ここから本文です
私の庭あそび
庭の様子と日々の出来事を綴っています

書庫全体表示

記事検索
検索

庭の様子〜



今日も早朝から気持ちの良い青空が広がっています。

朝はかなりヒンヤリして来ました。

ご近所から甘い香りが漂っていた金木犀も

いつの間にか匂ってこなくなり

秋が深まりつつあるのかなって感じます〜(#^.^#)


      



今年は富有柿が鈴生りです〜♪

イメージ 1


昨日は昼から雨が降るような事を天気予報で云っていましたが

大外れ、大変良いお天気で太陽の下では暑いくらいでした。

でもこんな大外れは大歓迎ですよね〜

お蔭さまで庭仕事頑張れました。



久し振りに畑の様子です〜

今、畑で一番元気なのが

カリフラワー(左)とブロッコリー(右)です。

見た目ほとんど同じっぽいですが

よく見ると葉の色が微妙に違って、カリフラワーが少し薄い色ですね。

やっぱりこの写真ではわかりませんよね〜(*´ω`*)

イメージ 4

↑後ろに見えているのは、種蒔きしたカリフラワー〜

ここまで大きくなるまで時間が結構かかりました。




こちらはキャベツ〜。

結球が大きくなってきました〜♪

イメージ 2



ダイコンは食べごろに〜。

イメージ 3



ピーマンと秋ナスはそろそろ撤収時期ですね。

今年最後の茄子になるかな〜♪

イメージ 5



      



昨日はレモンの木を植え替えました。

全然実が生らないと思ったら

掘り起こすとやっぱり根が元気なかったです。

ちょっと無茶な時期だったかも知れませんが

10月末まではギリギリ大丈夫かなと、思いきって移植しました。

何とか頑張って元気になってくれる事を祈ります〜




今日も遊びに来て下さり有難うございます。





カナダ・アメリカの旅行記を読んで頂き有難うございます。


旅行記もいよいよ最終回となりました。





今日はちょっと余談から〜。


海外でカルチャーショックを受けるもののひとつがトイレ事情。

この旅では足元丸見えのトイレには参りました〜(*´▽`*)

隣の人の足が見えて、人の気配を凄く感じます。

とにかくドアーも中の仕切りも上下がとても短いのです。

それに、エッ!と思うくらいドアの隙間が大きくて落ち着きません。

個室に入っているのになぜかコソコソしてしまいます〜(笑)

鍵もとっても簡単なもので壊れているのも珍しくありません。

清潔感はそこそこあって、開放的(?)なトイレっていう印象でした。

でも、ウォシュレットもあったか便座も音姫なんて何処にもありませんよ〜。


やっぱり日本のトイレは素晴らしいと再認識した旅でした。


      



旅もいよいよ最後の観光地、グランドキャニオンです。

途中こんな景色を車窓から見ながら〜♪

イメージ 3
イメージ 4











イメージ 5
イメージ 6












朝6時過ぎにホテルを出発、バスで435km移動時間は途中休憩して5時間!

グランドキャニオン公園に到着しました。


ここはアリゾナ州北部のコロラド川に沿って

約446km伸びる世界で最も雄大な渓谷です。

何億年もかけて地殻変動、雨や雪による水の浸食を繰り返し

現在の地形になりました。

大昔は海の底で、魚や貝の化石が多く発見されたところです。


イメージ 7


イメージ 9


イメージ 13



写真では感動が伝わらないかもしれませんが

何億年も前の地球に思いを馳せる事が出来ました。

イメージ 8


イメージ 10



ラスベガスに帰る途中で、旧ルート66を通りました。

昔、「ルート66」という歌やテレビドラマがあったのをご存知ですか?

