャワーなどで全部落とします。
※ 室内で越冬させるので、虫等が鉢から『こんにちは』されないためです



5.越冬苗に使う土は『種蒔き培土』を使います。培養土などは、ダメです
※ 冬場の越冬中に苗を休ませてあげるためです。冬眠してもらいます

イメージ 6























製造地「広島県」  ガイガーカウンター数値が低い商品で安全です



6.鉢は、小さすぎかな?!って思うくらいで充分ですよ

イメージ 7













こんな感じに6鉢完成ですちなみに『HCで1鉢80円の鉢』を使ってます。



7.たっぷり水遣りして下から漏れ出すのを3回くらい繰り返してあげてください。
※ バケツに完全に沈めるでもいいですが、土が軽いのでほとんどあふれ出ます。



8.しばらくは『簡易ハウス』でも、日当たりの良い(最低半日)暖かい場所(夜半や早朝でも5度以下にならない場所)で、翌春の苗の植え付け時期まで室内で管理します。



翌年は最初から

イメージ 8













こんなに太い苗でのスタートになりますので、早い時期からワッサワサに育って通常の2〜3倍の収穫が出来ます(無肥料でも)



トマトの場合は、太くない茎(太いのは寿命が短いです)をカットしてきてコップ等で根だししてから、同様に『種蒔き培土で鉢上げ』すれば同様に越冬できます。



越冬は苗の管理が面倒かも知れませんが翌年の早期からの大量収穫を体験されるとやめられない経験になります



ちなみにおっさんはナスを4年(単1電池みたいな茎の太さ)続けて越冬していた経験があります・・・3.11がなければ5年、6年となっていたかも知れません



越冬に成功さえすればあなたも『苗の恩返し』を体験できますよお試しあれ〜です


苗を販売されている会社の方へ
農家から処分苗を引き取って『越冬苗』を作ればきっと売れますよ

この記事に


.


みんなの更新記事