ここから本文です
etTomioのネットニュース斜め読み
新幹線撮影も好きでしたが、定年過ぎの爺さんは未だにワクワクしながら IT・サイエンス情報を追っかけています。

書庫全体表示

 このひとタレントなのか。おっ、いいコメントだ。でも、ぶっ壊されるぞ。言われてみると参議院って良識の府とか言ってたな。


上西小百合 N国・立花氏を批判…いつか懲罰委員会で除名されそう

 元衆議院議員でタレントの上西小百合が14日、ツイッターに新規投稿。NHKから国民を守る党の立花孝志代表(51)がマツコ・デラックスへの批判を強めていることについて、「国民を代表する国会議員は権力者。その立場の人間が国民を名指しで『ぶっ壊す!』なんて言っていい訳がない」と立花氏の言動に疑問を呈した。

 上西は「国民に恐怖を与えていい訳がない。自分勝手に腹を立て煽って暴れる。そんなのは傍若無人なあおり運転をする輩と同じようなもの」とツイート。

 続く投稿で、「そのうち参議院に対して『良識の府』という言葉は消えるだろう。本当に残念。立花代表には国民の代表として過ごす6年間は“それなりの”品位は保っていただきたい。この調子で騒いでいるといつか懲罰委員会で除名されそうですね」との見通しも示した。


上西小百合、N国立花氏は「異常。器が小さすぎる」

[2019年8月14日14時35分]

元衆院議員でタレントに転身した上西小百合(36)が、マツコ・デラックスの発言に抗議する「NHKから国民を守る党(N国)」代表の立花孝志参院議員(51)の言動を「異常。器が小さすぎる」と切り捨てた。

上西は14日、ツイッターを更新。「N国の立花代表。マツコ・デラックスさんに意見されたことに激怒して、毎週押しかけるなんていうのは異常。器が小さすぎる。職業はユーチューバーなんだろうけど、国会議員になった人のすることじゃない」と、マツコがレギュラーを務めるTOKYO MX「5時に夢中!」の生放送中に突撃した立花氏を非難した。

続けて上西は「すべての国民に政治を語る権利はあり、称賛も批判も自由。立場が違えば意見も違う。議員が人前にさらされるときは批判されることばかり。真面目に国民のために努めていることは当然だから逐一報道してはもらえない。それくらいは理解しておかないと」と、自身の経験から立花氏をたしなめ、「そして批判されたことに反論があるなら押し掛けるのではなく、各地で街頭演説や演説会をし国民に自分の意見を訴えればいい」とした。

さらに「国民を代表する国会議員は権力者。その立場の人間が国民を名指しで『ぶっ壊す!』なんて言っていい訳がない」と立花氏を批判し、「国民に恐怖を与えていい訳がない。自分勝手に腹を立て煽って暴れる。そんなのは傍若無人なあおり運転をする輩と同じようなもの」だとした。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事