当時の街を再現してありました。


イメージ 1
イメージ 2











お土産屋さんが10件ほどありました。

イメージ 11イメージ 12











食事してラスベガスのホテルに帰ってきたのは

午後8時過ぎでした〜(*^▽^*)



明日はいよいよ帰国します。

またホテルを早朝5時出発です〜(*´▽`*)

バンクーバーから10時間50分の空の旅を終えて

午後3時頃関空に無事に帰ってきました。


      




長々と旅行記にお付き合い頂き有難うございます。


♡   ♡   ♡



今日も遊びに来て下さり有難うございます。




カナダ・アメリカの旅行記を読んで頂き有難うございます。



5日目の朝は、早朝4時30分ホテル出発となりました。

2時間かけてバスでトロントへ。


トロントからラスベガスまで空路4時間50分の大移動になりました。

またここでも時差は3時間あり

この旅で時計を合わせるのは何回目かな。



ラスベガスの空港にやってきて、まず驚くのが

空港にスロットマシーンがあること。

これがラスベガスにやってきたんだと実感する瞬間です。

イメージ 2




ラスベガスにはたくさんの大きなホテルがありますが

どのホテルでも1階がカジノフロアになっています。

イメージ 4



ホテルの付帯施設としてしか

カジノの建設が許可されなかった為だそうです。

勿論カジノ内の撮影はNGです。

イメージ 5


15時頃ホテルにチェックインして

夕方からのイルミネーションツアーまで時間があったので

近くのコンビニに行って、ちょっとお買い物。


そしてホテルカジノをウロウロと見学。

で、せっかく来たからとルーレットに挑戦!!

10$がたった10秒で、トホホです〜(*´ω`*)

一攫千金(もともとそんなのありませんでしたが)の夢も一瞬にして打ち砕かれ

そのままお部屋に帰って静かに過ごすことに。。。



夕方近くになってからバスで

ディナー付きイルミネーションツアーに出かけました。


暗くなるまで先ずは、ストリップ通りを車窓観光〜♪


パリスホテルのシンボルになっている

エッフェル塔や凱旋門はパリをイメージしたもの〜

エッフェル塔は本物の2分の1で

凱旋門は3分の2の大きさだとか。

イメージ 6イメージ 7










イメージ 10イメージ 11











ホテルの名前にもなっている

世界最大級の天然の金塊!「ゴールデンナゲット」

驚くほどひっそりと展示されていました。

イメージ 13

イメージ 15
イメージ 14













フリーモントストリートのフォトビジョンも

バッチリ見ることができました。

アーケードに映し出されるライトショーです。

見応えありです!

イメージ 1



イメージ 9
イメージ 16












イメージ 12




次はこのストラトスフィアタワーの展望台に上ります。

イメージ 3


高さ350mからの夜景です。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 17


ラスベガスの360度の素晴らしい夜景を堪能しました。



テレビで見たことある、絶叫マシンもありました。

これはシーソーみたいなものでしたが

見ているだけで恐ろしかったです。

イメージ 8



歩いてめぐるのは難しい夜の観光スポットを

バスで効率よく案内してくれる人気ツアーでした。




いよいよ次は最終回の④に続きます〜♪


今回もコメント欄は閉じさせて頂きます。



今日も遊びに来て下さり有難うございます。





秋晴れの爽やかなお天気が続いています〜





カナダ・アメリカの旅行記を読んで頂き有難うございます。



いよいよ3日目の夜にナイアガラのホテルに到着しました。

ホテルのお部屋からライトアップされたナイアガラの滝が見えました。

イメージ 7
イメージ 8














翌日、ナイアガラ大瀑布観光です。


エリー湖からオンタリオ湖へと流れる

ナイアガラ川の中間地点にあって

カナダ滝(右側)とアメリカ滝(左側)の2つからなっています。

イメージ 15



水蒸気が雲の様になっているところの下に滝ツボがあります。


イメージ 5



テーブル・ロックからは

滝ツボに落ちる瞬間の水を真横から見る事が出来て

引き込まれそうになり怖かったです。

イメージ 4




いよいよナイアガラクルーズに出かけます。


みんなお揃いのうすーいカッパを着てから

この船でいざ滝ツボ近くまで遊覧です〜。

イメージ 3



だんだんと近づいてくる滝の大迫力!

