ここから本文です
etTomioのネットニュース斜め読み
新幹線撮影も好きでしたが、定年過ぎの爺さんは未だにワクワクしながら IT・サイエンス情報を追っかけています。

書庫ネットの読書録

すべて表示

 地区の共同作業の前に、古いウチでタバコを吸おうとテレビを点けた。なんだ ? 蓮の葉っぱの上に踊る雨水に蓮の花びらが一片浮かんでいる。その上に雨蛙が。なんかありそうな景色でそんなの見たことない。探す気で待たなくてはあるいは偶然でなくては不可能な光景。カメラマン、末期癌か。
 お寺から吉野の山の桜を狙う。不自由な足で待ち構える。どういう光を捉えるんだろうと興味が。おもむろに風だと呟いて立ち上がられた。動画か。桜吹雪が逆光の暗く落ちた景色に舞う。命の限界を悟られているから、何気ない自然な美しさが見える。
 これ、再放送なのか。オレの終わりにはどんな景色が見えるのか…


目撃!にっぽん「風に舞う花びらのように〜奈良 命の映像詩〜」

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4


奈良には365の季節がある・保山耕一さん「こころの時代」

奈良県在住の映像作家・保山耕一さん(55)。末期がんを抱えながら、毎日、奈良の自然や寺社仏閣を撮影しています。その日に撮った映像はすぐさま編集してSNSで発表。「奈良の365日の季節のうつろいを写した作品」は「涙が出る」「神さまの気配がする」と静かな反響を呼んでいます。

Eテレ「こころの時代」では、自らの死と向き合いながら、奈良の風景を写し続ける保山さんに「レンズの先に見つめている世界」について、お話を伺いました。昨年の秋、なら国際映画祭で奉納上映された作品「映像詩・春日大社〜私の命と春日の神様〜」が生まれた背景には、「見えない世界」とつながる 心あたたまる交流があったそうです。

番組では今回、スペイン在住の音楽家・川上ミネさんがオリジナル曲を演奏してくれました。昨年秋、保山さんと同じ時期に 春日大社で奉納演奏をしたことから 保山さんの映像作品と出会い、この世に紡ぎ出されることとなった音の響き。春日の神さまがとりもつ 不思議なご縁で、こころ と こころ が響き合う交流が広がっています。

保山さんの映像にうつしだされた「光」の輝きと、川上さんのピアノが奏でる「音」。響き合う 光と音 のコラボレーション、日曜の朝のひとときに、ゆっくり楽しんでいただければ幸いです。


映像作家 保山耕一氏 による「奈良、時の雫」 五條新町桜編


映像作家 保山耕一氏 による「奈良、時の雫」 長屋門編


奈良、時の雫
576 本の動画 205,807 回視聴

書庫その他の最新記事

すべて表示

  •  えっ、飛行機の窓ってこんなに大きかったっけ。間接照明が柔らかい色と豪華さを。広さは33平方メートル… 「空飛ぶ総理大臣官邸」政府専用機の貴賓室を初公開 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190524/k10011927641000.html?utm_int=all_side_ranki ...すべて表示すべて表示

  •  バイトに行く前にスマホでこの記事が。サムネイルでは小さくて、写真を拡大してみたら、えっ、山開き後の富士山じゃないか。世界の最高峰って、こんなに無単に登れる山なのかって疑ってしまう。 頂上にこの行列… エベレストでさらに4人死亡、混み合う「死のゾーン」 https://www.afpbb.com/articles/-/32 ...すべて表示すべて表示

  •  昨日ニュースになっていたな。強いストレス、でもそのストレスを生みだしたのは、あのおっさんの信じがたい言動だ。 維新・松井氏「丸山議員、2カ月出られないなら辞めて」 https://www.asahi.com/articles/ASM5S65XTM5SUTFK01Y.html 精神科医の香山リカ氏、丸山議員の診断書に違和感 事情 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事