ここから本文です
etTomioのネットニュース斜め読み
新幹線撮影も好きでしたが、定年過ぎの爺さんは未だにワクワクしながら IT・サイエンス情報を追っかけています。

書庫全体表示

 いつだったか、10月半ば近くの稲刈りの頃、凄く暑くて目に遭ったことがある。もう春と秋がなくなるのでは
 が、先程外に出ると明らかに昨日までとは気温が下がったと体感する。3時の気温は20.2度だ。昨夜は扇風機の風だけで寝たし。


秋遠のく 9月に猛暑 続く台風シーズン 3か月予報

2019年08月24日

イメージ 1

この先、季節の進みはゆっくりに。まだまだ厳しい残暑の日も多くなりそうです。今年の秋(9月〜11月)の見通しです。

この秋(9月〜11月)の見通し

気象庁によりますと、今後、冬にかけてエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生していない平常の状態が続く可能性が高くなっています。エルニーニョ現象の終息後に中緯度の地域で高温傾向となることや地球温暖化の影響、さらに今年の秋は偏西風が日本付近で北へ蛇行し、暖かい空気に覆われやすいため、気温は広く高温傾向となるでしょう。以下、ひと月毎の傾向です。

9月 厳しい残暑

9月の天気は北海道や東北は湿った空気の入りやすい太平洋側で平年より曇りや雨の日が多いでしょう。関東や北陸、東海、近畿から九州の日本海側は天気は数日の周期で変わりそうです。秋雨前線の影響を受けて、雨の降る日もあるでしょう。近畿から九州の太平洋側は秋晴れの日が多い見込みです。なお、9月も台風シーズン。平年では8月に次いで9月が台風の発生数、接近数ともに多くなっています。太平洋高気圧の本州付近への張り出しが弱くなると、台風が本州にも近づきやすくなります。今後も台風の動向に注意が必要です。

平均気温は南からの暖かい空気が流れ込みやすく、北海道から九州にかけて平年並みか高い予想です。北海道や東北でも秋の訪れが遅く、関東以西では厳しい残暑の日が多いでしょう。特に9月上旬は高温傾向で、猛暑日(最高気温35度以上)になる所もありそうです。沖縄や奄美は平年並みでしょう。

10月 まだ半袖も?

10月の天気は北海道や東北は太平洋側を中心に湿った空気が流れ込みやすく、ぐずついた天気の日が多いでしょう。関東や北陸、東海では天気は数日の周期で変わり、太平洋側を中心に湿った空気の影響で雨が降る日もありそうです。秋の行楽シーズンですが、計画は天気予報をチェックするのもおすすめです。近畿から沖縄、奄美は平年同様に澄んだ青空の広がる日が多いでしょう。

平均気温は北海道から九州は平年並みか高い予想です。北国の紅葉も遅れる可能性があります。関東以西では半袖が活躍する日がまだまだあるでしょう。沖縄や奄美は平年並みの見込みです。

11月 里の紅葉も遅れそう

11月も季節の進みはゆっくりですが、北海道や東北の日本海側は曇りや雨の日が多く、雪の降る日もあるでしょう。初雪の便りが届く所もありそうです。北陸から九州の日本海側もしぐれる日が多くなるでしょう。北海道から九州の太平洋側は平年同様、晴れる日が多くなりそうです。沖縄や奄美は11月の後半ほど曇りや雨の日が多いでしょう。

平均気温は全国的に平年並みか高い予想です。暖かい日が多いですが、朝晩は急にヒンヤリすることも。晴れる日には放射冷却現象が強まり、朝晩は冷えることがあります。秋は一日の気温の変化にも注意が必要です。

 吉田 友海


今年の夏は短期集中型
要因は太平洋高気圧の勢力

要因は夏前までのエルニーニョ現象

今年は、夏前まで続いたエルニーニョ現象の影響もあり、太平洋高気圧の北への張り出しが弱く、去年よりも大幅に遅い梅雨明けとなりました。

8月に入り高気圧が勢力を強め厳しい暑さになったものの、台風10号の上陸後は高気圧が後退し、夏の終わりも早まったと考えられます。

長期予報では9月にかけても平年より気温の高い所が多く、まだ残暑はありそうです。それでも35℃を大きく超えるような猛烈な暑さになることはなく、夏は確実に終わりに向かっていきます。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事