イメージ 1


ここからは先は水しぶきで撮影はNG〜

カメラが壊れます。

イメージ 2


イメージ 14




船から上がると、エルビスプレスリーのそっくりさんが。。。


イメージ 6
 


そして午後からは少しだけ

ナイアガラオンザレイクの街をブラブラお散歩〜♪

この2階建てバスに乗って。

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11












この日の最後はオプショナルツアーでワイナリー観光でした。


ナイアガラ滝の周辺は、カナダ最大のワインの生産地です。

アイスワインが特に有名です。

アイスワインは氷点下の畑で自然に氷結したブドウから

糖度や旨味が凝縮された果汁のみを搾汁

長期発酵させることで高糖度のワインが作られます。


イメージ 12
イメージ 13











もちろんちょっぴり試飲もしましたよ〜♪

アイスワインはとっても甘いワインでした。





旅行記③〜に続きます〜♪

今回はコメント欄は閉じています〜(*^▽^*)



今日も遊びに来て下さり有難うございます。




今日から10月スタートですね〜♪

朝から何だかドンヨリして、今にも雨が降りそうです。


      




先月、カナダ・アメリカに旅をして来ました。

9月8日から自然の絶景を満喫する8日間の旅でした〜♪


数日前から台風の接近もあり心配しましたが

無事に出発する事が出来ました。

行きはエアカナダで9時間35分の空の旅でした。

バンクーバーに着くと乗り換えて

カルガリーまで1時間25分飛びました。

カルガリーに着いてからはカナディアンロッキーのバンフのホテルまで

バスで2時間の移動です。


何かと移動の多い旅になりましたが

今回の旅はどこもホテル2連泊だったのでとっても楽でした。




カナディアンロッキーはカナダが誇る自然遺産。

3000mを越える山々と沢山の湖からなる大自然が広がっています。

イメージ 7



↓キャッスルマウンテン〜。

西洋の城を思わせる岩山です。

イメージ 8


そして、今回の旅で絶対に見たかった湖が〜

イメージ 9


氷河から溶けた水がエメラルド色を作りだしています。

ロッキーの宝石と言われた有名な湖「ペイトレイク」

少し高い所に登って望むエメラルドグリーンはとっても綺麗でした〜。

イメージ 1



「レイクルイーズ」

向こうに白く見えるのが氷河です。

イメージ 2


不思議なまでに青い水は

雪解け水と一緒に流入する氷河によって

削り取られた微細な土砂が湖水を浮遊し

光が屈折するためと云われています。






次の日は、カナディアンロッキー最大の観光ポイント。

コロンビア大氷原から流れ出る

アサバスカ氷河の上に降り立ちます。



バスで手前の高速道路を横切って渡ります。

怖くて日本では考えられませんが

日本と違って高速道路がすべて無料なのはいいですよね。

そして氷河のある手前のところまで行きます。

イメージ 4



そこから大きなタイヤの雪上車に乗りかえて氷河の上を走ります。

世界に雪上車は23台しかなく

ここに22台あるそうで、お値段は1台7000万円とか。

イメージ 10



ここは一万年前から残る巨大な氷河。

氷の厚さは最大で350m。

冬には氷河の上に7mの雪が積もるそうです。


30分ほど氷河の上を歩く体験を〜♪

イメージ 5


近くの山にも氷河が〜。

イメージ 3



氷河は刻々と後退し続けて

過去125年間で1.5kmも後退して

あと500年ほどでやがて消滅してしまうと言われています。



クロウフット氷河〜。

カラスの足跡に見えるために名付けられたそうです。

イメージ 6


この日は晴天に恵まれて近くの山々がとっても綺麗でした。

カナディアンロッキーは美しい山々、数々の湖

そして氷河が織りなすその風景が素晴らしい事から

1984年に世界遺産に登録されました。


イメージ 11


イメージ 12


イメージ 13

カナディアンロッキーの大自然を満喫できました〜♪




次の日は移動日です。

カルガリーからトロントへ空路移動しました。

移動時間は4時間50分です。

同じカナダなのに時差が2時間ありました。

トロントに着くとナイアガラまで今度はバスで1時間45分移動です。



旅行記②に続きます〜♪



今日も遊びに来て下さり有難うございます。



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事